「ほっ」と。キャンペーン

80年代 EF58 138

大阪駅です。

e0264203_22061671.jpg
(EF58 138 1981年8月9日 大阪駅にて)

12系客車(と思います)を従えて、大阪駅の11番ホームに停車中のEF58 138です。

原形小窓に、原形の腕折れ型ワイパーを装着した車です。
EF58 138は、のちにシールドビーム2灯化されてますが、前照灯も原形のままで、美しいスタイルを保持しています。
パンタグラフは新製時よりPS15を装着しています。
ヘッドマーク掛けは、足掛け部を切欠きにして取り付けられています。

EF58は、この位置から撮影すると、つかみ棒が尾灯に被ることがあり、撮影する角度が難しい車でした。
この画像も残念ながら被ってしまってます。

画像を拡大してホーム上の客の姿を見てみると、もしかすると甲子園の応援からの戻りの団体客のようです。
上下白い服装や、白い野球帽をかぶっている人達が見えています。応援用具のような大きな手荷物もありそうです。
東海や北陸方面の高校の応援だったのでしょうか?


[PR]

by takurika54 | 2016-10-30 22:28 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 148

豊橋駅の7番線に入線するEF58 148です。

e0264203_14575839.jpg
(EF58 148 1982年春 豊橋駅にて)

東京機関区のカマで、当時住んでいた関西にはほぼ縁の無いカマでした。
12系客車を6両牽引していました、恐らく団臨だったと思います。

正面窓は白Hゴム化され、ワイパーもWP50に換装されていますが、エアフィルターはビニロック化されずオリジナルのままです。
何でも東京区のカマは、冬場の上越方面への貸し出しを想定して、ビニロック化されなかったのだとか。
日陰で位置的にも見辛いのですが、エアフィルターは縦筋が入ったように見えませんか?

撮影した6番線ホームには、間もなく荷物列車が到着するのでしょうか?新聞らしきものがビニールに梱包されて置かれています。昼の時間帯なので夕刊でしょうね。


[PR]

by takurika54 | 2015-08-01 15:29 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 127

年末年始は帰省と旅行に出掛けていたのでブログUP出来ませんでした。
で、改めまして鮮度落ちですが、新年あけましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願い致します。

平成27年なので、27にまつわる車番を探しましたが残念ながらありませんでした。少々無理矢理こじつけですが、EF58 127をご紹介します。

e0264203_21532446.jpg

(EF58 127 1981年夏頃 大阪駅にて)

12系客車を牽引しての入線です。団臨っぽいのですが、画面を拡大してみると指定席か急行か愛称かのサボが刺さっているようにも見えますので、臨時急行かも知れません。
背景から見て、京都方面から大阪駅へ来たようです。

EF58 127は宮原区の車で、側面のナンバーがプレート式の最後の車です。

踏み板は真ん中で切欠いてヘッドマーク掛けが取り付けられています。

これから夏休みの家族旅行でしょうか?盆休みの帰省でしょうか?家族一家が列車の到着を待っています。


[PR]

by takurika54 | 2015-01-11 22:25 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 171

大阪駅です。

e0264203_09065411.jpg

(EF58 171 1981年春頃? 大阪駅にて)

私が撮影したEF58のなかの最若番です。171号機は昭和33年製でして、撮影当時で既に20年以上活躍していました。
位置からして4番線に停車中のようです。向こうのホームの時計は6:50を差しています。時間的に急行ちくま52号かも知れませんが、入線番線が違うから団臨かなぁ?でも、愛称板が刺さっているようにも見えるし…??取り敢えずカテゴリーは団臨にしておきます。

171号機は、腕折り型のワイパーと、正面窓と側面中央窓がHゴム支持で新製されているのが特徴です。尾灯は外嵌め式です。

ホームには赤い台車が横にしてたくさん置かれています。郵便物を載せて何台も連結してターレットに牽かれて移動します。古き良き昭和の光景です。


[PR]

by takurika54 | 2014-12-13 09:34 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 111

福井区のお座敷列車を牽引して豊橋駅に入線するEF58 111です。

e0264203_23501806.jpg

(EF58 111 1982年春 豊橋駅にて)

EF58 111は米原機関区の車で、111~113と連番で配置されていました。
EF58 112や113は、米原区の特徴であるワイパーカバーが装着されていましたが、このEF58 111はワイパーカバーはありません。

正面窓はHゴム化されることなく原形小窓を維持していて格好良いです。

当時は、お座敷列車や団臨が多く走っていて、東海道筋や山陽筋その牽引機にEF58が起用されることが多かったように思います。

そういえば、以前大阪駅でキハ58系と並ぶEF58 111をご紹介してましたね、こちらもご覧になってみて下さい。

画像で見えている背景は名古屋方面で、右手後方には豊橋機関区に留置されている車両がチラリと見えています。
湘南色で飯田線の急行運用に就いていた165系や構内入換用のDE10が見えています。

さて、牽引してきた福井区のお座敷列車ですが、外観上はスロフ62そのものでしてグリーン車の黄緑色の帯をそのまままとっています。
お座敷列車の画像は別で記事をアップ済みですので、こちらをご覧下さい。


[PR]

by takurika54 | 2014-10-13 00:09 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 スロフ81 2113

東京駅です。

e0264203_00131156.jpg

(スロフ81 2113 1982年春 東京駅にて)

ピントが甘いうえ手ブレしたダメ画像で恐縮です。

飯田線全線通し乗りした際に、辰野から新宿経由東京駅へ行き、東京から大垣行きの夜行各停に乗って豊橋へ向かいましたが、東京駅にお座敷列車が停車していました。

車番は記録していなかったのですが、白線2本で「柴又」とあるので、東京南管理局のお座敷列車、いわゆる「シナ座」です。
「柴又」はスロフ81 2113となります。

白い窓は洗面所、その左横にはグリーン車のマーク、その隣りは車掌室でしょうか?音響設備らしき機器が見えています。
客窓は障子がはめられています。ガラス窓には紙が貼られていますが、赤と青の矢印マークとなってますので「日本旅行」の社章ですね。
日本旅行が企画したツアーなのでしょうね、お座敷列車を貸し切って温泉地や観光地を巡ったものと思います。

屋根上には角ばったAU13型クーラーが見えています。この武骨なクーラーも格好良いですよね。

だいぶ前に金沢局福井区のお座敷列車をご紹介していますので、こちらも見てみて下さいね。


[PR]

by takurika54 | 2014-08-31 01:17 | 80年代 客車 | Comments(0)

80年代 EF58 146

大阪駅1番線です。

e0264203_22250349.jpg

(EF58 146 1981年夏頃 大阪駅にて)

大阪環状線ホームの隣りの1番線に停車中のEF58 146です。

平行棒歩行しているお兄さんが邪魔だったのですが、どいてくれとは言えず映り込んでしまいました。

と言うのも、EF58 146は東海道筋には珍しくエアフィルタがビニロックフィルタに改造されず原形を保っており、細かい縦桟の形状です。
が、お兄さんが平行棒よろしく行ったり来たりしたものですから、こんな写真になっちゃいました。
原形なのはフィルタだけで無く、正面小窓、ワイパー、乗務員扉も原形です。

牽引している車両は不明ですが、下りのレギュラーの列車は3番線か4番線に停車するので、恐らくは団臨あたりだと思います。

隣りに入線してきた環状線は103系、非冷房車で窓枠の縁取りにRの付いた初期の車ですね。関西では体質改善されて未だに103系が現役ですが、戸袋窓が埋められたり窓にはサッシ枠になったりと、大きく原形を崩しています。EF58も103系も原形っていいですよね。


[PR]

by takurika54 | 2014-06-15 10:00 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 115

GW中は旅行に出掛けていて、UPはGW最終日となってしまいました。
実家の地元の西宮の画像です。

e0264203_08251969.jpg
(EF58 115 1980年頃 西ノ宮~芦屋間にて)

大阪方面から神戸方面へ向かう下りの団臨列車を牽引して、夙川を渡って大手前大学の手前のカーブに差し掛かったところです。

遠くて少し流れた画像ですが、EF15&EF58を主に扱っておられるこちらのHPの掲示板から問い合わせして、形態の特徴から115号機ではないか?とのことで115号機としてご紹介します。
PS15、WP50、P形改造、ヘッドマーク取付座…等で識別されたそうですが、80年代の車両は個体差が結構あって、車番が分からなくとも特徴から車番割り出し出来るところが宝探し的で面白いところです。

12系客車を6両牽引して軽やかに通り過ぎてゆきましたが、当時はEF58の牽く団臨をよく見掛けたものです。


[PR]

by takurika54 | 2014-05-06 08:50 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 36 その6

大阪駅で撮ったEF58 36の画像第6弾です。一応これで終わりです。

e0264203_10403926.jpg

(EF58 36 1981年春 大阪駅にて)

客車と連結している側の運転席窓から、ファインダーを覗かずに手を伸ばして発光させて撮ってます。幸い、手ブレすることなく何とか運転席を撮ることが出来ました。

真ん中で白く光って(?)いるのが、運行票挿しです。
その左にスピードメーター等のゲージプレートがあります。このゲージプレートは、正面窓が小窓になってからは運転台に埋め込まれますので、立ったプレートはかつて大窓車であったことの証しです。

尚、小窓車の運転席はこちらのHPを参照して下さい。横川に保存の172号機の運転台だそうです。


耐寒仕様ですので、正面窓にはデフロスターが装備されてます。
助手席側には手ブレーキ用の大きなハンドルが見えてます。
助手席窓は、固定化されてHゴムがはまっているのも見えてます。

旧型電機の運転席は重厚感があって好ましいですねぇ。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-08 10:53 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 36 その5

大阪駅で撮ったEF58 36の画像第5弾です。

e0264203_634941.jpg

(EF58 36 1981年春 大阪駅にて)

EF58 36は、車体を2/3ほどにカットされて、足廻りも付いた状態で今でも広島で現存しているそうな。現存と言っても個人所有なので荒れるに任せて状態は良くないとのこと。
とは言え、172台製造されたEF58のうちのたった2台の変則窓機が残っているのだから、程度が悪かろうと貴重と言わざるを得ませんね。

いろいろな方が現存の状態をブログやHPでレポートされてますが、側面のナンバープレートや製造銘板は取り外されているようなので、今回ご覧頂くような状態を見れないようです。

EF58 36は、昭和27年(1952年)東京芝浦電機株式会社製、要は東芝製ってことです。
撮影時点で製造から約30年が経っており、風雪にさらされ車体は少し凸凹して痛々しい状態です。
ナンバープレートは、磨き過ぎでしょうか?下地が見えてしまっているような感じがします。車体と同じ色の下地ってのもちょっとおかしいですが…。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-01 06:51 | 80年代 EF58 | Comments(0)