80年代 特急「しおかぜ」キハ181 36

中学の時に友達にもらったネガプリントです。

e0264203_11341051.jpg

(キハ181 36 特急「しおかぜ」 1982年8月? 宇和島駅にて)

先日、特急「南国」のキハ181 39の画像をご紹介しましたが、同じ友達からもらったものです。彼が四国旅行した時の写真を何枚かもらったうちの1枚ですね。

特急「しおかぜ」は、高松と宇和島を結んでおり(一部は松山まで)、四国の北側を東西に縦断しています。
これから仕業に就く出発前の光景でしょうか?

キハ181やキハ82は、上下に大きいこのパノラミックウインドウと疾走感を醸し出す3本のヒゲが特徴ですね。恰好良いです。
このヒゲは、塗り分けするのが大変そうで手間もかかりそうですが、特急専用車にはこれくらいの手間を惜しんではいけませんね。
最近の車両は2~3色の塗り分けだけで、デザイン性に欠けますよね。

画像右奥には留置線か貨物ヤードらしきものが見えていて、黄色い保線車両が留置されています。貨車や荷物車が留置されていたらよかったのに。


[PR]

by takurika54 | 2014-12-21 11:49 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 特急「南風」キハ181 39

中学の時の友達にもらったネガプリントです。四国の気動車特急の代表格の南風です。

e0264203_23271954.jpg

(キハ181 39 特急「南風」 1982年? 場所は不明)

貰いものの写真なので、どこで撮影されたかは分かりません。中村や宿毛あたりでしょうか?

当時の地元西ノ宮では、山陰へ向かうまつかぜやはまかぜを見ることが出来ましたが、まだ80系の運用でしたので181系は身近な存在では無く、写真をもらった時はいかつい面構えと感じたことを思い出します。
尾灯とタイフォンが一体のケースに収められ、ライトも角ばったケースとなったからでしょうか?

南風の文字は、明朝体っぽくなっていて、他の特急の字体には見られないもの特徴ですね。


[PR]

by takurika54 | 2014-11-22 23:53 | 80年代 気動車 | Comments(1)