タグ:荷物列車 ( 33 ) タグの人気記事

80年代 飯田線 クモニ13 026

飯田線特集パート1第12弾です。

e0264203_8373790.jpg

(クモニ13 026 1980年夏 辰野駅にて)

以前、辰野駅に停車中のクモニ83 103をご紹介済みですが、その時の相棒がクモニ13 026です。

行き止まりの辰野駅1番線に停車しています。
73系のような顔立ちで、いわゆる食パンです。スカ色なので、御殿場線で活躍した車両のように見えませんか?
当時の伊那松島機関区の車は、クモエ21 009を除けば漏れなく運転席側の窓がHゴム化されてましたが、豊橋機関区に所属のこの車はHゴム化されずオリジナルを保っていました。

クモニ13は、豊橋機関区に025と026の2輌配されてましたが、正面から撮ったのではどちらか分かりません。どうやって識別したかですが、助手席側の窓下に、サボ掛けのようなフックが3ツ付いており、025にはこれがありません。このサボ掛けですが、首都圏で運用された車には「荷物電車」と書かれたサボを掛けていたので、026は首都圏から流れてきたのでしょうか?

右隣りの2番線には、乗車してきた4輌編成の上諏訪行きが乗降扱い中で、多くの方が下車されてます。大きな荷物や紙袋を沢山持っている方が居られ、旅行や帰省するところなのでしょうね。

左隣りは貨物ホームがあり、茶ワムが荷役中です。貨物ホームには、穀物か肥料か分かりませんが、茶袋が積まれています。更に、向こうの方にも茶ワムが見えてます。中央本線は新線が出来て、辰野駅はスキップされてしまいましたが、当時は中央本線との乗り換え駅で交通の要所でした。なので、取扱貨物量もそれなりにあったのでしょうね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-10 09:32 | 80年代 飯田線 | Comments(2)

80年代 DD51 6

場所の記憶も記録も無く特定出来ないのですが、竜華機関区をまたぐ跨線橋上だった気がします。

e0264203_872298.jpg

(DD51 6 1980年頃 久宝寺近くか?)

阪和線に残るEF15見たさに友達と遠征した時の画像です。(その時撮影したEF15 181の記事はこちら)
跨線橋を渡っている時にやってきたDD51ですが、初期車だったので撮影したものですが、流れてしまったうえ架線が思いっきり被ってしまったダメダメ画像で恐縮です。

正面の白帯が、車番にかからずに直線処理されている最初期車で、5~19号機までの先行量産車のうちの1台です。当時、吹田第一区には5~12号機と17~19号機が配され、直線処理の白線車が沢山居ました。重連総括制御が具備されていない車ゆえ、スカート廻りは非常にスッキリしており、おまけに暖地型でスノープローも無いので、同じDD51とは思えないような容姿です。
KATO(16番)の暖地型DD51をベースに改造して、吹一の最初期車を作ろうと思って早や10年近く経ってしまってます。構想ばかりで行動が伴わない…。

正面窓はオリジナルの白Hゴムです。今生き残っているDD51は黒Hゴム車ばかりですので、この辺の印象も違いますね。私はやはり白Hゴムの方が似合っていると思ってます。

DD51 6の次位は、ワム60000でしょうか?屋根にリブが無く、妻面はプレス処理されてます。その次は茶ワムことワム80000ですね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-02 08:31 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 EF58 25

こないだの土日はPC不調で修理に出していたので1週飛んでしまいました。
今回は実家の地元の西宮です。

e0264203_1372291.jpg

(EF58 25 1979年頃 現在のさくら夙川駅付近にて)

ネガ紛失でプリントをスキャンしたので画像が粗くて恐縮です。
H25年謹賀新年の画像はD51 25としましたが、実はこのEF58も25号機なので、こちらも候補でした。

夙川の土手で荷物列車を捉えてます。
初めて自分のカメラを買い与えてもらい、ほぼファーストショットに近い頃に撮影してます。
EF58 25は、浜松区配属で、EF13へ車体を移設した初期の車です。初期の車にはスノープロウ取付座が無く、連結器下がスカスカで、先台車車輪が丸見えになってます。

浜松区は初期製造車も多く配属されていたのですが、正面窓がHゴム化されたうえ、飾り帯が磨かれておらず、汚らしい姿をしていました。米原区や宮原区のEF58はキレいに整備されてましたが、それと比べると雲泥の差でした。

以前ご紹介したEF58 160と同じような車両を牽引しています。EF58 25の次位はワキ8000、その次はマニ44でしょうか?


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-01-12 13:28 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 飯田線 クモニ83 103

飯田線特集パート1第6弾です。

e0264203_2317668.jpg

(クモニ83 103 1980年夏 辰野駅にて)

以前、飯田線にはクモニ83+クモニ13の荷物だけの運用があることをご紹介済みですが、1980年夏に初めて飯田線を訪れた時にも辰野駅で撮影してました。行きどまりの1番線に停車中です。

正面からでは車番が分かりませんが、いろいろな方が飯田線を撮影されてHPやブログで画像をUPされてますので、何度も見比べて次回全検日付からクモニ83 103と判別した次第です。

クモニ83 103の後ろにはクモニ13が写っていて、荷電の2両編成だことが分かります。
車掌(?)らしき乗務員が写ってますが、既に荷卸しは終わっていたのでしょうか?荷物や台車や手押し車は見当たりません。

クモニ83 103の隣りにはもう1線あり、こちらは貨物ホーム側の線です。貨物ホームには日通のオレンジ色のトラックが2車横付けされています。左側の10t級のトラックはボンネットタイプの日野の車です。
日通のトラックの向こう側には更に貨物線があり、黒ワム(ワラ?)とトラ70000が居るのが見えます。

この日、クモニ13側からも写真撮っており、貨物ホームに集積された積荷等を見ることが出来ますので、こちらは後日ご紹介しますね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-12-23 23:38 | 80年代 飯田線 | Comments(0)

80年代 EF58 160

実家近くのさくら夙川付近です。

e0264203_8255286.jpg

(EF58 160 1980年頃 芦屋~西ノ宮間 現在のさくら夙川付近にて)

以前、同じ場所から撮影したEF58 78をご覧頂きましたが、今回は160号機をご覧頂きます。

EF58 160は浜松区配置で、東海道・山陽筋では比較的良く見掛けた号機です。当時、浜松区には155号機から167号機まで連番で集中配置されており、浜松区のEF58はもれなく正面窓がHゴム化されていて、いつもガッカリさせられてました。160号機は三菱電機・新三菱重工製で、のちに平成まで生き延びてイベント列車に引っ張りだこになる157号機と同メーカの同ロットです。ですが、当時は数あるEF58の中で、浜松区の155~167が来ると一番がっかりしてました。今からすると贅沢な悩みですよね。

牽引されている車ですが、EF58の次位はワキ8000のようです。〒マークが無いのと台車がTR223のように見えるのでワキ8000と判断しました。その次は青い車体なのでマニ44だと思います。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-11-25 08:45 | 80年代 EF58 | Comments(4)

80年代 EF58 163

大阪駅です。

e0264203_8344244.jpg

(EF58 163 1981年春頃 大阪駅にて)

大阪駅10番線に停車中のEF58 163です。停車番線と時間から見て、東小倉発青森行きの急行荷レ(2030レ)と思われます。

EF58 163は浜松区配属ですが、以前にも書いた通り浜松区のEF58はヒゲが磨かれておらず錆びの浮いた車が多かったです。この車も錆びてます。せっかくのメッキ仕上げが台無しです。
車体の方も、少し青色が色褪せており、くたびれた感があります。

EF58に牽引されているのは、マニ37かと思われます。キャンバス押さえが無いので鋼板屋根の車ですね。マニ37の次位はワキ8000でしょうか?スニ40かもしれません。
(画像上をクリックすると別画面でオリジナルサイズの画面が表示され、切れている右側も見れます)

時期は春まだ浅く、SGを使用中です。EF58の屋根とマニ37の後部側から蒸気が漏れてます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-15 09:38 | 80年代 EF58 | Comments(4)

80年代 EF58 96

大阪駅に停車中のEF58 96です。

e0264203_655925.jpg

(EF58 96 1980年頃 大阪駅にて)

SGの蒸気が上がっていないので、冬場ではなさそうです。
前面の足掛けステップが真ん中で切欠きになっており、ヘッドマーク掛けは少し下側に取り付けられてます。米原機関区のEF58は、飾り帯(ヒゲ)がキレイに磨かれている車が多く、この車も側面に少し錆びが浮いてますが、さすが前面はキレイに磨かれてます。
パンタはPS15に換装されてますが、原形小窓が凛々しいです。ワイパーも原形です。
画像では見辛いのですが、製造者銘板は四角形に統一規格前だったので、三菱の銘板は楕円をしています。

EF58 96の次位は郵便車が連結されていますが、オユ14でしょうか?
クーラー4基搭載と窓配置からオユ14と判断しましたが、間違ってたらご指摘下さい。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-08-04 07:16 | 80年代 EF58 | Comments(4)

80年代 キユニ28

京都駅です。

e0264203_22344158.jpg

(キユニ28 1979年晩秋? 京都駅にて)

京都駅のネガは紛失のため、プリントしたものをスキャンしており画像が粗くて恐縮です。
→少しでも見易いように解像度を上げてUPし直しました。(2012/9/15)

何故、この車を撮ったか思い出せないのですが、普段西ノ宮や大阪では見れない車輛だったからでしょうか?
キユニ28は、当時余剰状態にあったキロ28を1978年に国鉄の各工場で改造したもので、キユニ28 1~6は赤・クリームの2色塗りで登場、7~28は画像のように首都圏色(いわゆるタラコ)で登場したようです。
新製配置を見ると、福トヨ(豊岡機関区)所属の9か15か16ということになりそうです。新製から1年経過していないハズで、車体はピカピカです。

丁度、京都駅に到着して、荷物室からの荷卸し作業をしようとしているところです。手前の郵便の扉の前には誰も居ません。荷が無いってことは無かったと思うのですが…。

前回京都駅で撮影した画像(EF58 165)をご覧頂いた際、撮影年を1981年としていたのですが、隣りに映る草津線のオハ41の廃車時期から勘案して、もう少し前ではないか?と急行越前さまよりご指摘を頂きました。
キユニ28 6が79年3月、15が79年10月、16が80年1月新製配置で、オハ41は1979年度中(~1980年3月31日)に廃車となっています。私が京都駅を訪れたのは中学1年生になってしばらくしてからで、乗客の服装がジャケットやセーター姿であるので真冬では無く、1979年晩秋頃が一番堅そうです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-07-29 11:50 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 EF61 2

また実家地元ネタに戻ります。EF61 2が牽引する荷物列車です。

e0264203_22385976.jpg

(EF61 2 1979年頃 西ノ宮~芦屋間にて)

これまたカラーネガを紛失していて、プリントをスキャンしたので粗い画像で恐縮です。
→少しでも見易くするため解像度を上げてスキャンし直しました。(2012/9/15)

荷物列車と言えども、EF61自体も全体が撮れていない画像なので、果たして荷物列車かどうか確証は無いのですが、広島機関区の車であり、まず荷物列車を牽引していたものと思われます。

前照灯は、シールドビームや2灯化されずオリジナルを保っていて格好良いですね。
EF60やEF65の一般型と違い、EF61にはちゃんとヘッドマーク掛けがあります。尾灯掛け(?)は、妙に長くないですかぁ?EF61は皆こんなだったのでしょうか?

連結器解放テコですが、よぉく見ると画像左側にシリンダーのようなものがあります。かつてのセノハチのように、走行中に運転席からテコ解放出来るようにしてあるものなのでしょう。

すごい局部的なフェチですが、EF61は運転席部の側窓の固定側の窓下部が、斜めカット処理されていて、この辺が何とも優美な感じがします。
また、車体側面フィルタ上の明かり取り窓もHゴム固定でなくて、この辺も古き良き時代を感じます。
[PR]

by takurika54 | 2012-05-18 23:48 | 80年代 電気機関車 | Comments(2)

80年代 荷電クモニ83(飯田線)

普段、こちらのブログは土日祝を中心に更新しているので、今日は更新しない日なのですが、急行越前さまのブログ記事に触発されてUPします。

突然、場所が飛びますが、飯田線のクモニ83です。

e0264203_22431681.jpg

(クモニ83 102 1982年春 伊那松島駅にて)

飯田線で、クモニ83とクモニ13の2輌編成の荷物だけのスジです。
一般の客扱いの編成に、クハユニ56と一緒にクモニがぶら下がっているスジも多く見られましたが、クモニ83+クモニ13の荷電も見ることが出来ました。
中央高速道は、飯田の南端から伊那谷から逸れて恵那山トンネルを経て中津川方面へ抜けてしまい、天竜峡から豊橋方面への道路アクセスが急に悪くなるので、飯田線が頼りだったのかも知れません。

荷電は、豊橋方面から伊那松島駅に入線するところです。正面から見ると車番が分からないのですが、全検日付や個体差をつぶさに見比べた結果、どうやらクモニ83 102と判明した次第です。
本線左側には、黒いワラ車が留置されてます。
荷電が完全に被ってますが、荷電の向こう側には伊那松島機関区があり、旧型国電やED62のねぐらになってます。
[PR]

by takurika54 | 2012-04-26 22:59 | 80年代 旧型国電 | Comments(3)