人気ブログランキング | 話題のタグを見る

平成の画像 キハ40系 その31

先日、JR東日本から、秋田地区で活躍していたキハ40とキハ48のうちの20両をタイ国鉄へ譲渡するとの発表があったそう。
で、改めてデジカメ画像をチェックしていたら、五能線で撮った画像の中にまだお届けしていない車両があったので、その31をお届けします。

平成の画像 キハ40系 その31_e0264203_22531303.jpg
(キハ40 574 2017年5月2日 鰺ヶ沢駅にて)

早朝6時前の鰺ヶ沢駅で、弘前へ向かう4両編成と、東能代へ向かう2両編成が停車中で、こちらは東能代行きです。
キハ40 574は、2022年に廃車になっていたようで、今回のタイ国鉄への譲渡の20両の中には居ません。

この日、キハ40 574と組んでいたキハ48 1509の車内の画像もご覧頂きましょう。

平成の画像 キハ40系 その31_e0264203_23010036.jpg
(キハ48 1509の車内 2017年5月2日 鰺ヶ沢駅にて)

GW中の早朝だったので、誰も乗っていなかったので撮影したものです。
手前の優先席付近にのみつり革があり、車内広告もまばらにしかありません。
当然ではありますが、普段使っている山手線や京浜東北線とは雰囲気がまるで違います。

キハ40系 その10でご紹介した車は、車番が不明でしたが、キハ48 520と判明しました。
その10でご紹介した画像とは違う画像をご覧頂きましょう。

平成の画像 キハ40系 その31_e0264203_22564567.jpg
(キハ48 520 2017年5月2日 鰺ヶ沢~鳴沢間にて)

キハ48 520は、今回のタイ国鉄へ譲渡する20両のうちの1両です。
彼の地でも末永く走り続けることを祈ります。


# by takurika54 | 2024-04-20 23:19 | その他 | Comments(0)

500系新幹線 終焉近し?

この土日は桜も散っていて見頃は過ぎてしまいましたが、ガス橋近くの多摩川土手は天気も良くて桜吹雪となってキレイでした。

少し古新聞ですが、2月にJR西日本より、500系新幹線計8編成のうち6編成を2024年から2026年にかけてN700系と置き換えることを発表しました。
いよいよ特徴的な500系も見納めの日も近いようです。

500系の画像は、物珍しさからエヴァンゲリオン編成とハローキティ編成しかありませんがご覧頂きましょう。

500系新幹線 終焉近し?_e0264203_18413063.jpg
(500系エヴァンゲリオン編成 2017年12月9日 新大阪駅にて)

古いiPhoneで撮った画像なので画質が粗くて恐縮です。
家族で実家へ帰省した際に、たまたま新大阪駅で停車中だったところを撮影したものです。

エヴァンゲリオン編成は、2018年5月で運転終了となったとのことですが、その後同年6月からはハローキティ編成が登場しました。

500系新幹線 終焉近し?_e0264203_18154171.jpg
(500系ハローキティ編成 2020年1月4日 西明石~姫路間にて(加古川橋梁))

運悪く、河川敷で工事が行われていて、重機類が映り込んでいますがご勘弁を。
ここは、高砂市にある嫁の実家から徒歩圏内にあって、ダイヤに合わせて散歩がてらに撮影しています。
もう少しズームして撮れれば良かったのですが、私のウデではこの辺が限界で…

そしてケツ撃ちがこちら。

500系新幹線 終焉近し?_e0264203_18194451.jpg
(500系ハローキティ編成 撮影日撮影場所同じ)

河川敷の工事の土盛りが映ってしまってます。
本来なら、この辺は子供たちの遊戯道具やテニスコートがある場所で、もっとスッキリしているのですが…

ピンクのカラーリングの車両はなかなか無いので、やはり目立ちますねー。


# by takurika54 | 2024-04-14 19:08 | その他 | Comments(0)

トラムウェイ タキ18600が発売されました

昨日今日の東京は異様なくらい暑くて、今日午前中は草野球をしたのですがバテバテです。

10日ほど前になりますが、模型量販店に予約していたトラムウェイのタキ18600が届きました。

トラムウェイ タキ18600が発売されました_e0264203_14073649.jpg
(トラムウェイのタキ18600 某模型店HPより転載)

図体が大きいからか、タキ7750と比べるとハシゴや手摺りの太さが余り気になりません。
私はタキ18600のBタイプをオーダーしたのですが、説明書はAもBも、タキ19550も、タキ30200も共通のものでした。

トラムウェイ タキ18600が発売されました_e0264203_14075714.jpg
トラムウェイ タキ18600が発売されました_e0264203_14082626.jpg

社紋板は、所有会社別に用意されていて、Bは三菱瓦斯化学と日本石油輸送となっているので三角形と丸形の社紋板が用意されているものと思ってましたが…

トラムウェイ タキ18600が発売されました_e0264203_14094342.jpg
社紋板は、全種類同梱されていました。
伊藤忠用の菱形や、宇部興産用の真四角もあります。
流石に、社名と常備駅と車番は三菱瓦斯化学と日本石油輸送しか用意されていませんが、社紋のデカールはタキ30200用の東京化成品も含まれています。
細かく作り分けて、梱包が複雑になるよりかは、最大公約数で用意されているような形です。
社紋板が全種類同梱されていたことで、他の車用に転用出来そうですね。

で、実車の画像もどうぞ。
模型と同様に、タンク体の長手方向にキセの継ぎ目のアングルがあるタイプです。

トラムウェイ タキ18600が発売されました_e0264203_14095502.jpg
(タキ18695 2008年7月20日 扇町駅にて)

社紋板は無く、NRSの社紋章はキセに直接書かれていますね。
撮影時は、既に岩沼への輸送は終焉していて、安治川口に廃回される直前にホームグラウンドの扇町で捉えたものです。
社名は、白地に黒文字です。

トラムウェイ タキ18600が発売されました_e0264203_14100866.jpg
(タキ118601 撮影日撮影場所同じ)

こちらの社名は、黒地に白文字です。社名板は無く、元々あった社紋板は流用せずに、少し上部にキセに直書きです。
社紋章のNRSはキセに直書きですが、よく見るとNRSの社紋章付近に社紋板の取り付けボルト跡が見えています。
近い場所に2本ずつ、上・下左・下右 と計6本ボルト跡があることから、三角形の社紋板のようで、元は三菱瓦斯化学車と思われます。

トラムウェイ タキ18600が発売されました_e0264203_14101517.jpg
(タキ118623 2008年8月3日 稲沢にて)

こちらは、安治川口へ廃回された時の画像です。
この車の社名は、白地に黒文字です。

扇町を拠点としていたNRSのタキ18600と関西化成品のタキ5450が、まとめて安治川口へ廃回となっています。
この日はうだるような暑い日だったことを思い出します。

タキ18600輸送が終焉を迎えてもう15年も経つのですね。
全体的なスピードUPと輸送効率化で止むを得ないことですが、バラエティーに富んだタンク車輸送が激減したのは残念です。

トラムウェイから、また別のタンク車がリリースされることを楽しみにしています。


# by takurika54 | 2024-03-31 14:46 | Comments(0)

銚子電鉄 惜別2001F編成

昨日は帰宅時間帯に東海道線品川~川崎間で人身事故があり、あおりを受けて京浜東北線も一時運転見合わせとなりました。
丁度会社帰りに電車に乗るところでモロに当たってしまい、急遽品川から京急に乗り換えて帰りました。

今回は、先日引退した銚子電鉄の2001F編成をご覧頂きましょう。

銚子電鉄 惜別2001F編成_e0264203_23004790.jpg
(銚子電鉄 クハ2501 2021年4月3日 仲ノ町駅車庫にて)

仲ノ町駅車庫は、入場券を買うと車庫にも入れるのがうれしいです。
こんなサービスは他の鉄道会社ではほぼ無いことで、見学の後はちゃんとぬれ煎餅とまずい棒を買いましたヨ。

この日、2001F編成は運用には就かず、車庫に居ました。
かつては京王だった車両で、長方形した尾灯など顔付きが京王顔です。

続いて横から。

銚子電鉄 惜別2001F編成_e0264203_23003146.jpg
(銚子電鉄 クハ2501 撮影日撮影場所同じ)

サッシの縁がやや黄身がかっていて年齢相応の姿です。
窓の上部のコーナーはRがついていて好ましいです。
ところどころ、塗装の下で錆びているようです。

銚子電鉄 惜別2001F編成_e0264203_22585762.jpg
(銚子電鉄 クハ2501 撮影日撮影場所同じ)

残念ながら全体を撮ることは出来ませんでした。
反対側のデハ2001ですが、手前に3000形が居て、まともな画像は撮れずです。
なので、3編成揃い踏みの画像でもご覧頂きましょう。

銚子電鉄 惜別2001F編成_e0264203_23041466.jpg
(左から デハ2002 デハ3001 デハ2001 2021年4月3日 仲ノ町駅にて)

背景はしょうゆ工場のタンク体です。


# by takurika54 | 2024-03-15 22:18 | その他 | Comments(0)

トラムウェイ タキ7750が発売されました

一時は生産中止の報があり、生産再開したトラムウェイのタキ7750が発売になり、量販店に予約していた物が届きました。

トラムウェイ タキ7750が発売されました_e0264203_23055983.jpg
(トラムウェイのタキ7750 某模型店HPより転載)

トラムウェイ タキ7750が発売されました_e0264203_23065098.jpg
(トラムウェイのタキ7750 某模型店HPより転載)

ハシゴや手摺りは例によって太めですが、全体的なプロポーションは捉えていてまずまずの出来かと。
かまぼこ型のキセも、側ブレーキも、ちゃんと表現されています。
プラ製で側梁の無い車両をここまで表現出来るのはなかなかだと思います。

ちょっと残念なのは、専用種別標記の下部に標記すべき(内部ゴムライニング)が省略されていることかな。

モデルとなった実車は以前画像をご紹介済みですが、別の画像で確認しましょう。

トラムウェイ タキ7750が発売されました_e0264203_23090783.jpg
(タキ17763 2005年4月9日 昭和町にて)

車票挿しの右側、タンク受台の上部に、少し小さいフォントで(内部ゴムライニング)と標記されています。

急行越前様もブログでご指摘されてますが、専用種別はカセイカリ液専用となっていて、カセイソーダ液ではないのですね。
せっかく印刷済みなのですが、こちらも残念です。


# by takurika54 | 2024-03-02 23:33 | 鉄道模型 | Comments(0)