80年代 クハ155 19

豊橋駅で捉えた元修学旅行用車両のクハ155です。

e0264203_09020847.jpg
(クハ155 19 1982年4月1日 豊橋駅にて)

元々は、「ひので」「きぼう」の修学旅行用に作られた車両ですが、修学旅行が新幹線へシフトされていったことにより本来の用途を無くし、153系と混用出来るよう種々改造されて名古屋地区で使われていたものです。宮原区に居たものが、改造のうえ大垣区へ転籍となったようです。
先頭車ですが、編成の中間におりました。

左右の車両(153系)と比べ、乗降扉幅が狭いです。153系は1000㎜あるそうですが、特急車並みの700㎜しかないです。
屋根は全体にわたり低屋根構造で、ぺったんこな感じです。通風器は押込型ではなく、グローブ型です。グロベンとグロベンの間にお椀を伏せたようなものが見えますが、これは扇風機取付のための出っ張りです。

ちょっと見辛いのですが、153系なら運転台下部にあるスカートがクハ155にはありません。軽量化やコストカットではじめから無いそうです。

クハ155 19は、最終増備のグループだそうで、運転台上部にある最前部の通風器が押込型なのと、雨樋が乗務員扉上まで延長されているのが特徴だそうです。

155系は、結局冷房改造されることなく、撮影からしばらくして運用から外され、西小坂井駅での留置を経て解体されたそうです。


[PR]

by takurika54 | 2016-09-11 09:33 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 名鉄ク2860

豊橋駅から発車する名鉄ク2860です。

e0264203_16335209.jpg
(名鉄ク2860 1982年春 豊橋駅にて)

以前、相方のモ3860をご紹介しましたが、こちらは制御車のク2860です。
ホームが邪魔して足廻りは全く写っておらず、慌てて撮ったので流れたダメ画像で恐縮です。

相方のモ3860の画像は正面がちなのでサイドの様子が分かりませんが、この画像は車体半分ですがサイドの様子が分かります。
3850系は1951年に新造されたクロスシートのAL車だそうで、撮影時点で既に30年も使っていたのですね。

車体更新で、高運転台化され、ウィンドーシル・ヘッダーレスに改造されています。但し、制御車「ク」はヘッダーのみ撤去されたとのこと。
なるほど、ヘッダーは無いことが画像からも確認出来ますね。

窓枠はアルミサッシ化され、戸袋もHゴム化されています。窓の幅が大きいので、戸袋のHゴム窓も随分横長に見えます。

張り上げ屋根の車で、乗降扉と乗務員扉の上部にだけ雨樋が付いています。

向こうの新幹線ホームには0系が停車中です。
ホームには小学生や親子が居て、春先のポカポカ陽気が感じられます。


[PR]

by takurika54 | 2015-03-08 16:49 | 80年代 私鉄 | Comments(0)

80年代 名鉄モ3402

久しぶりに私鉄の画像をお送りしましょう。

e0264203_15484557.jpg

(名鉄モ3402 1982年春 豊橋駅にて)

通称「いもむし」と呼ばれた名鉄3400系で、3編成あったうちの3402編成です。
地元が関西なので、この車両のことを当時は知らなかったのですが、流電のようなスタイルで吊掛け式の車両だったので撮影したものと思います。

名鉄の車両は詳しくないので、いろいろと調べてみると、3400系は幾たびか改造が行われており、ご覧頂いている姿はジャンパ栓と非常ブレーキ管が取り付けられておらず、他AL車との併結が出来ない頃の姿です。
3402編成は1988年に廃車となったそうで、落成当初の塗装復元を纏うことは無かったそうです。

正面窓は連続3枚ガラス構造になり、前照灯も2灯シールドビーム化されて、オリジナル度は低いですが、第二次大戦前の流線型ブームを物語る姿でした。

ウィンドーシルはありますが、ノーヘッダーです。張り上げ屋根構造で、乗降扉と乗務員扉の上に水切りが付いてます。
正面鼻先部分には、行先表示のサボが入るハズですが、何故だかサボは刺さってません。豊橋駅発の列車として車庫から回送されてきたのでしょうか?

豊橋駅での名鉄車は、モ3860をご紹介してますので覗いてみて下さいね。

ブログ村の登録ジャンルが国鉄型と関西の2ツだけなので、関西のバナーを使用してます。悪しからず。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-10-12 17:18 | 80年代 私鉄 | Comments(2)

80年代 クハ153 76

早朝の豊橋駅です。

e0264203_9345443.jpg

(クハ153 76 1982年春 豊橋駅にて)

東京発大垣行きの夜行に乗って早朝豊橋駅に下り立ち、東海地区の在来各停運用に就こうとしている153系を撮影してます。手ブレしたダメ画像で恐縮です。

当時、関西地区では新快速ブルーライナー用の153系が引退し117系に置き換えられてましたので、低運転台のオリジナル前照灯の153系は貴重車種だったと思います。

愛称サボが入っているので急行運用?って思ってしまいましたが、裏返してあったのかただの白板でした。号車、行先サボも刺さっており、完全サボレスのブルーライナーとはだいぶ形相が違ってました。

貫通ホロ付きです。この地では頻繁に解結が行われていたのでしょう。

まだ暗いおかげで、車内の様子が良く分かります。乗務員扉と乗降扉の間には、こんな幅狭の窓があったのですね!しかも開閉出来るようです。

同じ日に豊橋駅で撮った高運転台で非冷房のクハ153をご紹介済みですので、こちらもご覧になって下さいね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-07-13 10:52 | 80年代 電車 | Comments(1)

80年代 キハ20 283

豊橋駅の二俣線のキハ20です。

e0264203_0242041.jpg

(キハ20 283 1982年春 豊橋駅にて)

以前ご紹介したキハ20 509と組み、2両編成になってました。
キハ20 509は前面補強されてましたが、この車は補強無しでオリジナルに近い形態をしてますが、首都圏色に塗られたうえ前照灯は2灯化されブタ鼻になってます。
前照灯右横のタイフォンは、スリット入りのカバーが欠損していてラッパがモロ見えになってます。

ドアは開いていて客扱いしているようですが、全く人気の無い感じで、乗客が居たのかどうかも今となっては分かりません。

いずれご紹介する予定ですが、加古川線で見た首都圏色のキハ20は、前照灯やタイフォンがあるおでこの方まで朱色が塗られていて印象が違います。この車は前照灯下のところで、朱色とグレーに塗り分けられており、屋根との塗り分け位置はこの車の方が正しいようです。
検査受け持ち工場によって差が生じるようです。尚、この車は名古屋車で全検受けていたようです。キハ20 509の検査標記を見て頂ければ、名古屋車とあります。

加古川線の車は、隙間風を防ぐために、通気口にガムテープ貼りして醜い姿をさらしていましたが、二俣線の車はガムテープ貼りは無くて、好ましい姿です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-16 00:40 | 80年代 気動車 | Comments(4)

80年代 クハ164 8

豊橋駅です。

e0264203_10123588.jpg

(クハ164 8 1982年春 豊橋駅にて)

以前、豊橋駅で撮影したクハ153 515をご覧頂きましたが、今回も同じ日に撮影した153系をご覧頂きましょう。と言いたいところですが、実は見た目は153系ですが、車番をご覧の通り165系に属した車です。

クハ164は、165系の制御車不足を解消するためクハ153の低運転台車から8両だけ改造された希少車だそうで、165系ながら正面の塗り分けが153系のままの異端車です。正面にまで緑色が塗られなかったのは何故??台車は、165系スタンダードのTR69では無く、TR59を履いているところからも153系で誕生したことがうかがえます。
1979年の配置表では、クハ164は5~8の4両が大垣区に配置されてました。この車は貫通ホロがついたままで、東海地区では解結が頻繁に行われていたのでしょうね。

撮影した1982年だと、関西地区の新快速は117系に置き換えられた後でしたので、懐かしさで153系を撮影したものと思います。153系オリジナル塗装の低運転台車は、やはり格好いいですよね。スマートさは無いけど武骨で、武骨なのに正面はオレンジ一色で、みかんではなくてデコポン的な感じです。

画面右側の向こうの方には、タキ35000らしきタンク車が映ってます。社紋板が富士山を模したデザインなので、昭和石油の車だったようです。昭和石油は昭和60年にシェル石油と合併したので、今では見られない社紋です。今だったら、こっちのタンク車も撮影しているところですが、当時はタンク車に興味が無かったもので…トホホです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-12-01 12:12 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 名鉄モ3860

豊橋駅です。

e0264203_7295225.jpg

(名鉄モ3860 1982年春 豊橋駅にて)

飯田線を二度目の訪問をした時に、豊橋駅にて捉えたものです。
関西が地元でしたので名鉄のことは全く詳しく無いので、Wikipediaやら名鉄の車両を紹介されている方のHPやらで調べてみました。

モ3860は3850系の電動車だそうで、張り上げ屋根が特徴です。運転台窓がやけに高い位置にあるなと思っていたら、車体更新の際に高運転台に改造されたそうです。更新の際には、ウインドシル・ヘッダーも撤去されたそうで、吊掛け車らしいスタイルは崩れています。
前照灯は、2灯シールドビーム化されてますが砲弾型です。尾灯は引っ掛け式のような形をしていて好ましいです(ちゃんと車体に取り付いていて引っ掛け式ではありませんよ)。
3850系の台車や機器類の一部は、昨年大手私鉄最後の吊掛け車として惜しまれつつ廃車となった6750系に転用されたそうで、私が名古屋で単身赴任していた時に、JR大曽根駅で列車待ちをしている横で6750系が唸りを上げて加速したのを聞いて、非常に懐かしかったことを思い出しました。

国府(こう)行きの急行運用で、2両編成になってます。相方の制御車はク2860です。

向こうのホームには、飯田線の80系が停車中です。
ホーム屋根の支柱は廃線路を流用してますね。どの支柱にも灰皿が取り付けられており、昔は分煙なんか全く気にもならなかったです。ホームはキレイに掃かれておりゴミひとつ落ちてませんね、清々しいです。



ブログ村の登録ジャンルが国鉄型と関西の2ツだけなので、名鉄ながら関西のバナーを使用してます、悪しからず。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-11-23 07:56 | 80年代 私鉄 | Comments(2)

80年代 キハ20 509

遠く離れて豊橋駅です。

e0264203_1831403.jpg

(キハ20 509 1982年春 豊橋駅にて)

飯田線走破した時に、早朝から夕方まで豊橋駅に居て、二俣線の気動車を撮ったものです。

二俣線は豊橋から東京へ2つ先の新所原発着が起点ですが、当時の時刻表を見ると、豊橋発着も日に4.5往復あったようです。真昼間発は12:36発640Dだけですので、恐らくこれだと思われます。
一番新幹線寄り(=南側・海側)に、短いホームがあり、2両編成がポツンと寂しく停車してました。

キハ20 509は、既に首都圏色に塗り替えられており、前面は補強板が取り付けられており武骨な印象です。
前照灯はブタ鼻(=2灯シールドビーム)化されており、前照灯の右側のタイフォンはスリットが見えず埋められているような感じです。
二俣線は解結して2両・4両編成になっていたのでしょうか?貫通ホロが取り付けられてます。
が、加古川線や山陰線ローカル、大阪拠点の山陰急行のキハ28系に取り付けられていたホロと形状が違うように思われます。関西で見掛けたキハのホロは、ホロ上部に2つ耳のような突起がありましたが、キハ20 509には見当たりません。念のため、キハ20 509と一緒につながれたもう1両のキハ20の画像も見ましたが、やはり耳無しのホロでした。
エコーモデルの貫通ホロ(気動車用):品番1666 は2つ耳ありなので、一般気動車用は2つ耳がスタンダードのようですが…、真相はいかに??

車体左下の床下には、便所の流し管がチラリと見えてますが、分かりますか?黒く細長い箱のようなものがそれです。車掌側のすぐ横にあったのです。両運転台車で便所付きとすると、どうしてもこのような処理になっちゃうのでしょうね。車両のど真ん中にはさすがに便所は付けれないのでしょうな。

にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-30 19:01 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 クハ153 515

80年代のブログを始めてから、当時のダイヤがどうなっていたのかが気になって、先日ポポンデッタで81年の時刻表を買ってきました。これは結構面白い!新しい発見です。

中学3年の時に、飯田線まで遠征した時に豊橋駅で撮影したものです。

e0264203_0115167.jpg

(クハ153 515 1982年春 豊橋駅にて)

編成中間に挟まれた車ですが、何故撮ったか?と言えば、非冷房車だったからです。
関西では、少し前まで新快速で153系が活躍していたので、153系はお馴染みだったのですが、新快速は全車冷房化されていたので、非常に珍しく感じたものです。
しかも、ヘッドライトがシールドビーム化され、全面も板の補強がされているようで、近代化改造されていながらも肝心の冷房化がされていないと言う、非常にアンバランスな車だと記憶しています。

扉斜め上のサボが懐かしいですね。どうやら浜松か静岡あたりから大垣へ行く編成だったようです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-06-30 00:20 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 金沢局福井区のお座敷列車

中学2年の春休みに飯田線全線乗車した際の豊橋駅です。

e0264203_14443844.jpg

(スロ81 1981年春 豊橋駅にて)

この時は、豊橋から辰野まで飯田線全線を各停を乗り継いで走破し、中央東線で一旦新宿に出て、東京から大垣行きの夜行に乗って再び豊橋に下り立った時の画像です。

お目当ては、もちろん飯田線の旧型国電ですが、EF58も狙っていて、このお座敷列車はEF58 111に牽引されて名古屋方面から豊橋にやってきました。

長い間、どこのスロ81か分かりませんでしたが、今回ネガスキャンして画像拡大したところ、手前のスロ81のサボが「加賀」と読めたので、金沢区福井区のお座敷列車と判明した次第です。
(急行越前さまのご指摘により修正しました)
「加賀」はスロ81 2102、真ん中の車両は「越前」=スロ81 2101、最後尾は「若狭」=スロフ81 2101だそうです。

お座敷列車は団体専用でしたので、一般客は乗車出来ず、この手の車両は一度も乗ったことがありません。畳敷きにゆうゆうとくつろいで旅が出来るなんて最高ですね。でも、酒を飲んじゃうと振動や揺れで酔いが早く廻るのかも??

グリーン車は、後に黄緑色ラインの標記を省略するようになったので、黄緑色に塗られたままの車両は美しいですねぇ。

スロ最後尾の先、高架橋の先にDE10らしき車輛と165系が小さく映ってますが、あの辺りが豊橋機関区になります。



スキャンの際に、トリミングした画像もどうぞ。もう少し拡大されて見易くなってます。

e0264203_14561319.jpg

[PR]

by takurika54 | 2012-05-26 15:02 | 80年代 客車 | Comments(3)