カテゴリ:その他( 29 )

平成の画像 キハ40系 その7

毎年恒例の日本鉄道模型ショウが来週13日と14日に蒲田で開催されます。
ここ数年は、いい買い物が出来ていないのですが、今回はどうでしょう?

さて、今回もキハ40系の続きです。五能線です。

e0264203_20344371.jpg
(キハ40 530 2009年4月30日 五能線千畳敷駅付近にて)

我が家恒例の東北旅行で、白神山地方面へ行った時に撮影したものです。

未明に東京を出て、まず最初に白神の十二湖にある青池へ行き、次に海岸間近にある露天風呂で有名な黄金崎不老不死温泉へ立ち寄り湯をし、その後千畳敷に夕陽を見に行きました。
丁度そこへ、鰺ヶ沢方面へ向かう2両編成の普通列車が来たので撮影したものです。
千畳敷の食堂で、イカの丸焼きや刺身、魚介の塩ラーメンを美味しく食したのが思い出です。

キハ40 530は、現在も稼働中のようで来年で製造されてから40年が経つとのこと。
機関は換装され、冷房化もされ、内装もリニューアルされているようですが、塩害にも耐えて1日でも長く活躍して欲しいものです。


[PR]

by takurika54 | 2018-10-08 20:51 | その他 | Comments(0)

平成の画像 キハ40系 その6

キハ40系の画像の続きです。

e0264203_20495538.jpg
(キハ40 8038 2014年12月31日 西大山駅にて)

この時は、年末年始にかけて九州旅行し、指宿枕崎線の西大山駅で開聞岳をバックに撮ったものです。
日の出間もない時間帯で、開聞岳が黒く浮かび上がってます。

キハ40の単行は、やがてカラカラとディーゼル機関の音を響かせて枕崎方面へ出発してゆきました。


[PR]

by takurika54 | 2018-09-30 22:49 | その他 | Comments(0)

j train 通巻71号 2018年秋号

キハ40系のご紹介は小休止、発売されて1ヶ月近く経過した古いネタで恐縮です。

先日、j train 2018年秋号(通巻71号)を購入したのですが、青函・宇高連絡船の特集号です。

e0264203_22065876.jpg
(j train 2018年秋号 イカロス出版のHPより転載)

鋼製客郵荷合造車の系図(下)もお目当てなのですが、それよりも青函・宇高連絡船の特集の中で、53頁の写真に感動して即決しました。
著作権があるので画像を載せられないのが残念ですが、函館で連絡船から引き出される貨物列車の車列に過酸化水素専用の「タキ22800」がバッチリ掲載されているのです。
車番までは限定出来ませんが、形状からアルミクラッド鋼を採用した後期型であることは明らか。
跨線橋(?)上から撮影されており、地上からはその姿がよく分からないハッチ周辺のタンク上部の構造が良く分かります。
買わずとも、一度53頁を見てみて下さいね。

それはそうと、合造車で言うと、日本精密模型(16番)のプラ製60系客車シリーズは、オハニ61の発売を待っているのですが、オハ61やオハフ61の発売も未だなので、まだまだかかりそうですね。


[PR]

by takurika54 | 2018-09-17 22:37 | その他 | Comments(0)

平成の画像 キハ40系 その5

今回もキハ40系です。北海道の車です。

e0264203_20411318.jpg
(キハ40 789 2012年7月8日 東室蘭駅にて)

札幌へ仕事で出張した際に、延泊して本輪西のタンク車を見に行ったのですが、宿泊した東室蘭でトワイライトエキスプレスを撮影したついでに撮ったものです。

気動車を扱う他の方のHPによると、この車はワンマン改造されて700番台を名乗るなかでは異端の高出力車だそうです。
何でも、機関と変速機が換装されているそうな。
酷寒地のキハ40は、客窓が一回り小さいのが特徴。2段ユニット窓にもなっていなくて、少しでも外の冷気に触れにくくしようとする工夫なのでしょう。

黄緑色と薄い紫色のストライプが爽やかな印象です。


[PR]

by takurika54 | 2018-09-08 23:05 | その他 | Comments(0)

平成の画像 キハ40系 その4

引き続きキハ40系の画像です。

e0264203_15194222.jpg
(キハ40 588+キハ40 525+キハ40 589 2016年5月2日 種市駅にて)

八戸線の画像をもう1枚ご覧頂きましょう。

種市駅を出発し、八戸へ向かうキハ40の3両編成のケツ撃ちです。

跨線橋のうえから撮影したので、屋根上の造形がよく分かります。
排気口周辺は煤で汚れていますが、屋根上は思いのほかキレイです。非冷房車でベンチレータが並んでいます。

前回ご紹介した車は八戸方から撮影しましたが、ホロ無しでした。今回の車は久慈方からの撮影ですが、こちらにはホロが付いています。
特に気動車はホロ有りの方が精悍に見えますね。


[PR]

by takurika54 | 2018-09-02 15:28 | その他 | Comments(0)

平成の画像 キハ40系 その3

キハ40系のご紹介が続きます。

e0264203_18271563.jpg
(キハ40 568 2016年5月2日 角の浜駅にて)

この春に八戸線のキハ40が淘汰されたようで、それを偲んで八戸線のキハ40をご覧頂きましょう。

毎年恒例の我が家のGW旅行で撮影したものです。
この時は、宮古から田野畑、野田、久慈、種市と北上し、八戸から八戸道に乗り鹿角市の湯瀬温泉まで行くルートでした。
道中、八戸線のダイヤを調べ、角の浜駅で久慈行きを捉えたものです。

このアングルからは分かり難いですが、八戸線のキハ40は非冷房車だったようで、屋根上にはベンチレータが並んでいます。
白い車体は汚れが目立つと思いますが、この時に見掛けた車輛はどれもキレイでした。普段からの清掃が行き届いていたのですね。


[PR]

by takurika54 | 2018-08-19 18:52 | その他 | Comments(0)

平成の画像 キハ40系 その2

キハ40系のご紹介の続きです。

e0264203_08241484.jpg
(キハ40 500番台 2005年11月19日 羽前水沢駅にて)

東北へタンク車を撮影しに遠征した時に撮ったものです。500番台のようですが、車番までは特定出来ませんでした。

羽前水沢駅に隣接して水澤化学工業があり、ここに出入りする濃硫酸車タキ4000やタキ5750を撮影しに訪れたのですが、その時に新潟色をまとったキハ40が入線してきました。
2両目は、連結面に運転台が無いのでキハ47のようですが塗装色が違います。赤いキハ40が新しい新潟色で、青いのが旧の新潟色だそうです。

新潟の車両は解結が多かったのか、ホロが常時取り付けられていて好ましい顔立ちをしています。


[PR]

by takurika54 | 2018-08-13 08:41 | その他 | Comments(0)

平成の画像 キハ40系 その1

最近、キハ40系の特集や動静を解説する雑誌が増えており、急速に置き換えが進んでいるようですので、主に東北旅行で撮影したキハ40系の画像を何回かに分けてご覧頂きましょう。

まずは現在でも鬼太郎のラッピング列車が運行される境線から。

e0264203_17534802.jpg
(キハ40 2115 2005年8月19日 境港駅にて)

子供が小学生だった頃、夏休みに実家に帰省した際、鳥取の皆生温泉に1泊し、翌日水木しげる記念館へ行った際に、駅に停車中の目玉おやじラッピング列車を撮影しました。
テールランプを目玉に見立ててあり、アイデアあふれる列車でした。下地は、元々の首都圏色としてあるのも好ましいところです。

キハ40 2115は、現在は五代目鬼太郎のラッピング列車となっていて現役で活躍中だそうですが、延命工事済みとは言え1981年(昭和56年)製造で既に37年が経過しており、活躍出来るのもそう長くはなさそうです。


[PR]

by takurika54 | 2018-08-04 18:07 | その他 | Comments(0)

平成の画像 江ノ電(初代)551

ピン甘のダメダメ画像ですが、江ノ電の画像がもう1枚ありました。

e0264203_22535802.jpg
(江ノ電(初代)551 1993年8月頃 鎌倉高校前にて)

前回の江ノ電502を撮影した日と同じ日の撮影です。

この日は、駒沢大学から新玉川線(当時)~田園都市線で中央林間まで行き、小田急に乗り換えて藤沢へ出て、そこから江ノ電に乗りました。
1日乗車券を使って途中下車しながら鎌倉まで行き、また途中下車しながら藤沢まで戻って、往路と同じルートで帰宅した記憶があります。

江の島をからめて撮影したのですが、夕刻で天気も悪く全体的に暗い画像となってしまいました。

初代500系は連接車とのことで、当時はそんなことも知らなかったので、知っていればサイドから撮っていたのに…。


[PR]

by takurika54 | 2018-01-08 23:19 | その他 | Comments(0)

平成の画像 江ノ電(初代)502

今回は江ノ電の画像をお届けします。

e0264203_00044982.jpg
(江ノ電(初代)502 1993年8月頃 七里ヶ浜駅~稲村ヶ崎駅間にて)

1993年8月に転勤となり、上京したのですが、引越し後の片付けも少し落ち着いたので日帰りでどこか出掛けてみようと言うことになり、嫁と二人で行ったのが鎌倉でした。
車両の情報も無いままに、やってきた列車をただ撮っただけの画像ですが、この10年後には502は引退してしまったようです。
引退時の画像を見ると、広告ラッピングされていたようですが、この頃はラッピングも無く、ごくごく普段の江ノ電な感じです。

運転室の前面窓は開いていて暑い時期に撮影されたのが分かりますが、とても真夏な感じがしない画像となっています。
と言うのも、この年は冷夏でして、刺すような暑い日差しの日はほとんど無かったと記憶しています。

江ノ電には、このような少し旧式な感じのする車両が似合うと思いますが皆さまは如何?


[PR]

by takurika54 | 2017-12-09 00:38 | その他 | Comments(0)