80年代 飯田線 EF10 31 その5

中学の時の友人S君からの頂きものです。

e0264203_00011197.jpg
(EF10 31 1982年頃? 豊橋機関区にて)

庫の端っこで休車となっていたようで、目一杯引いて撮影したようです。
正面からの構図ですが、一体鋳鋼台車の特徴である抜き穴がところどころに見えています。

一線はさんだ左向こう側には、80系がちらりと見えています。中距離輸送を担った80系も、既に末期にあり、豊橋区に残るのみとなっていました。
かつては、東海道・山陽本線で吊掛けモーターを唸らせて快走していたことでしょうが、飯田線では俊足を見せる場は少なく、かすれるようなモーター音は聞かれなくなっていました。


[PR]

by takurika54 | 2018-06-20 00:13 | Comments(0)

80年代 飯田線 EF10 31 その4

中学の時の友人S君からの頂きものです。

e0264203_21462997.jpg
(EF10 31 1982年頃? 豊橋機関区にて)

前回お送りした画像より前面をアップにしたものです。
運転席窓下の区名札刺には、白いプレートに赤字で「休車」の札が入ってますね。

正面扉と助手席側窓の間にステップがあり、屋根上へアプローチ出来るようになっています。
屋根上へ上がるところには、つかみ棒がありますが、普通ならこの辺に「架線注意」のプレートがあってもよさそうですが、電機機関車には架線がつきものなので注意喚起することは無かったのでしょうか?

今の時代なら、EF10 31を保存することもあったと思いますが、九州にEF10 35が辛うじて静態保存されている以外は全て解体されてしまっているのは惜しいです。
それなりの両数が製造されたEF12もEF13に至っては、1両も保存されていないのも口惜しいですね。


[PR]

by takurika54 | 2018-06-03 22:26 | 80年代 飯田線 | Comments(0)