日本鉄道模型ショウ2018 トピックその2

日本鉄道模型ショウ2018のトピックその2です。

モデルアイコンのブースでは、新製品の予告と試作サンプル品が陳列されていました。

e0264203_22155838.jpg
(ホキ10000とチキ5200の試作サンプル品(真ん中の段の無塗装の2両並び))

チキは上段に塗装済みサンプル品が2両連結で並んでました。予価6,200円也。

e0264203_22160516.jpg
(チキ6000の試作サンプル品)

上段のチキ5200の右隣には、チキ6000の塗装済みサンプル品もありました。こちらも6,200円也。

モデルアイコンでは、このたびの北海道地震と台風到来で罹災した16番のマニ44、スニ40、ワキ8000をB級扱いで半額販売していました。
また、マニ44のボディのみ(当然窓は無し)を500円で販売していましたが、買って何に使うか?と冷静になり、買い求めませんでした。


最後は、モデルワムのブースから。

モデルワムは、毎年化成品タンク車や無蓋トラやトキを展示し、羨望の眼差しで見ているだけなのですが、今回は日本カーバイド工業の社紋が目立つタキが販売されてました。

e0264203_22162956.jpg
(タキ11350の塗装済み完成品 モデルパシフィック製)

手摺りの無い踏み板やタンク体下部のパイピングが好ましく、何より日本カーバイド工業の社紋が目立ってて、「欲しいっっ!」と思って手に取り値札が無かったので中古品かな?と思って店主に価格を聞いてビックリ。57,000円也、
半値くらいならともかくタンク車1両に57,000円はとても手が出ませんでした。
店主いわくは、この車は量産せず、10両ほどをハンドメイドで少量生産したとのことで高くならざるを得なかったとのこと。
なかなか格好良かっただけに、値段がなぁ…。

以上、日本鉄道模型ショウ2018 からでした。


[PR]

by takurika54 | 2018-10-15 23:45 | 鉄道模型 | Comments(0)