「ほっ」と。キャンペーン

80年代 ED60 4

この土日は出張に引っ掛けて実家へ帰省していたので、ブログUP出来ませんでした。
なので今日は火曜ですが変則でブログUPします。のこのこ様が竜華機関区のEF15の記事にコメントを寄せて頂いたので、竜華区のED60の画像をご覧頂きましょう。

e0264203_22400234.jpg

(ED60 4 1980年頃 久宝寺~杉本町短絡線にて)

西宮から遠征して久宝寺まで来て、短絡線にある踏切から撮影したものです。
この時は竜華区のEF15がお目当てだったのですが、EF15 181を撮影出来ただけで、あとはこのED60 4しか撮影出来ませんでした。当時はこれでガッカリしたのですが、今となっては貴重な記録だと思っています。

前照灯は2灯ブタ鼻化され、スノープロー無しのスタイルは、大糸線のカマとだいぶ印象が違います。
スカートにあったはずの各種ジャンパ栓も撤去されて、ブレーキ用のエアホースだけが連結器部に取り付けられています。あっさりした印象です。

この日の荷は、黒ワム(ワラ?)が4両にワフが1両と寂しい編成でした。
比較的低速で、それでも短編成ゆえにあっと言う間に行き過ぎてゆきました。


この週末11月1日と2日は待ちに待った鉄道模型ショウですね。今から楽しみです。


[PR]

by takurika54 | 2014-10-28 23:11 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 竜華区のEF15

関西線の車窓から竜華区を撮った画像です。

e0264203_22152495.jpg
(EF15 1980年頃か? 竜華機関区にて(車窓から撮影))

天王寺へ向かう関西線の車窓から撮った画像です。ネガ紛失でプリントからスキャンしたのでクリアな画像で無くて恐縮です。
以前ご紹介した久宝寺から杉本町へ向かう短絡線にEF15を見に行った時のネガには無い画像なので、家族で奈良かどこかに行った帰りに撮ったのかも知れません。この辺の記憶は全く無い…。

パンタを下して次の出番を待っているEF15です。
竜華区の特徴で、前照灯がブタ鼻改造され2灯シールドビーム化されています。デッキ昇降の手摺が白く塗られているのも竜華区の特徴です。運転席側窓には縦に白いバーが入っているように見えますが、これはアルミサッシ化されてこう見えているのでしょうね。

残念ながら車番は分かりませんが、車体側面機械室窓がHゴム化されモニタールーフ窓もHゴム化されているようなので、162号以降の15次型のようです。手元にある1979年配置表で見ると、当時の竜華には15次型が9両も居たようで、全16両の半数以上が15次型になっていて車番特定には至りませんでした。

遠く機関庫側にもEF15とEF58が見えてます。EF15の前面は黒Hゴム支持ですが、EF58はグレー系のHゴム支持です。



[PR]

by takurika54 | 2014-03-09 22:40 | 80年代 電気機関車 | Comments(2)

80年代 DE10 1086

京都駅です。


e0264203_08284268.jpg
(DE10 1086 1979年晩秋頃 京都駅にて)

久々に数少ないディーゼル機関車のネタをお届けしましょう。エグゾーストを残して京都駅を発車するところのDE10 1086です。
編成車両から見て、奈良線に向かう列車と思われます。

DE10 1086は亀山区所属で1971年汽車会社製です。SGを搭載する1000番台に属します。竜華区から亀山区に配転となり、この後高松区へ配転となってそこで平成5年(1993年)に廃車となってます。稼働22年とは以外に短命だったんですね。
廃車後は部品取り用として水島臨海鉄道に譲渡され、部品を所々はぎ取られた姿で今でも留置されているそうな。

DE10 1086の次位にはワフ29500と思われる有蓋緩急車が繋がれてます。拡大してみるとワフ30***と見えます。

ワフの次にはヨダレものの私有タンク車が繋がれてます。
菱型の社紋板でキセ付き・S字管付きなので、呉羽化学工業(クレハ)のカセイソーダ液車と思われます。ドームが無く側ブレーキのように見えますので恐らくはタキ7750かと。

タキ7750の次の銀色のタンク車ですが、スリーダイヤの社紋板が見えてますので、黒崎駅常備の三菱化成工業(現三菱化学)のカプロラクタム車=タキ14800と思われます。ともに宇治駅にあるユニチカ宇治工場へゆくタンク車ですね。

今だったらDE10よりもタンク車の方を撮っていたでしょうね。あ~、35年前にタイムスリップしたい~~。


[PR]

by takurika54 | 2013-12-21 09:10 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 EF66 18

実家の地元、西宮です。

e0264203_225329.jpg

(EF66 18 1979年頃 芦屋~西ノ宮間にて)

夙川の土手の西側、夙川公民館のある公園からちょい先で撮ってます。
カメラの調子がおかしい(?)のか、光が漏れ込んでしまって左側が赤くなっています。

撮影技量も無く、背のあるフェンスに登りながらの撮影でしたので、手前に引き寄せる前に撮ってしまい、架線柱にかかり気味のダメダメ画像です。
架線柱ごしに、チラッと黄緑色が見えてますので、コンテナ車を牽引していたのでしょう。

EF66 18は一次型だそうで、当時下関区に所属し、その後JR貨物に継承され、飾り帯やナンバー周辺の装飾が外されたうえで貨物更新色に塗られてしまったようで、既に6年前に廃車になってます。
EF66 18は、ひさしの取付も無くオリジナルを保っています。スノープローが凛々しい姿です。ヘッドマーク掛けはありますが、結局ブルートレインを牽引することはありませんでした。

プリントスキャンの粗い画像ですが、EF66 26をご紹介済みですので、こちらも見てやって下さい。EF66 26はひさし付きに改造されてます。
~訂正~
急行越前さまよりご指摘がありまして、誤りを訂正しました。(9/29)
EF66 26は新製時よりひさし付きで落成してます。  ご指摘ありがとうございました。



にほんブログ村

にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-28 02:18 | 80年代 電気機関車 | Comments(1)

80年代 EH10 43

実家のある地元西宮です。

e0264203_22502754.jpg

(EH10 43 1980年頃 芦屋~西ノ宮間=現在のさくら夙川付近)

交差パンタPS22に換装されたEH10 43です。
高速貨物を牽引していたのでしょうか?コンテナ車を連ねているようです。懐かしの黄緑色したコンテナに、白ラインや青ラインが見えてます。

EH10の他に、真っ黒車体の車って日本の鉄道ではほとんど見掛けませんよね。(あっ!蒸気は別です(汗))黒と黄色の警戒色の組合せですが、黄色がホンのライン程度にしか無いので、警戒色っぽくは見えません。

ただ、黒い車体ゆえ、尾灯のレンズのクリアレッドが黒のなかに埋もれてしまうように見えて、まるでパンダの目のような感じです。
EH10は交差パンタにこそ換装された車がありましたが、2灯シールドビーム化(ブタ鼻)や1灯シールドビーム化されることが無かったので、パッと見は美観を大きく損ねることは無かったように思います。

いよいよ来月には、天賞堂からプラ製のEH10が発売になりますね。
電機は私の収集の対象では無いので購入予定はありませんが、先日天賞堂銀座本店に行った際にはサンプルがお目見えしており、中々格好良いプロポーションをしていましたよ。
e0264203_2331914.jpg

(天賞堂のHPより)

画像は、夙川の土手から撮ってますが、画面右隅に男の子が写ってます。近所に住んでいたT君の後ろ姿です。この頃は、線路内に入って悪さする輩が居たこともあり、フェンスには有刺鉄線がぐるぐる張られています。
土手で列車を撮影する際に、この有刺鉄線にセーターを引っ掛けて、母親にエラク怒られたことを思い出しました。

EH10のネガはこれでおしまい。
これまでご紹介したEH10も見てみて下さいね。
EH10(車番不明)
EH10 22
EH10 24
EH10 44


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-08-24 23:15 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 EH10 22

須磨付近を快走するEH10です。

e0264203_9235393.jpg

(EH10 22 1979年か1980年頃 須磨~塩屋間にて)

以前、EF65 110をご覧頂きましたが、同じ時に撮影したものです。
ネガ紛失で粗い画像で恐縮です。

中学生の時、友達と一緒に須磨海つり公園へ行ったのですが、その道中に国道沿いをブラブラ歩きながら、やってきたEH10 22を撮影したものです。
朝日の光線が海に反射して完全に逆光状態のうえ、EH10の車体が黒いため、とても見辛い画像です。相変わらずダメダメ画像で申し訳無い…。

EH10は貨物専用機なので、スカート廻りにごちゃごちゃとジャンパ栓が無くて非常にスッキリしてます。パンタはPS22Bに換装されておらずオリジナルを保っています。
牽かれている貨車は、どうやら茶ワムのようです。

EH10は、今年秋頃に天賞堂からプラ製16番が発売になるようで、今でも人気のある車種ですね。

EH10はNEKO MOOK/鉄道車輛ガイドシリーズでも取り上げられており、私も購入して愛蔵書になってます。黒い車体に黄色いラインは、当時も今も無いカラーリングで、本当にファンが多いのも頷けます。
e0264203_9411025.jpg


私は見に行ったことは無いのですが、大阪市淀川区の東淡路公園に61号機がたった1輌だけ静態保存されています。出来ることなら、交通博物館や科学館等JRの施設で保存されたキレイな姿を拝んでみたいものです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-23 09:46 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 EF15 149

飯田線へ行った際に中央東線を乗り継いで甲府まで来た時の画像です。

e0264203_1541552.jpg

(EF15 149 1982年春 甲府駅にて)

飯田線全線乗車の後、辰野から各停を乗り継いで東京へ向かいましたが、甲府で乗り換えの際に撮ったものです。夜の撮影でEF15が通過してゆきましたのでブレた画像で恐縮ですが、映り込んでいる内容が濃いのでダメダメ画像ながらも掲載しますね。

EF15 149は、撮影した前年に長岡第二から甲府へ移動したようで、翌年夏には休車となっていますので、若番車を淘汰するためにやり繰りしていた期間だったようです。

EF15 149の次位にはワフ、そのあとは径の小さ目なタンク車(まさかタム?)、更にそのあとは35系タンク車が続いてます。石油系のタンカー列車だったのでしょうか?

画面左には、構内停車中のタキ35938が見えてます。日本石油輸送(JOT)所属です。車票が刺さっているので、運用途上だったようです。

ここ3番ホームの内照式案内板には、塩山・大月・八王子・新宿方面と掲示されてます。
遠くに赤い自販機が見えてますが、コカ・コーラブランドの飲料水が売られているようですが、陳列窓は上方1/4程度だけしか無く種類は少なそうです。今では見掛けなくなった古い自販機です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-01-14 16:04 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 EF66 26

実家の地元西宮です。

e0264203_82119100.jpg

(EF66 26 1979年頃 西ノ宮~芦屋間にて)

EF66は初掲です。
ネガを紛失しており、プリントのスキャンで粗い画像で恐縮です。
以前ご紹介したEF60 16EF61 2と同じ日に同じ場所で撮影しています。

26号機は2次型に属するそうで、製造当初からヒサシ付きで作られた車です。1~20号機が1次型でして、こちらはヒサシ無しで作られてます。
26号機は後天的に更新改造されて、PS22Bパンタ化・冷房化されたうえ、正面の飾り帯は撤去されてJR貨物更新色に塗り替えられています。ご覧頂いてる画像はもちろん原形に近い姿です。
編成全体が写ってませんが、次位はコキが続いておりフレートライナーだったものと思われます。

26号機ですが、残念なことに今年(H24年)に入って運用離脱し吹田区で休車になっているようです。EF210の増備が続いており、いよいよEF66の0番台も終焉の時を迎えているようです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-12-22 08:49 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 EH10 24

実家の地元、西宮の画像です。

e0264203_833038.jpg

(EH10 24 1980年頃 芦屋~西ノ宮間=現在のさくら夙川駅付近にて)

以前、パンタがPS22に換装されていないEH10 44をご覧頂きましたが、今回はPS22に換装された24号機です。
オリジナルのPS15の方がもちろん格好が良いのですが、EH10は車長が長くて案外PS22も悪くは無い感じがします。
貨物専用の牽引機なので、スカート廻りはジャンパ栓が無くてスッキリした印象です。

前面窓は上部に向かって内側に傾斜しており、103系の高運転台車にも通じるところもありますね。103系高運転台の車が、もし黒一色の塗装で、黄色ヒゲがデザインされていたらEH10みたくなるのでしょうか?

EH10 24は、昭和30年(1955年)に三菱電機+新三菱重工で製造されてますが、銘板が規格統一される前に製造されているので、中ぶりの楕円形した1枚銘板が取り付けられてます。楕円型にスリーダイヤが配された三菱の銘板って格好良くないですか?私は楕円形の頃(戦前のEF10等を含め)の三菱銘板が大好きです。

牽かれているのは茶ワムです。茶ワムなぞ、昔は当たり前すぎて見向きもしなかったのですが…。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-27 08:50 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 EF60 16

地元西ノ宮~芦屋間です。

e0264203_0335029.jpg

(EF60 16 1979年頃 西ノ宮~芦屋間にて)

EF60と言えば、EF60 19が唯一の動態保存車として有名ですが、19号機と同じ二次量産車であるEF60 16です。
EF60 19も、近年前照灯がオリジナルの白熱1灯に戻されたようですが、やはりEF60やEF61は、大きな白熱1灯でないと似合いませんね。
1979年の車両配置表を見ると、16号機は当時岡山機関区に配置されていたようです。

何故、縦にして撮影したかは記憶に無いのですが、普通に横にして撮影してれば、特徴ある大型の明かり取り窓のスタイルを記録することが出来たのに…、今さら悔やんでも仕方ありませんが。

撮影した場所は、夙川の土手よりも西(=芦屋・神戸寄り)で、大手町女子大前の踏切より一つ芦屋寄りの徒歩や自転車だけが通れる小さな踏切で撮ってます。以前ご紹介したEF61 2を撮ったところと同じ踏切です。
周辺は、マンションやらに建て替わってますが、この踏切は依然徒歩と自転車でしか通れない踏切のまま、今でも存在します。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-07 00:51 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)