タグ:80年代 ( 392 ) タグの人気記事

80年代 DD51 1127

これまた頂き物の画像です。

e0264203_11183580.jpg
(DD51 1127 1979年か1980年 宝塚駅にて)

なぜ車体全体を撮らずに前方だけ撮ったのか不明ですが…、ウデが未熟だった??

今やDD51は風前の灯ですが、撮影時は新製から5年ほどしか経っていない車です。

ラジエターカバーは2分割のタイプで、これは最後期の車の特徴です。点検時にカバーを脱着し易いよう、分割してカバー1枚の重量を下げているんだとか。


[PR]

by takurika54 | 2016-10-09 08:48 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 キハ47 0番台

頂き物フィルムにキハ47の画像が残ってました。
手ブレ画像なのでご紹介を控えておりましたが、鉄ピク誌の最新号(2016年11月号 通巻924号)がキハ40系(Ⅰ)特集ですので、ご紹介しておきます。
e0264203_23573909.jpg
(キハ47 0番台 1980年頃 宝塚駅にて)

福知山区に配属になった初期車だと思われます。
恐らくですが、屋根上にある水タンクのキセが角張った形状をしているように見えるので、キハ47 1~16に該当するのではないかと思われます。

列車種別幕には「快速」と掲げてあります。
新製配置から、そんなに日は経っていないと思われますが、タラコ色は早くも色褪せつつあるように見えます。
鉄ピク誌の表紙の画像は、新製配置直後のビカビカの新車状態ですが、色が余りにも違い過ぎます。

e0264203_23492855.jpg
(鉄ピク誌HPより転載)


以前ご紹介済みの京都駅でのキハ47 11の画像もご覧頂きますが、これも色褪せているように見えます。
朱色の発色は難しいのかも知れませんね。

e0264203_23575233.jpg
(キハ47 11 1979年晩秋頃 京都駅にて(再掲))


[PR]

by takurika54 | 2016-09-23 00:18 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 加古川駅

加古川線、高砂線の気動車を撮りに行った時に撮った加古川駅です。

e0264203_17595223.jpg
(加古川駅 1980年春)

今の加古川駅は、加古川線もあわせて高架となり風景が一変しています。
これは、地上駅時代のものです。

駅舎は木造平屋(?)建てで、中央の出入口には時計があり、なかなか立派な駅に見えました。
屋根したには、近距離用の切符の自販機が並んでいますが、画像を拡大してみると100円~520円となっていて、当時は初乗り(一区間)が100円だったことが分かります。
国鉄時代の初乗り料金が100円だったのは、1979年~1980年のたった2年間だけだったそうです。

画像右側に切れかかってますが、公衆電話ボックスが5個も並んでいます。更に右側に数個並んでいたのかも知れません。
現在のように携帯やスマホはありませんので、突然の大雨や交通障害等があると、家に電話して車で迎えに来てもらうには公衆電話は必需アイテムでした。

白い車が停車しています。4ドアのケンメリのスカイラインですな。懐かしいです。
当時は、駅のど真ん前に自家用車を乗り付けることが可能だったのです。そう言えば、どこの駅も昔は狭くてせせこましい感じだったことを思い出します。


[PR]

by takurika54 | 2016-09-18 18:19 | その他 | Comments(3)

80年代 クハ155 19

豊橋駅で捉えた元修学旅行用車両のクハ155です。

e0264203_09020847.jpg
(クハ155 19 1982年4月1日 豊橋駅にて)

元々は、「ひので」「きぼう」の修学旅行用に作られた車両ですが、修学旅行が新幹線へシフトされていったことにより本来の用途を無くし、153系と混用出来るよう種々改造されて名古屋地区で使われていたものです。宮原区に居たものが、改造のうえ大垣区へ転籍となったようです。
先頭車ですが、編成の中間におりました。

左右の車両(153系)と比べ、乗降扉幅が狭いです。153系は1000㎜あるそうですが、特急車並みの700㎜しかないです。
屋根は全体にわたり低屋根構造で、ぺったんこな感じです。通風器は押込型ではなく、グローブ型です。グロベンとグロベンの間にお椀を伏せたようなものが見えますが、これは扇風機取付のための出っ張りです。

ちょっと見辛いのですが、153系なら運転台下部にあるスカートがクハ155にはありません。軽量化やコストカットではじめから無いそうです。

クハ155 19は、最終増備のグループだそうで、運転台上部にある最前部の通風器が押込型なのと、雨樋が乗務員扉上まで延長されているのが特徴だそうです。

155系は、結局冷房改造されることなく、撮影からしばらくして運用から外され、西小坂井駅での留置を経て解体されたそうです。


[PR]

by takurika54 | 2016-09-11 09:33 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 阪急716 その2

桂駅より嵐山駅へ向けて出発したところのケツ撃ちです。

e0264203_22235165.jpg
(阪急716 1981年冬頃 阪急京都線桂駅にて)

例によって撮影日が不確かですが、前サボが新しくなっているので1981年3月以降に撮ったものです。
車掌は上着を着用しており、前後に写っている人はコートを着ているので冬に撮ったものと思われます。

ぱっと見は、当時今津線で活躍していた810系とほとんど変わりがありません。前照灯シールドビーム化の処理も同じです。
どうやら台車が違うようですが、振り替えがあったようでして、ここで見えている台車は何の型式かは不明です。

前パンを大きく張り上げて出てゆく様は格好よいですねぇ。


[PR]

by takurika54 | 2016-09-04 23:00 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 小郡駅(現 新山口駅)

家族旅行した際に撮った小郡駅前です。

e0264203_14334676.jpg
(小郡駅前風景 1979年春頃)

家族で、山口の秋芳洞と萩へ1泊2日旅行した際に撮ったものです。

恐らく、萩からバスで小郡駅まで戻ってきて、駅前で食事でもしたのだと思います。

遠く正面に駅舎があり、目抜き通りには左右に商店が並び、片流れのアーケード的な造りになっています。
今の時代では、ショッピングモールがあちこちに出来てシャッター通りが多いのですが、この頃は賑わっていました。
遠くに見えている駅舎は、現在建替中のようですね。見えている駅舎も極一部を残して取り壊されている状況が、Googleから見ることが出来ました。

駅舎の手前には、白地に赤のラインの路線バスが客扱い中です。カラーリングから防長交通のようです。
バスはいすゞのBU系のようですね。オハ35系のような丸屋根な処理の仕方に特徴があります。
バスもなかなかディープなファンが居て、個人でボンネットバスや古いバスを所有している方が居られます。いすゞのBU系も所有している方が居られるのかしら?


[PR]

by takurika54 | 2016-08-28 15:28 | その他 | Comments(0)

80年代 EF58 118

夜の大阪駅です。

e0264203_08041149.jpg
(EF58 118 1982年4月 大阪駅にて)

飯田線訪問から戻ってきて、大阪駅で撮ったものです。

高性能なカメラでは無く、基本全自動のちゃっちいカメラで撮っているので、見辛い写真で恐縮です。

米原区の車で、原形小窓で原形ワイパーを装着しているのですが、暗くてよく見えませんね。
恐らくホームでは荷役中で、長い間停車しているようで、前照灯はスモールになっています。
9番線に停車しており、時計は19:50頃を差しているので、20:11発の青森行きと思われます。

隣りの10番線には、福知山線の客車列車を牽くDD51が停車しています。画像拡大してみましたが車番までは判別出来ませんでした。
19:13着の724レと思われます。到着から30分以上経過しており、客扱いはとっくに終わっていると思いますが、未だ構内に居ます。大都市の中心駅の大阪駅でも、当時はこのようにのんびりしたところもあったのですね。




[PR]

by takurika54 | 2016-08-21 09:18 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 神戸電鉄1000系

中学校の友人と船坂峠を越えて西宮から三田まで自転車旅行した時の写真です。

e0264203_16053801.jpg
(神戸電鉄1000系 1980年頃 横山~神鉄道場間にて(たぶん))

築堤を駆け上がる神戸電鉄1000系です。撮影場所は定かでは無いのですが、路線バスが走る街道沿いから撮ったので、恐らく横山~神鉄道場の間かと思われます。
普段、神鉄にお目にかかることは無くて、やってきた列車を珍しくで撮った記憶があります。

旧塗装をまとい、パンタ2丁を上げて、中々格好良いです。
1000系は、今ある神鉄の新性能車の基礎を作った車両のようですが、両開きの乗降扉を採用したり意欲的な車両だったようです。

この頃の三田口では、2両編成に片運転車を1両増結した3両編成が基本だったようです。最後尾の車が増結の車両で1050系と区別されるそうですが、片運転車と言いながら単行運転が可能だったそうです。

ローアングルなので分かり辛いですが、非冷房の編成のようですね。

神鉄の写真は残念ながらこの1枚だけです。


[PR]

by takurika54 | 2016-08-15 16:35 | 80年代 私鉄 | Comments(0)

80年代 梅小路のC61 2と8630

梅小路ネタの続きです。

e0264203_23061804.jpg
(8630とC61 2 1981年頃 梅小路蒸気機関車館にて)

8630は、開館当時から有火状態にあり、この日も煙をたなびかせていました。
SLスチーム号の運転用に、扇形庫から京都駅方面に線路が敷設されましたが、撮影当時はそのようなものはナ無く、単にターンテーブルを回って元の番線に戻ってくる運用だったハズです。

最近の8630を撮った画像もあるのでご紹介しておきましょう。

e0264203_10024375.jpg
(8630 2009年4月 梅小路蒸気機関車館にて)

砂巻きドームの前方側に大きな鐘が見えます。人や大八車が行き交うところで、鐘を鳴らしながら走っていたことを想像しちゃいます。



[PR]

by takurika54 | 2016-08-07 23:42 | その他 | Comments(0)

80年代 クモヤ91 002 その4

大阪駅で捉えたクモヤ91 002の画像の4枚目です。

e0264203_11505715.jpg
(クモヤ91 002 1981年3月31日 大阪駅にて)

横桟の入ったプレス扉と、特徴的な3段窓をクローズUPして撮影しました。

戦時設計されて登場した63系は、この時代を反映して客室窓は3段となっていています。
戦後間もない当時は窓ガラスが極端に不足し、窓を3段に分割することでひとつひとつのガラスは小さくなり、補充のし易さを狙ったものでした。
元々は、真ん中の段の窓は固定されていて、下段と上段が可動して、座った客にも立った客にも風が通るように設計されていたとのこと。
しかしながら、これが災いして、桜木町事故の際は窓から乗客が逃げれず多数の犠牲者を出すことになり、真ん中の固定窓も可動出来るように改善され、その他改善も盛り込んで72系に生まれ変わりました。
クモヤ91 002は、生まれ変わったモハ72より改造して誕生しています。

乗降扉上にはヘッダー無しです。戦前製の車とは違います。

再掲ですが、1枚目の画像をもう一度ご覧頂きましょう。
恐らく、検査明けの特急車両の試運転列車だと思われます。中線に入線して、しばらく停車していました。
日曜の昼間とは言え、当時は大ターミナル駅の大阪駅でも、こんな珍列車を普通に見ることが出来たのですね。
今なら大騒ぎになることでしょう。

e0264203_12121401.jpg
(撮影場所、撮影年月は同じ)


[PR]

by takurika54 | 2016-07-24 12:16 | 80年代 旧型国電 | Comments(2)