タグ:80年代 ( 387 ) タグの人気記事

80年代 クモハ73 043

頂き物の画像です。
当時、撮った写真をやり取りしていたTさんから頂いたネガプリントをスキャンしたものです。

e0264203_15283753.jpg
(クモハ73 043 撮影月日不明 城川原駅にて)

富山港線には、スカイブルーの全金属車の72系が配置されていました。
この車は、前面に関西式のサボ掛けの名残があり、関西地区から御殿場線に流れついた後に富山港線に回ってきた車だそうです。

前面の左右両端にはパンタ用の空気管と電源の母線用の配管が露出しているのがこの車の特徴です。
前照灯は車体に埋め込みになっています。この頃は照度UPのためにシールドビーム化された車も多かったですが、富山港線の73系はシールドビーム化はされませんでした。

72系の走る富山港線どころか、475系等の交直流化された後も訪れることはありませんでした。今はご承知の通りライトレール化されています。

(頂き物の画像ですが、もし写真掲載に問題あればご連絡下さい)


[PR]

by takurika54 | 2016-12-04 16:19 | 80年代 旧型国電 | Comments(0)

80年代 梅小路のD51 1とB20 10

仕事が忙しくで1週空いてしまいました。1枚残っていた梅小路ネタです。

e0264203_23243730.jpg
(D51 1とB20 10 1981年頃 梅小路蒸気機関車館にて)

B20 10は、今は動態保存されているそうですが、この頃はたぶん無火状態だったと思います。

D51 1と並ぶと、ひときわ小ささが分かります。ボイラの径は本当に小さいです。

当時は赤プレートでしたが、今では型式入りの立派なナンバープレートに掛け替えられているようです。ちょっと過剰装飾かも知れません。
型式入りのプレートと言えば、D51 1も今は正面のプレートは型式入りになっているようですね。
D51 200が動態保存復活の準備をしているようですが、ナメクジのD51 1も再び火が入って本線走行出来ればよいですね?
雑誌でしか見たことがありませんが、吹田のデフ無し機なんか、ちょっと毛色が変わっていて面白いと思うのですが…。

[PR]

by takurika54 | 2016-11-26 23:57 | その他 | Comments(0)

荷電クモニ83 その2

だいぶ以前にご紹介したクモニ83のケツ撃ちです。

e0264203_23433007.jpg
(クモニ83 1979年頃 芦屋~西ノ宮間にて)

京阪神間の荷電は、比較的早くから旅客との併結を止めて単独運用になっていたそうです。
何度か見ることがありましたが、いつもクモニ83×2両だったと記憶しています。

丁度、夙川の橋梁を渡りきったところをケツ撃ちしています。
以前ご紹介してから4年ほど経つので、再度ご覧頂きましょうか。

e0264203_23434737.jpg
((再掲)クモニ83 撮影年と撮影場所は同じ)

おでこの方向幕(?)に「荷」とだけ書かれたのが何とも好ましいです。


16番で、TOMIXからプラ製のクモニ83が発売になり、その発売に合わせるかのようにNEKO MOOKから「鉄道車輛ガイド クモニ83と仲間たち」が刊行されました。
小生の鉄道模型のテーマには電化車両は含まれないのですが、一先ず本は買いました。TOMIXのクモニ83も何だか衝動買いしそうで怖い…

e0264203_23495948.jpg
(鉄ホビのHPより転載)

今の鉄道は、お客の乗らない車輛が極端に減ってしまい、元々働く車や働く鉄道車輛が好きな小生としてはつまらないです。
とても昭和な車両のご紹介でした。


[PR]

by takurika54 | 2016-11-13 00:15 | 80年代 旧型国電 | Comments(4)

80年代 EF58 138

大阪駅です。

e0264203_22061671.jpg
(EF58 138 1981年8月9日 大阪駅にて)

12系客車(と思います)を従えて、大阪駅の11番ホームに停車中のEF58 138です。

原形小窓に、原形の腕折れ型ワイパーを装着した車です。
EF58 138は、のちにシールドビーム2灯化されてますが、前照灯も原形のままで、美しいスタイルを保持しています。
パンタグラフは新製時よりPS15を装着しています。
ヘッドマーク掛けは、足掛け部を切欠きにして取り付けられています。

EF58は、この位置から撮影すると、つかみ棒が尾灯に被ることがあり、撮影する角度が難しい車でした。
この画像も残念ながら被ってしまってます。

画像を拡大してホーム上の客の姿を見てみると、もしかすると甲子園の応援からの戻りの団体客のようです。
上下白い服装や、白い野球帽をかぶっている人達が見えています。応援用具のような大きな手荷物もありそうです。
東海や北陸方面の高校の応援だったのでしょうか?


[PR]

by takurika54 | 2016-10-30 22:28 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 阪急947 その2

西宮車庫に2度目に入場した時の画像です。

e0264203_08050035.jpg
(阪急947 1982年1月6日 阪急電鉄西宮車庫にて(許可を得て構内で撮影))

どうも4両編成のようですので、伊丹線で運用されていた頃の画像です。
夕刻なので、夕陽をバックに暗い画像で恐縮です。

阪急947は、920系の電動車です。ベースは戦前製ですが、943~947は戦後の生まれです。
戦後製の車は、アンチクライマーが3段で小振りです。また、ウィンドウヘッダーがリベット留めでは無くなっています。

右隣の編成は5200系か5000系といったところでしょうか?車番が見えないのが残念です。

今なら、突然アポ無し現れた中学生を入構させてくれることは無いのでしょうが、当時は夕方のラッシュアワーを控えている時間帯なのに、快く案内してくれておおらかな時代でした。


[PR]

by takurika54 | 2016-10-16 14:19 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 DD51 1127

これまた頂き物の画像です。

e0264203_11183580.jpg
(DD51 1127 1979年か1980年 宝塚駅にて)

なぜ車体全体を撮らずに前方だけ撮ったのか不明ですが…、ウデが未熟だった??

今やDD51は風前の灯ですが、撮影時は新製から5年ほどしか経っていない車です。

ラジエターカバーは2分割のタイプで、これは最後期の車の特徴です。点検時にカバーを脱着し易いよう、分割してカバー1枚の重量を下げているんだとか。


[PR]

by takurika54 | 2016-10-09 08:48 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 キハ47 0番台

頂き物フィルムにキハ47の画像が残ってました。
手ブレ画像なのでご紹介を控えておりましたが、鉄ピク誌の最新号(2016年11月号 通巻924号)がキハ40系(Ⅰ)特集ですので、ご紹介しておきます。
e0264203_23573909.jpg
(キハ47 0番台 1980年頃 宝塚駅にて)

福知山区に配属になった初期車だと思われます。
恐らくですが、屋根上にある水タンクのキセが角張った形状をしているように見えるので、キハ47 1~16に該当するのではないかと思われます。

列車種別幕には「快速」と掲げてあります。
新製配置から、そんなに日は経っていないと思われますが、タラコ色は早くも色褪せつつあるように見えます。
鉄ピク誌の表紙の画像は、新製配置直後のビカビカの新車状態ですが、色が余りにも違い過ぎます。

e0264203_23492855.jpg
(鉄ピク誌HPより転載)


以前ご紹介済みの京都駅でのキハ47 11の画像もご覧頂きますが、これも色褪せているように見えます。
朱色の発色は難しいのかも知れませんね。

e0264203_23575233.jpg
(キハ47 11 1979年晩秋頃 京都駅にて(再掲))


[PR]

by takurika54 | 2016-09-23 00:18 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 加古川駅

加古川線、高砂線の気動車を撮りに行った時に撮った加古川駅です。

e0264203_17595223.jpg
(加古川駅 1980年春)

今の加古川駅は、加古川線もあわせて高架となり風景が一変しています。
これは、地上駅時代のものです。

駅舎は木造平屋(?)建てで、中央の出入口には時計があり、なかなか立派な駅に見えました。
屋根したには、近距離用の切符の自販機が並んでいますが、画像を拡大してみると100円~520円となっていて、当時は初乗り(一区間)が100円だったことが分かります。
国鉄時代の初乗り料金が100円だったのは、1979年~1980年のたった2年間だけだったそうです。

画像右側に切れかかってますが、公衆電話ボックスが5個も並んでいます。更に右側に数個並んでいたのかも知れません。
現在のように携帯やスマホはありませんので、突然の大雨や交通障害等があると、家に電話して車で迎えに来てもらうには公衆電話は必需アイテムでした。

白い車が停車しています。4ドアのケンメリのスカイラインですな。懐かしいです。
当時は、駅のど真ん前に自家用車を乗り付けることが可能だったのです。そう言えば、どこの駅も昔は狭くてせせこましい感じだったことを思い出します。


[PR]

by takurika54 | 2016-09-18 18:19 | その他 | Comments(3)

80年代 クハ155 19

豊橋駅で捉えた元修学旅行用車両のクハ155です。

e0264203_09020847.jpg
(クハ155 19 1982年4月1日 豊橋駅にて)

元々は、「ひので」「きぼう」の修学旅行用に作られた車両ですが、修学旅行が新幹線へシフトされていったことにより本来の用途を無くし、153系と混用出来るよう種々改造されて名古屋地区で使われていたものです。宮原区に居たものが、改造のうえ大垣区へ転籍となったようです。
先頭車ですが、編成の中間におりました。

左右の車両(153系)と比べ、乗降扉幅が狭いです。153系は1000㎜あるそうですが、特急車並みの700㎜しかないです。
屋根は全体にわたり低屋根構造で、ぺったんこな感じです。通風器は押込型ではなく、グローブ型です。グロベンとグロベンの間にお椀を伏せたようなものが見えますが、これは扇風機取付のための出っ張りです。

ちょっと見辛いのですが、153系なら運転台下部にあるスカートがクハ155にはありません。軽量化やコストカットではじめから無いそうです。

クハ155 19は、最終増備のグループだそうで、運転台上部にある最前部の通風器が押込型なのと、雨樋が乗務員扉上まで延長されているのが特徴だそうです。

155系は、結局冷房改造されることなく、撮影からしばらくして運用から外され、西小坂井駅での留置を経て解体されたそうです。


[PR]

by takurika54 | 2016-09-11 09:33 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 阪急716 その2

桂駅より嵐山駅へ向けて出発したところのケツ撃ちです。

e0264203_22235165.jpg
(阪急716 1981年冬頃 阪急京都線桂駅にて)

例によって撮影日が不確かですが、前サボが新しくなっているので1981年3月以降に撮ったものです。
車掌は上着を着用しており、前後に写っている人はコートを着ているので冬に撮ったものと思われます。

ぱっと見は、当時今津線で活躍していた810系とほとんど変わりがありません。前照灯シールドビーム化の処理も同じです。
どうやら台車が違うようですが、振り替えがあったようでして、ここで見えている台車は何の型式かは不明です。

前パンを大きく張り上げて出てゆく様は格好よいですねぇ。


[PR]

by takurika54 | 2016-09-04 23:00 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)