鉄道ピクトリアル2018年9月号 配給電車

ピク誌最新号は配給電車がテーマです。

e0264203_22332941.jpg
(鉄道ピクトリアル2018年9月号 配給電車 (鉄道ピクトリアル公式HPより))

配給電車は、首都圏と関西圏にしか配備されず、工場と電車区との間で部品や車輪を運んでいましたが、ダイヤも運行日も分からず、本線上を走行する姿は見たことがありません。
高槻区を訪問した際に1枚だけクモル24を撮影していますので、再掲ですがご覧下さい。
尚、ピク誌の表紙を開けた1頁目に撮影された車と同じです。

e0264203_22371603.jpg
(クモル24 013 1981年頃 高槻電車区にて(許可を得て構内で撮影))

逆光で、夕陽の当たった箇所と影とがあって、パンタもたたんであって良い画像ではありませんが、貴重な記録としてご覧下さい。

この車は、真ん中の窓がHゴム化されず木枠のままなのが特徴、何で3枚全部Hゴム化しなかったのでしょうね。


[PR]

# by takurika54 | 2018-07-22 22:53 | 80年代 旧型国電 | Comments(0)

80年代 飯田線 EF10 31 その5

中学の時の友人S君からの頂きものです。

e0264203_00011197.jpg
(EF10 31 1982年頃? 豊橋機関区にて)

庫の端っこで休車となっていたようで、目一杯引いて撮影したようです。
正面からの構図ですが、一体鋳鋼台車の特徴である抜き穴がところどころに見えています。

一線はさんだ左向こう側には、80系がちらりと見えています。中距離輸送を担った80系も、既に末期にあり、豊橋区に残るのみとなっていました。
かつては、東海道・山陽本線で吊掛けモーターを唸らせて快走していたことでしょうが、飯田線では俊足を見せる場は少なく、かすれるようなモーター音は聞かれなくなっていました。


[PR]

# by takurika54 | 2018-06-20 00:13 | Comments(0)

80年代 飯田線 EF10 31 その4

中学の時の友人S君からの頂きものです。

e0264203_21462997.jpg
(EF10 31 1982年頃? 豊橋機関区にて)

前回お送りした画像より前面をアップにしたものです。
運転席窓下の区名札刺には、白いプレートに赤字で「休車」の札が入ってますね。

正面扉と助手席側窓の間にステップがあり、屋根上へアプローチ出来るようになっています。
屋根上へ上がるところには、つかみ棒がありますが、普通ならこの辺に「架線注意」のプレートがあってもよさそうですが、電機機関車には架線がつきものなので注意喚起することは無かったのでしょうか?

今の時代なら、EF10 31を保存することもあったと思いますが、九州にEF10 35が辛うじて静態保存されている以外は全て解体されてしまっているのは惜しいです。
それなりの両数が製造されたEF12もEF13に至っては、1両も保存されていないのも口惜しいですね。


[PR]

# by takurika54 | 2018-06-03 22:26 | 80年代 飯田線 | Comments(0)

80年代 飯田線 EF10 31 その3

中学の時の友人S君からもらったネガプリントです。

e0264203_00013714.jpg
(EF10 31 1982年頃? 豊橋機関区にて)

ED62が増備された後でも、予備機として唯一残っていた31号機ですが、緊急時で無い限りは出番は無く豊橋機関区の端っこで休車となっていました。
その時に撮影したようです。
一体鋳鋼製台車HT58は、ちょっと暗くて角度も悪くてよく見えませんね。


[PR]

# by takurika54 | 2018-05-23 00:35 | 80年代 飯田線 | Comments(0)

80年代 153系新快速その11

年度末と職場異動が重なり2ヶ月もブログUP出来ずにいました。
F.Y君からの頂きものです。

e0264203_11583545.jpg
(クハ153 撮影年月不明 大山崎のカーブにて(たぶん))

京都方面に向かって高速走行する新快速です。

現在の新快速は12両編成のようですが、当時は6両編成でした。輸送量倍増です。
当時も、この6両編成を2本つないだ12両編成もありましたが、12両編成の時は快速運用で朝夕のラッシュ時に運行されていたと記憶しています。

ヘッドマークのやまぶき色の部分がだいぶ退色して薄い黄色になってしまっています。
青色(青22号)とやまぶき色のコントラストが美しいはずですが、ここまで薄くなってしまうと少々興ざめです。


[PR]

# by takurika54 | 2018-04-14 12:18 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 153系新快速その10

F.Y君からの頂きものの画像です。

e0264203_23221701.jpg
(クハ153(0番台 低運転台車) 撮影日・撮影場所は不明)

複々線で長い直線が続いているので、芦屋川か住吉川あたりの上から撮影したものと思われます。

新快速のヘッドマークが、文字無しで3本のストライプになってますが、これは快速運用の時のものです。
ヘッドマークは常時取付けられているのですが、可変型となっていて、折り畳めばストライプが現れ、本列車は新快速では無いことが分かるようになっていました。
とは言え、前面から見ないと分からず、カラーリングだけで新快速と思い込んで乗車した人も大勢居たでしょうね。

クハ153は、低運転台の0番台です。前照灯はシールドビーム化されています。
153系や113系、115系とその派生車種は、オリジナルの大型の前照灯がやはり似合っていると思います。

と言うことで、再掲ですが低運転台の0番台のオリジナルの前照灯の車の画像をどうぞ。
同じようなアングルの画像なので見比べてみて下さい。

e0264203_23355886.jpg
(クハ153(低運転台 0番台) 1979年晩秋 京都駅にて(再掲))

隣りの103系各停も懐かしいですねぇ~ 非冷房車なのでグロベンがズラリと並んでます。
新快速は基本冷房車で編成されていたので、同じ料金で早くて涼しいありがたい列車でした。今思えば、数百円の新快速料金を徴収してもよかったのでは??
並走する私鉄対抗だからダメか…


[PR]

# by takurika54 | 2018-02-07 23:41 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 153系新快速その9

またまたF.Y君からの頂き物の画像です。ネガプリントをスキャンしたものです。

e0264203_23491406.jpg
(クハ165(新快速) 撮影年月不明 大阪駅にて)

貫通扉の周囲が一段出っ張っているのでクハ165と思われます。
「新快速」は大型のヘッドマークを付けてましたが、少し濃い黄色の部分がだいぶ退色しています。

関西育ちの私にとって、153系(クハ165を含む)と言えばブルーライナー色の「新快速」でした。
小学生高学年に線路端に国鉄を見に行った頃には、新幹線は岡山まで開業しており、「鷲羽」をはじめ湘南色の急行は既に廃止され、2扉の急行型電車は「新快速」しか無かったのです。大阪より東へ行けば、北陸筋の急行はありましたが…。


現在発売中のjtrain誌で、153系や新快速の特集があったので、懐かしさとともにご紹介した次第です。

e0264203_23505311.jpg
(イカロス出版のHPより転載)


尚、再掲になりますが、クハ165の新快速は私も撮影しておりました。こちらもどうぞ。

e0264203_00102391.jpg
(クハ165 1979年頃 現在のさくら夙川駅周辺にて(再掲))

2両目は湘南色が混じった編成です。検査の都合や廃車による他地区からの転属等で、度々このような混成編成が見られました。
当時小学生だった私の回りの鉄ガキどもの間では「新快速の混血が来たっ!」と騒いでいたことを覚えています。


[PR]

# by takurika54 | 2018-01-17 00:15 | Comments(0)

平成の画像 江ノ電(初代)551

ピン甘のダメダメ画像ですが、江ノ電の画像がもう1枚ありました。

e0264203_22535802.jpg
(江ノ電(初代)551 1993年8月頃 鎌倉高校前にて)

前回の江ノ電502を撮影した日と同じ日の撮影です。

この日は、駒沢大学から新玉川線(当時)~田園都市線で中央林間まで行き、小田急に乗り換えて藤沢へ出て、そこから江ノ電に乗りました。
1日乗車券を使って途中下車しながら鎌倉まで行き、また途中下車しながら藤沢まで戻って、往路と同じルートで帰宅した記憶があります。

江の島をからめて撮影したのですが、夕刻で天気も悪く全体的に暗い画像となってしまいました。

初代500系は連接車とのことで、当時はそんなことも知らなかったので、知っていればサイドから撮っていたのに…。


[PR]

# by takurika54 | 2018-01-08 23:19 | その他 | Comments(0)

平成の画像 江ノ電(初代)502

今回は江ノ電の画像をお届けします。

e0264203_00044982.jpg
(江ノ電(初代)502 1993年8月頃 七里ヶ浜駅~稲村ヶ崎駅間にて)

1993年8月に転勤となり、上京したのですが、引越し後の片付けも少し落ち着いたので日帰りでどこか出掛けてみようと言うことになり、嫁と二人で行ったのが鎌倉でした。
車両の情報も無いままに、やってきた列車をただ撮っただけの画像ですが、この10年後には502は引退してしまったようです。
引退時の画像を見ると、広告ラッピングされていたようですが、この頃はラッピングも無く、ごくごく普段の江ノ電な感じです。

運転室の前面窓は開いていて暑い時期に撮影されたのが分かりますが、とても真夏な感じがしない画像となっています。
と言うのも、この年は冷夏でして、刺すような暑い日差しの日はほとんど無かったと記憶しています。

江ノ電には、このような少し旧式な感じのする車両が似合うと思いますが皆さまは如何?


[PR]

# by takurika54 | 2017-12-09 00:38 | その他 | Comments(0)

平成の画像 伊那松島区のED62

1997年春の伊那松島区です。

e0264203_10305963.jpg
(左からED62 16、ED62 5、ED62 6 伊那松島機関区 1997年3月か4月(許可を得て構内で撮影))

クモハ12 041を撮影したくて訪れた伊那松島区ですが、ED62が何両も留置されていたので撮ったものです。

それもそのはず、撮影前年の1996年9月に飯田線北部の貨物輸送は事実上終焉しており、出番無く構内留置されていたのでした。

ED62 16は前照灯はオリジナルの1灯ですが、5と6は2灯シールドビーム化されています。
パンが下りているので分かり辛いですが、ED62 5は交差パンタPS22Bに換装されています。

車番が分かるのはこの3両ですが、庫内に1両とED62 6の先の庫外にももう1両居て、画像に映り込んでいるだけで5両が留置されています。

旧型国電が廃止され、伊那松島区を訪れる人は少なかったハズですが、この時突然の訪問にも係らず入場を快諾頂き、貴重な記録が出来ました。
そのお礼にと、帰りがけに事務所でED18のオレンジカードを買って帰った記憶があります。
ED62は、平成になってからの廃車だったことから、しばらくは何両かは残っていたのですが、その後は結局1両も保存されることなく全車解体されてしまいました。新性能機関車のパイオニア的な存在だっただけに残念ですね。


[PR]

# by takurika54 | 2017-11-25 15:33 | その他 | Comments(0)