80年代 153系新快速その11

年度末と職場異動が重なり2ヶ月もブログUP出来ずにいました。
F.Y君からの頂きものです。

e0264203_11583545.jpg
(クハ153 撮影年月不明 大山崎のカーブにて(たぶん))

京都方面に向かって高速走行する新快速です。

現在の新快速は12両編成のようですが、当時は6両編成でした。輸送量倍増です。
当時も、この6両編成を2本つないだ12両編成もありましたが、12両編成の時は快速運用で朝夕のラッシュ時に運行されていたと記憶しています。

ヘッドマークのやまぶき色の部分がだいぶ退色して薄い黄色になってしまっています。
青色(青22号)とやまぶき色のコントラストが美しいはずですが、ここまで薄くなってしまうと少々興ざめです。


[PR]

# by takurika54 | 2018-04-14 12:18 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 153系新快速その10

F.Y君からの頂きものの画像です。

e0264203_23221701.jpg
(クハ153(0番台 低運転台車) 撮影日・撮影場所は不明)

複々線で長い直線が続いているので、芦屋川か住吉川あたりの上から撮影したものと思われます。

新快速のヘッドマークが、文字無しで3本のストライプになってますが、これは快速運用の時のものです。
ヘッドマークは常時取付けられているのですが、可変型となっていて、折り畳めばストライプが現れ、本列車は新快速では無いことが分かるようになっていました。
とは言え、前面から見ないと分からず、カラーリングだけで新快速と思い込んで乗車した人も大勢居たでしょうね。

クハ153は、低運転台の0番台です。前照灯はシールドビーム化されています。
153系や113系、115系とその派生車種は、オリジナルの大型の前照灯がやはり似合っていると思います。

と言うことで、再掲ですが低運転台の0番台のオリジナルの前照灯の車の画像をどうぞ。
同じようなアングルの画像なので見比べてみて下さい。

e0264203_23355886.jpg
(クハ153(低運転台 0番台) 1979年晩秋 京都駅にて(再掲))

隣りの103系各停も懐かしいですねぇ~ 非冷房車なのでグロベンがズラリと並んでます。
新快速は基本冷房車で編成されていたので、同じ料金で早くて涼しいありがたい列車でした。今思えば、数百円の新快速料金を徴収してもよかったのでは??
並走する私鉄対抗だからダメか…


[PR]

# by takurika54 | 2018-02-07 23:41 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 153系新快速その9

またまたF.Y君からの頂き物の画像です。ネガプリントをスキャンしたものです。

e0264203_23491406.jpg
(クハ165(新快速) 撮影年月不明 大阪駅にて)

貫通扉の周囲が一段出っ張っているのでクハ165と思われます。
「新快速」は大型のヘッドマークを付けてましたが、少し濃い黄色の部分がだいぶ退色しています。

関西育ちの私にとって、153系(クハ165を含む)と言えばブルーライナー色の「新快速」でした。
小学生高学年に線路端に国鉄を見に行った頃には、新幹線は岡山まで開業しており、「鷲羽」をはじめ湘南色の急行は既に廃止され、2扉の急行型電車は「新快速」しか無かったのです。大阪より東へ行けば、北陸筋の急行はありましたが…。


現在発売中のjtrain誌で、153系や新快速の特集があったので、懐かしさとともにご紹介した次第です。

e0264203_23505311.jpg
(イカロス出版のHPより転載)


尚、再掲になりますが、クハ165の新快速は私も撮影しておりました。こちらもどうぞ。

e0264203_00102391.jpg
(クハ165 1979年頃 現在のさくら夙川駅周辺にて(再掲))

2両目は湘南色が混じった編成です。検査の都合や廃車による他地区からの転属等で、度々このような混成編成が見られました。
当時小学生だった私の回りの鉄ガキどもの間では「新快速の混血が来たっ!」と騒いでいたことを覚えています。


[PR]

# by takurika54 | 2018-01-17 00:15 | Comments(0)

平成の画像 江ノ電(初代)551

ピン甘のダメダメ画像ですが、江ノ電の画像がもう1枚ありました。

e0264203_22535802.jpg
(江ノ電(初代)551 1993年8月頃 鎌倉高校前にて)

前回の江ノ電502を撮影した日と同じ日の撮影です。

この日は、駒沢大学から新玉川線(当時)~田園都市線で中央林間まで行き、小田急に乗り換えて藤沢へ出て、そこから江ノ電に乗りました。
1日乗車券を使って途中下車しながら鎌倉まで行き、また途中下車しながら藤沢まで戻って、往路と同じルートで帰宅した記憶があります。

江の島をからめて撮影したのですが、夕刻で天気も悪く全体的に暗い画像となってしまいました。

初代500系は連接車とのことで、当時はそんなことも知らなかったので、知っていればサイドから撮っていたのに…。


[PR]

# by takurika54 | 2018-01-08 23:19 | その他 | Comments(0)

平成の画像 江ノ電(初代)502

今回は江ノ電の画像をお届けします。

e0264203_00044982.jpg
(江ノ電(初代)502 1993年8月頃 七里ヶ浜駅~稲村ヶ崎駅間にて)

1993年8月に転勤となり、上京したのですが、引越し後の片付けも少し落ち着いたので日帰りでどこか出掛けてみようと言うことになり、嫁と二人で行ったのが鎌倉でした。
車両の情報も無いままに、やってきた列車をただ撮っただけの画像ですが、この10年後には502は引退してしまったようです。
引退時の画像を見ると、広告ラッピングされていたようですが、この頃はラッピングも無く、ごくごく普段の江ノ電な感じです。

運転室の前面窓は開いていて暑い時期に撮影されたのが分かりますが、とても真夏な感じがしない画像となっています。
と言うのも、この年は冷夏でして、刺すような暑い日差しの日はほとんど無かったと記憶しています。

江ノ電には、このような少し旧式な感じのする車両が似合うと思いますが皆さまは如何?


[PR]

# by takurika54 | 2017-12-09 00:38 | その他 | Comments(0)

平成の画像 伊那松島区のED62

1997年春の伊那松島区です。

e0264203_10305963.jpg
(左からED62 16、ED62 5、ED62 6 伊那松島機関区 1997年3月か4月(許可を得て構内で撮影))

クモハ12 041を撮影したくて訪れた伊那松島区ですが、ED62が何両も留置されていたので撮ったものです。

それもそのはず、撮影前年の1996年9月に飯田線北部の貨物輸送は事実上終焉しており、出番無く構内留置されていたのでした。

ED62 16は前照灯はオリジナルの1灯ですが、5と6は2灯シールドビーム化されています。
パンが下りているので分かり辛いですが、ED62 5は交差パンタPS22Bに換装されています。

車番が分かるのはこの3両ですが、庫内に1両とED62 6の先の庫外にももう1両居て、画像に映り込んでいるだけで5両が留置されています。

旧型国電が廃止され、伊那松島区を訪れる人は少なかったハズですが、この時突然の訪問にも係らず入場を快諾頂き、貴重な記録が出来ました。
そのお礼にと、帰りがけに事務所でED18のオレンジカードを買って帰った記憶があります。
ED62は、平成になってからの廃車だったことから、しばらくは何両かは残っていたのですが、その後は結局1両も保存されることなく全車解体されてしまいました。新性能機関車のパイオニア的な存在だっただけに残念ですね。


[PR]

# by takurika54 | 2017-11-25 15:33 | その他 | Comments(0)

平成の画像 クモハ12 041の銘板

伊那松島機関区での画像の続きです。
クモハ12 041には4枚もの銘板が取り付けられていて、アップを撮影しておりました。

e0264203_00500173.jpg
(クモハ12 041の銘板 1997年3月か4月 伊那松島機関区にて)

右下がオリジナルの銘板→昭和3年 汽車會社東京支店 製造
右上はJR東海の銘板→元は日本国有鉄道の銘板だったハズです。
左下は更新車銘板→型式称号規定改正と時同じくして更新修繕されたもので、施工は昭和29年 国鉄豊川分工場 となっています。
左上は改造銘板→牽引車へ改造された時のもの、この時はクモヤ22 112 となっています。

牽引車からイベント用に再転身した際には、改造と呼ぶような変更は無かったのでしょうか?


[PR]

# by takurika54 | 2017-11-05 01:05 | その他 | Comments(0)

平成の画像 ED62 16とクモハ12 041

前回に続き1997年の伊那松島機関区から画像をお届けします。

e0264203_22304483.jpg
(ED62 16とクモハ12 041 1997年3月か4月 伊那松島機関区にて)

ED62 16は、飯田線北部の貨物輸送に使われていましたが、1996年秋に事実上の運用が終焉し、この頃には他のED62とともに伊那松島機関区に留置されていました。
半年ほど使われていなかったからか、ナンバーやヒゲの部分から少し錆が浮いてしまっています。ボディの青色も退色しています。
それでも、前照灯はシールドビーム化はされずにオリジナルを保っています。

クモハ12 041は、現在はリニア・鉄道館に静態保存されているそうですが、HPの展示車両集を見ると、前面窓のHゴムが黒色になっていて見た目の印象が少し違います。

この写真を撮ってからも既に20年が経過しているのですね、時の流れは早いものです。


[PR]

# by takurika54 | 2017-10-15 22:45 | その他 | Comments(0)

平成の画像 クモハ12 041

旧型国電が去った後も飯田線でイベント電車として運用されていたクモハ12 041です。

e0264203_22232759.jpg
(クモハ12 041 1997年3月か4月 伊那松島機関区にて)

この頃は鉄道から遠ざかっていて、旧車趣味だった頃に撮影しています。
1997年4月に長野県岡谷市にプリンス&スカイラインミュウジアムがオープンしたのですが、オープン前に旧車の搬入手伝いで行った際に、機関区を訪れたものです。

旧型国電が終焉を迎えて久しい時期でしたが、機関区へ訪問して構内での撮影をお願いすると、快く許可が下りました。
構内には、ED62が多数留置されていて、今調べてみると訪問した前年に飯田線北部の貨物輸送が事実上の終焉を迎えていたようで、運用が無くなったので出番の無いED62が多数居たようです。

クモハ12 041は、事業用のクモヤ22 112から旅客用に再改造され、イベント電車として第三の活躍の場を与えられていました。
正面さえ見なければ、17m級の旧型国電そのものです。両サイドとも乗務員扉横の窓が埋められていて違和感ありますが…。
シル・ヘッダーの間隔が短く、窓の高さ寸法が短めなため、全体的に腰高な印象です。


[PR]

# by takurika54 | 2017-10-09 22:38 | その他 | Comments(0)

80年代 EF58 91

またまたF.Y君からの頂き物の画像です。EF58 91です。

e0264203_10061701.jpg
(EF58 91 撮影年月不明 大阪駅にて)

EF58 91は、ネットで調べてみると、元々は宮原区所属で、晩年は浜松区に移籍して浜松で終焉を迎えたようですね。
浜松区では、他機と同様に正面窓がHゴム化されてしまうので、この画像は宮原区時代のものと思われます。

原形小窓、格好良いですねぇ~

荷物列車のようですが、編成は短めのようです。

EF58 91は、引退後にブルトレ色に塗り替えられて、恵比須ビアトレインとしてビアホールの先頭車に連結され、恵比須ガーデンプレスのオープンまで恵比寿駅脇に置かれていました。平成5年に転勤で東京に来た頃には、まだビアホールは盛業中だったはずで、山手線の車窓から見掛けた記憶があります。
今も解体されずに健在なら、人気者になっていたでしょうね。


[PR]

# by takurika54 | 2017-10-07 10:22 | 80年代 EF58 | Comments(0)