ワールド工芸のツム1000(16番キット)が届きました

今日、通販でオーダーしていたワールド工芸のツム1000が宅急便で届きました。16番のブラスキットです。

e0264203_22525422.jpg
箱は厚紙で出来た小さなものにシールが貼られてます。
早速開けてみます。

e0264203_22531040.jpg

ボディと屋根は、壊れないように透明なプラ箱に収納されてます。既に車体は組み上がっている状態です。
扉や車軸部は別のエッチング板になっていて、ロストワックス製・ホワイトメタル製の部品が入っています。車輪とカプラーは別購入となります。

e0264203_22533162.jpg

e0264203_22535526.jpg

プラキットの組み立てや改造ばかりやってきて、ブラスキットはまともに組んだこと無いのですが、ワールド工芸のHPにある完成品の画像を見て一目惚れして購入しちゃいました。
2軸貨車は、エンドウやホビーモデルから安価なプラ製キットが出ていて、市場からは姿を消しつつありますが、未だ辛うじて入手が出来ます。有蓋車はワムやワラが多い中で、冷蔵車や家畜車や通風車は目立つ存在なので少量揃えたいところです。レ12000とカ3000はエンドウのプラ製キットが発売されてますが、ツムはアダチのブラスキットしかありません。アダチのツム1000も再生産されて、時々店頭で見掛けるので購入しようかしまいか迷っていたところに、このキットが発売されたので迷わず購入した次第。

因みに、一目惚れしたメーカー完成品サンプル画像はこちらです。

e0264203_22584304.jpg

(ツム1000 メーカ完成品サンプル (ワールド工芸HPより転載))

くっ~、かっけー!インレタして仕上げたら素晴らしいものになるでしょう。
ベンチレータは少し高さが足らないような気もしますので、KATOやTOMIXのプラ製に換装してみようかな?


[PR]

by takurika54 | 2014-06-22 23:28 | 鉄道模型 | Comments(0)