「ほっ」と。キャンペーン

80年代 キハユニ15 3 その4

キハユニ15 3の車番のアップ画像です。

e0264203_23255536.jpg
(キハユニ15 3 1980年春 加古川駅にて)

郵便の区画は、真ん中の扉側にあって、丁度車番標記の上部に「郵〒便」と書かれてました。
車番なぞほとんど記録していませんが、珍しい車だったので撮影したのだと思います。
もう少し離れて撮っていれば、車内の様子やら分かったのですが…。

郵便室の扉は開いていて、荷役をしていたのだと思います。
扉横の手すりは、車体から張り出すようにして取り付けられています。

加古川線のようなローカル線でも、当時は荷物も郵便も多く流通していて、地方の大切な足でした。
現在のようにネットで注文すれば翌日には配送されるような便利な時代では無く、郵便物以外の大物の荷物は、駅に持っていって駅に取りに行かねばならない時代でした。


[PR]

by takurika54 | 2015-09-26 23:44 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 キハユニ15 3 その3

キハユニ15 3の画像の3枚目です。

e0264203_16065955.jpg
(キハユニ15 3 1980年春 加古川駅にて)

キハユニ15 3の画像は、ピンボケのダメ画像を2枚ご覧頂きましたが、これは唯一まともな画像です。
跨線橋の窓から上部から撮った画像です。
加古川駅5番線に到着したばかりのキハユニ15 3です。

この角度からだと、ガラベンが並んだ特徴あるスタイルが確認出来ます。
屋根上の塗り分けまで分かると良かったのですが、煤けて見えません。どこまで朱色に塗られていたのでしょうね?
後続はキハ35と思われます。パンを切ったような朱色一色の切妻が見えています。
キハユニ15 3の屋根がいかに低かったかが分かる画像ですね。終焉前のキハユニ15は、キハ30かキハ35あたりと編成を組むことが多かったようです。

荷物室からは、紐がかけられたダンボールをドカドカと荷卸ししています。加古川線系統の各駅から積み込まれた荷物は、加古川駅で積み替えられ西へ東へ運ばれてゆきました。宅急便の仕組みが発達する前は、こうして駅で荷卸しする作業は日常的に見られました。

左には、加古川線や高砂線へ転線する貨車が留置されています。
ワラ1やワム60000あたりが留置されているのが見えます。
キハユニ15 3の向こう側には、キセ付きのタンク車も見えてます。踏み板の形状・縦に白いスジの入った社紋板・1本だけのS字管から、タキ20300ではないでしょうか?
播磨化成工業KK所有のペーストサイズ剤専用車で、踏み板が保安対策用に強化されているので、タキ20304かタキ20305かと思われます。

吉岡心平御大のHPのタキ20304~20305の紹介記事はこちらです。


[PR]

by takurika54 | 2015-09-13 16:34 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 キハユニ15 3 その2

キハユニ15 3の画像の2枚目です。

e0264203_15325429.jpg
(キハユニ15 3 1980年春 加古川駅にて)

ピン甘画像をもう1枚。これもサイズを小さくしてみました。

荷物室の扉が開かれ、まさに荷卸しが始まるところです。台車がスタンバイしています。

元は機械式のキハ44000を改造したものですが、このキハユニ15 3は昭和27年製のキハ44000で、側面がクハ86のようです。
シル、ヘッダー付きで、一段上昇式の木枠窓となっています。いわゆるバス窓ではありません。

前照灯は、光量の少ない小さなレンズとなっています。LP42がベースとなっているのでしょうか?100w?150w?

前面左右には、車体裾があってクハ86ほどの洗練された印象はありません。でもこの田舎臭さが魅力ですね。


[PR]

by takurika54 | 2015-06-21 16:12 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 キハユニ15 3 その1

加古川気動車区の珍車、キハユニ15です。

e0264203_09000400.jpg
(キハユニ15 3 1980年春 加古川駅にて)

元々はピン甘の画像なので、サイズを小さくして少しでも見易くしてみました。
貴重な車種なのに、ピントを合わせられなかったウデの無さにただただ涙です。

機械式のキハ44000をタネ車に、荷物・郵便・旅客の合造車に改造された車で、当時加古川気動車区にはキハユニ15が3両配置されていました。
キハユニ15 3は、いわゆるバス窓では無くて、旧型客車と同じような木枠窓でした。

加古川駅に到着して、運転手と駅員が何やら会話中です。その横には台車が横付けされていて、到着した荷物を降ろす作業が始まろうとしています。

バス窓のキハユニ15 6の画像は、その1その2がありますので、こちらもご覧下さいね。


[PR]

by takurika54 | 2015-05-17 09:30 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 加古川線のサボ(キハ20 77)

今回は加古川駅で撮ったサボをご紹介しましょう。

e0264203_23361507.jpg

(キハ20 77のサボ 加古川発西脇行快速 1980年春 加古川駅にて)

どうゆういきさつで昼日中に1往復だけ設定されていた加古川~西脇間の快速です。当時の時刻表を見ると、加古川12:49発の3737Dのようです。

各停は白地のプラサボでしたが、快速は青地のプラサポで目立ってました。
「加古川 西脇 サボ」でネット検索してみたところ、今春のヤフオクで加古川~西脇 快速のプラサボが出品されていて11,000円の高値で落札されてました。
但し、この出品された快速のプラサボは白地でしたので、青地のプラサボが盗難にでも遭ったのでしょうか?憶測で言って申し訳無いのですが、当時は鉄道用品の盗難が結構横行していて、サボは手軽に手の届くところにあって盗難の標的の最右翼でした。

この快速に運用されたキハ20 77の画像はこちらです。
また、加古川線のプラサボは、加古川~加治屋間のものもご紹介済みですので、こちらもご覧下さい。





[PR]

by takurika54 | 2014-07-07 00:04 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 キハユニ15 6 その2

加古川気動車区の珍車ふたたびです。

e0264203_10581348.jpg
(キハユニ15 6 1980年春 加古川駅にて)

以前、加古川駅に停車中のキハユニ15 6の画像をご覧頂きましたが、今回はこの列車が加古川駅に入線するところの画像です。

駅に入線するポイントをまさに通過しようとしているところで、カラカラと軽いアイドリングを残して横を過ぎてゆきました。

加古川線を通るルートは寒冷地ではありませんが、加古川線終着の谷川駅は兵庫県の中部に位置し、冬場はそれなりに寒いところです。なので、鼻筋左にあるベンチレーションにはすきま風防止のためにガムテープがべったりと貼られていて美観を損ねています。

飯田線のご紹介の真っ最中ですが、豊橋駅のクハ86と見比べても顔立ちは同じですね。運行幕窓とタイフォンカバーが無いくらいで、連結器や尾灯の上にあるステップ位置やつかみ棒の位置は同じです。
連結器部の車体側には切欠きは無く、ツライチの処理です。

加古川駅は、高架駅に建て替えられ、平屋駅舎時代の設備は全く残ってませんので、この辺の雰囲気もガラッと変わってます。


↓豊橋駅のクハ86(再掲)↓

e0264203_11225444.jpg

[PR]

by takurika54 | 2014-04-06 11:20 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 キハ20 77

加古川駅です。


e0264203_16072261.jpg
(キハ20 77 1980年早春頃 加古川駅にて)

バス窓の0番台で、朱色/クリームに塗り分けられた車です。当時の国鉄では、1978年(昭和53年)から全検時にタラコ色への塗り替えが行われていましたが、この車は1976年(昭和51年)2月に全検を受けているので、タラコ色への塗り替えを免れています。

前照灯こそブタ鼻2灯シールドビーム化されてますが、尾灯は内嵌め式ですしワイパーもオリジナルのままのようです。

まだ寒い時期だったのでしょうね、運転席側・助手席側ともに窓下のガラリはガムテープで目張りしてすきま風の侵入を防いでいます。貫通扉窓の上部のガラリもガムテープです。
加古川線系列のキハ20でツートンの車は、キハ20 25キハ20 87キハ20 88を撮影してますので、一緒にご覧になってみて下さい。

向こう側のホームには、貨物列車が停車中です。黒ワムはワム60000です。画像を拡大するとワム6784*と読めます。跨線橋下にいるご夫婦に隠れてしまって1ケタ目だけが見えません。茶ワムはワム80000です。屋根がグレーのタイプですね。


[PR]

by takurika54 | 2014-02-02 16:43 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 キハ20 416

加古川駅です。

e0264203_8263019.jpg

(キハ20 416 1980年春 加古川駅にて)

首都圏色に塗り替えられてしまっているキハ20 416です。バス窓の初期車では無く、ユニット窓のタイプです。

豊橋駅で撮影した二俣線用のキハ20 283キハ20 509も首都圏色に塗り替えられてましたが、前照灯下で屋根と塗り分けられてました。
このキハ20 416は、前照灯下では塗り分けられることなく、おでこ全体に車体と同じ首都圏色が塗られています。

その前照灯は、2灯シールドビーム化されてます。いわゆるブタ鼻です。まだ早春の時期で、走行時のスキマ風が寒かったのでしょうか、エア取り口にはガムテープで目張りがしてあります。

ホームには、灰色のコートを着た少年が歩いてますが、一緒に撮影をしに行った中学校の同級生のS君です。今でもS君は鉄道ファンを続けているのでしょうか?


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-07 09:51 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 キハ20 25

今日は平日ですが、会社が盆休みなのでUPしちゃいます。
加古川駅です。

e0264203_1041036.jpg

(キハ20 25 1980年春 加古川駅にて)

加古川駅に初めて降り立った時に、目の前を加古川気動車区へ引き上げてゆくキハ30 35とキハ20 25が通るところでしたので、慌ててカメラを構えて撮ったものです。慌てていたからでしょうか、エラく斜めになった画像で恐縮です。

キハ20 25は昭和32年(1957年)東急車輛製で、初期車だけが持つ好ましいバス窓です。バス窓のHゴムは全てグレーです。
台車は、本来DT19(TR49)を履いているはずですが、DT22(TR51)に履き替えられてます。
乗降扉間は、戸袋窓が2個と客窓が5個並んでますが、左右対称では無いですね。客窓は左3個と右2個の間に少し間隔が広がっており、この広がりの部分に排気筒が通ってます。排気筒は室内に仕込まれてます。

左にはキハ35が編成されてますが、こうやって並んでみると、キハ35系の上部塗り分けの無いところが目立ちます。何故キハ35系は上部塗り分けが無いのだろう?と思ってましたが、もしキハ35系に上部塗り分けがあったら、ちょっとクドイ顔立ちになっていたでしょうね。キハ35系に上部塗り分けが無いのは正解だったのでしょう。この辺のデザインや色バランスは何とも絶妙ですね。当時の国鉄車両のデザインはホント良く良く考えられているなぁと感心してしまいます。

キハ20のバス窓車は、キハ20 88もご紹介してますので見てみて下さいね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-08-16 10:38 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 加古川線のサボ(キハ35 63)

いつもは車両のご紹介ですが、今回は加古川駅で撮ったサボをご覧頂きましょう。

e0264203_2165836.jpg

(キハ35 63のサボ 1980年春 加古川駅にて)

何故このサボの画像を撮ったのか全く記憶にないのですが、ネガに含まれてました。

キハ35系は、正面には方向幕がありますが車体側面には無く、加古川線ではサボを使用していました。加古川発加治屋行きのサボです。

各停なので、何の装飾も無く白地に黒文字の全く特徴の無いプラ製のサボです。当時は、ホームの駅員詰所のそばとかにサボ立てがあって、駅員がサボを挿して廻ってました。
サボを出し入れし易いように、矢印の下に指が入れれるように小穴が開いてます。

いとも簡単に出し入れが出来るようになってますので、盗難され放題な感じです。当時でも一部ファンの暴走はありましたが、加古川線ではサボ盗難は無かったようです。サボを盗まれて手書きのボール紙のサボを見掛けることはありませんでした。

キハ35 63の画像はこちらをご覧下さい。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-03-30 21:25 | 80年代 気動車 | Comments(0)