平成の画像 奈良線の103系

6月10日~11日とで大学のサークルのOB会が滋賀であり、その帰りがけに京都駅で奈良線の103系を見てきました。

e0264203_11353264.jpg
(クハ103 184 2017年6月11日 京都駅にて)

e0264203_11351109.jpg
(クハ103 185 撮影日撮影場所同じ)

e0264203_11363762.jpg
(クハ103 226 撮影日撮影場所同じ)

e0264203_11372337.jpg
(クハ103 263 撮影日撮影場所同じ)

僅か15分ほどの滞在でしたので、残念ながら1灯をシールドビーム化した車両には出会えませんでしたが、2灯シールドビーム車を3編成見ることが出来ました。

戸袋窓が埋められ、Hゴム部は金属枠となり、小振りはスカートをはいていますが、103系の特徴を色濃く残しています。
既に製造から40年ほど経過していますが、関西の国電は延命工事をして長く使用していますね。

再掲ですが、カラーは違いますが、80年代に撮影した大阪環状線の2灯シールドビーム車の画像もどうぞ。

e0264203_11530553.jpg
(クハ103 20@ 1980年頃 弁天町駅?(再掲))

見た目の印象は余り変わりませんね、中々うまい延命工事の仕方だと思います。


[PR]

by takurika54 | 2017-06-17 11:59 | 80年代 電車 | Comments(0)

平成の画像 運用離脱した低運転台のクハ103 116

3月12日(日)に実家へ帰省してオカンの様子を見に行った際に、阪和線/鳳派出所のまわりをウロウロしてきました。

e0264203_23180594.jpg
(クハ103 116 2017年3月12日 鳳派出所にて)

既に運用離脱していたのは他ブログ等で知ってましたが、鳳に居るかどうかは不明のまま行ったのですが、無事に出会うことができました。

前照灯は、元々は大型の1灯だったのですが、後の改造でブタ鼻2灯化されています。
前面窓や方向幕窓も金属枠になっていて、スカートが後付けされていますが、103系の特徴を色濃く残しています。

天王寺側の先頭車はクハ103 115です。

e0264203_23375360.jpg
(クハ103 115 2017年3月12日 鳳派出所にて)

線路端のフェンスからレンズを突っ込んで撮ったのですが、障害物があってダメ画像で恐縮です。
この位置から見ると、戸袋窓が埋められている様子が分かります。

庫の中には、羽衣支線用のクハ103 200が居ました。

e0264203_23133378.jpg
(クハ103 200 2017年3月12日 鳳派出所にて)

こちらも低運転台ですが、200番台は前照灯が元からブタ鼻2灯になっています。

いずれの車もグロベン搭載で、好ましいです。


80年代の写真で、スカイブルーの103系を撮ったものは無いのですが、153系新快速の隣線で写り込んでる画像を再掲ですがどうぞ。

e0264203_23205374.jpg
(東海道、山陽本線の緩急用103系 1979年晩秋 京都駅にて(再掲))

見えている編成は手前も向こう側も非冷房車ですね。


[PR]

by takurika54 | 2017-04-02 23:52 | 80年代 電車 | Comments(4)

平成の画像 東急デハ80形 デハ86 その2

世田谷線デハ86のアップ画像です。

e0264203_21312795.jpg
(東急デハ80形 デハ86 平成10年/1998年頃? 東急世田谷線宮の坂駅にて)

宮の坂駅に到着して客扱い中です。

丁度、男性が乗り込もうとしていますが、ステップは2段ありますね。今時の車は低床車やノンステップ車がほとんどなので、この段差は大変ですね。

アンチクライマーは車幅全体にわたってますが、前照灯と尾灯の下のところには足を掛ける小さなステップがアンチクライマーに直付けされています。

この日は陽気がよかったのでしょう、ワイパーの無い前面窓とコーナーの窓は開けっ放しになっています。

デハ86のその1の記事はこちらです。


[PR]

by takurika54 | 2017-03-05 21:44 | その他 | Comments(0)

平成の画像 終焉間近 愛知機関区の原色DD51 853

たまには最近の鉄活動の報告でも致しましょう。
2月10日(金)は会社を休んで、10日~11日と嫁と娘に付き合って名古屋へ行ってきました。折角名古屋へ行ったのだから、早朝に稲沢にある愛知機関区を覗いてきました。

e0264203_01002230.jpg
(DD51 853 2017年2月11日 愛知機関区にて)

あいにくの雪模様でしたが、原色の853号機を見ることが出来ました!
稲沢駅横の休車を留置させるところにはおらず、県道の跨線橋から見れる位置に停車しており、しばしの間ご対面することが出来ました。

残念ながらアイドリング音を聞くことは叶いませんでしたが、何の下調べもせずに会えたので、それだけで感動もんでした。

途中、雪が激しく降ってきたので引き上げましたが、何時間でも眺めていたいところでした。

e0264203_00575178.jpg
(DD51 853 撮影日と場所は同じ)

この日の朝、確認出来たのは、853号機のほかは次の通りです。庫内にいた車は車番確認出来ずです。
DD51 889
DD51 890
DD51 1156
DD51 1804
愛知機関区には17両在籍とのことで、他12両は四日市方面で活躍中だったのでしょう。


[PR]

by takurika54 | 2017-02-23 01:19 | その他 | Comments(0)

平成の画像 東急デハ80形 デハ86

先日のデハ72に続いて世田谷線のデハ86をご覧頂きましょう。

e0264203_16242423.jpg
(東急デハ80形 デハ86 平成10年/1998年頃? 東急世田谷線宮の坂駅にて)

三軒茶屋行きのデハ86が、宮の坂駅に進入するところです。

前面窓の上部の角はRが付いていて、デハ70形よりかはちょっと洒落た感じがします。

前照灯はシールドビーム化されて窓下にあり、更に大きなジャンパ栓があって結構武骨な印象です。
前照灯下部には全面全体に渡り、アンチクライマーが取り付けられていて、デハ70形とは明らかに違う顔付きになっています。

沿道の木々や雑草は緑を付けていながら、踏切待ちの人も乗車している人もジャンバーやセーターを着ているので、恐らく10月か11月頃の撮影かと思いますが、この日はぽかぽか陽気だったのか前面のサイドの窓は全開となっています。


[PR]

by takurika54 | 2017-01-22 17:32 | その他 | Comments(0)

平成の画像 東急デハ70形 デハ72

ネタが切れつつあるので平成になってからの画像もご紹介しましょう。
既に鬼籍入りした東急世田谷線の旧型車両です。

e0264203_20405182.jpg
(東急デハ70形 デハ72 平成10年/1998年頃? 東急世田谷線宮の坂駅にて)

子供らがまだ保育園に通っていた頃、宮の坂の区民センターにある江ノ電から戻ってきたデハ87を見に行った時に、ついでに撮影したものです。

戦中製の車ですが、車体更新され張り上げ屋根になり、更に前照灯は屋根上からボディに埋め込まれシールドビーム化されていて、かなり近代化された印象です。
排障器があってチンチン電車然としていますが、全線専用軌道を走っており、吊掛けモータをそれなりに唸らせて走っていました。

今は、300系に置き換えられて保存車も無いのですが、一部の機器は300系に流用されているんだそうです。


[PR]

by takurika54 | 2016-12-25 21:08 | その他 | Comments(2)