80年代 スハフ42 2299

大阪駅のネタに戻ります。

窓はサッシに変わってますね。扉は開いていて、形状が見えません。

最後尾、連結面に青いジャンバーを着た少年が居ます。この当時、優等列車や福知山線の客車列車は、結構早くから入線したり、到着後、回送までの間も長く停車していて、車内をうろうろしたり写真撮ったりする時間は沢山ありました。のどかな時代ですよね。この時代にデジカメがあったら、めちゃくちゃ沢山画像を撮れたことと思いますが、当時はフィルムを買う金も現像する金も惜しんでいたので、一方向から一カットしか撮っていませんし、そもそも編成全体を1輌ずつ撮影するなんて、とてもとても出来ないことでした。

よぉ~く見ると、車内にはチラホラと客の姿が見えるので、恐らくは福知山行きか篠山口行きかと思いますが、残念なことにサボが刺さってません。

自動で画像サイズを調整すると、右端が切れてしまうので、左端に寄せてますが、いつもより画像が少し小さ目ですみません。

(スハフ42 2299 1981年春頃 大阪駅にて)
e0264203_15304739.jpg


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

# by takurika54 | 2012-07-01 15:51 | 80年代 客車 | Comments(2)

80年代 クハ153 515

80年代のブログを始めてから、当時のダイヤがどうなっていたのかが気になって、先日ポポンデッタで81年の時刻表を買ってきました。これは結構面白い!新しい発見です。

中学3年の時に、飯田線まで遠征した時に豊橋駅で撮影したものです。

e0264203_0115167.jpg

(クハ153 515 1982年春 豊橋駅にて)

編成中間に挟まれた車ですが、何故撮ったか?と言えば、非冷房車だったからです。
関西では、少し前まで新快速で153系が活躍していたので、153系はお馴染みだったのですが、新快速は全車冷房化されていたので、非常に珍しく感じたものです。
しかも、ヘッドライトがシールドビーム化され、全面も板の補強がされているようで、近代化改造されていながらも肝心の冷房化がされていないと言う、非常にアンバランスな車だと記憶しています。

扉斜め上のサボが懐かしいですね。どうやら浜松か静岡あたりから大垣へ行く編成だったようです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

# by takurika54 | 2012-06-30 00:20 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 クモヤ91 002

大阪駅でEF58やら10系寝台車を撮っていたら、突然現れてビックリした珍列車です。

e0264203_21294389.jpg

(クモヤ91 002 1981年春 大阪駅にて)

検明けの試運転か検査入場のための回送かは分かりませんが、向日町電車区からやって来たものと思います。表示幕には「22試」となってますが、正しく表示されているものかは??です。
クモヤ91のうしろには、485系×2輌+583系×1輌がつながってます。「雷鳥」用の車両だと思われます。
退避線でしばらく停車して、何本か定期列車をやり過ごした後、ゆっくりと大阪駅をあとにしたのを見送った記憶があります。

当時の関西では、京都~西明石間各停用の73系は既に無く、家族旅行で広島へ行った際に横川で可部線の73系は見たことがありましたが、正面はともかくも3段窓と横桟入りのプレスドアに感動して、めちゃくちゃハイテンションになっていたことを思い出しました。

最近のことは良く知らないのですが、このように編成を切り分けして事業用車両に牽引されて検査入場なんてしないのでしょうか?編成丸ごとで入場しちゃうのですかねぇ。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

# by takurika54 | 2012-06-24 22:04 | 80年代 旧型国電 | Comments(0)

80年代 阪急1200

これまで、阪急甲陽線の車両は、973(920系)と851(800系)をご覧頂きましたが、今回はもう少し新しい車両をご覧頂きましょう。

e0264203_1235881.jpg

(阪急1200 1982年8月 苦楽園口~甲陽園間にて)

阪急1200系は、車体こそ1010系と同じ規格で作られてますが、電装品や台車は旧型車より捻出したものを流用しており、要は「吊掛け車」です。高性能車ではありませんので、モータを唸らせて鈍足で走ってました。手前の雑草が邪魔して見辛いですが、旧式の台車が見えませんか?

ローアングルなので屋根廻りは全く見えませんが、二重構造のルーバー屋根になってます。この1200系は、結局冷房化改造されることなく、オリジナルのルーバー屋根を保ってました。

この日の天候の影響もありますが、甲陽線で見た1200系は、何となくくすんで退色しており、キレイな光沢のあるマルーン色を見ることはありませんでした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

# by takurika54 | 2012-06-24 12:30 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 EF65 524 と ワフ35315

電機機関車が続きます。

e0264203_9123978.jpg

(EF65 524 と ワフ35315 1980年頃 東灘信号所にて)

かつて、東灘信号所に581系が大量に留置されていたことがありました。これを見に西宮から自転車で行った時に、ワフをたった1輌従えて出発待ちのEF65を見掛けて撮影したものです。

この後に、編成組みされたかどうかは不明ですが、高性能機に1輌のワフとは何とも勿体ない感じがしました。飯田線でのED62+ワフ1輌の組合せは雑誌とかで見たことありますが、大幹線でこれとは…。

F型高速貨物用で、当時は吹田区に配置してましたが、のちに高崎区へ転籍しているようですね。2002年に廃車になっているようです。
ワフ35000ですが、プレート車輪のようで、スポーク車輪だったらもう少し雰囲気があって良かったのですが…。夕日に照らされて哀愁が漂ってます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

# by takurika54 | 2012-06-17 09:42 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 EF58 36

今回は大阪駅でのスナップです。

e0264203_175280.jpg

(EF58 36 1981年春 大阪駅にて)

7窓で有名なEF58 36が、臨時列車を牽いて大阪駅に入線するところです。
ピン甘でブレた画像でお見苦しくて恐縮です。(いつものことですが(汗))トリミングして大き目にしています。

米原区の36号機は、いつか会いたいと思ってましたが、たまたまこの日に会うことが出来ました。
以前からEF58は好きでしたが、当時「華麗なる特急電機EF58」を大枚はたいて購入し、初めて大窓・小窓や機械室7窓やらの個体差があるのを知り、36号機は是非とも見てみたいと思ってました。なんせ巻末に、全機の写真とプロフィールが網羅されていて、穴の開くほど見てました。

「華麗なる特急電機EF58」は、1981年に企画室ネコから出版されてますが、企画室ネコはのちのネコ・パブリッシングです。レイルマガジンやRM MODELSでおなじみですよね!

運転席側のひさしは歪んで、ちょっと湾曲しています。ヘッドライトは点灯、スモール状態でぼぉっと燈ってます。
画像からは分かり難いのですが、米原区のEF58のヒゲはいつもピカピカに磨かれていてキレイでした。当時でも優等列車の受け持ちがあり、ピカピカに仕上げる意識が高かったのでしょうね。浜松区のEF58のヒゲは錆だらけの車が多く、ただでさえHゴム窓で食傷ぎみで、150号台後半や160号台がいるとガッカリしたものです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

# by takurika54 | 2012-06-16 17:35 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 DD51とDD13の並び 京都駅にて

あちこち飛びますが、今回は京都駅です。

e0264203_10475778.jpg

(DD51 1037とDD13 196の並び 1981年1979年晩秋頃 京都駅にて)

当時の京都駅は、東海道筋と湖西・北陸筋こそ電化車両でしたが、山陰線・奈良線・草津線は非電化路線で、ディーゼル機関車牽引の客車列車や気動車が沢山居ました。

ご覧頂く画像は、DD51とDD13の並びです。以前、京都駅に停車中の奈良線のキハ35をご覧頂きましたが、同じ時に撮影したものです。残念なことに、ネガフィルムを紛失したのでプリントスキャンです。鮮明さに欠けますがお許しを…。

DD51は、京都駅から柘植駅行きの客車列車です。DD51の次位には10系客車がチラッと見えてますが、これはナハフ10です。
DD13は、構内入換作業の合間で待機中のようです。京都駅は、東海道筋と山陰筋との分岐駅であり、荷物列車は解放・連結作業がありました。これら作業のために、京都駅構内にはDD13が常に数両がいったりきたりしてました。

京都駅は、平成になってから大型商業施設とコラボした駅ビルとなり大変身を遂げましたが、基本的な配線は余り変わっていないように思います。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

# by takurika54 | 2012-06-10 11:14 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(2)

80年代 キハ20 88

加古川線で活躍したキハ20をご覧頂きます。

e0264203_8433541.jpg

(キハ20 88 1980年春 加古川駅にて)

以前、加古川駅に入線する117系新快速の画像をご紹介しましたが、その時に撮ったキハ20 88です。

キハ20 88は、初期型に分類され、バス窓と枕バネがゴム製のDT19台車が特徴でした。当時、加古川気動車区には、キハ20の初期型が何台も配置されてました。

ヘッドライトは、ブタ鼻2灯では無く、シールドビーム1灯に改造されてます。この時、加古川駅で見た車は、キハユニ15を除いては、全てブタ鼻2灯かシールドビーム1灯に改造されてました。
貫通扉や運転席窓下の換気蓋には、ガムテームがべったり貼られています。多分、冬季の冷気侵入を防ぐために貼られたのでしょう。

車体側面には赤ランプが点灯していて客扱い中ですが、駅員さんが待機していて間もなく発車を迎えるようです。ちょっと見辛いですが、どうもこの編成は2両目もバス窓のキハ20のようです。
この編成の向こう側、同じホームにキハ35系らしき編成も見えてます。当時加古川駅では、同じホームから行き先の違う2編成が停車していることがありました。

キハ20 88の左側に見えているホームは、上り神戸方面の3番線です。3番線から、退避線・仕訳線が3線続いて加古川線・高砂線発着の4番線と続きます。現在、加古川駅は高架線上となり、退避線も仕訳線も留置線も無くなってしまい、当時を偲ばせる駅模様は全く無くなってしまいました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

# by takurika54 | 2012-06-09 09:17 | 80年代 気動車 | Comments(2)

80年代 スハ42 24

旧型客車も少しだけネガがあります。スハ42 24です。残念なことに手振れした画像で恐縮です。

他に撮影した旧型客車のネガを見ると、どうやら扉やトイレ窓がHゴム化されていない車ばかり撮っていたようです。

スハ42って少数派だったのですね。スハ43を改造したり台車振替等で生じた派生機種かと思ってましたが、35系から43系へ移行する過渡期の車両だったのですね。

キャンバス屋根に茶色い車体、ここにブルーのサボが刺さってて、これぞ旧型客車って感じですね。

画像が自動圧縮される都合だと思いますが、フレーム一杯に画像を置くと、右端が切れてしまい、洗面所窓辺りが切れて見えなくなるので、いつもより少し画像が小さいですが、全体が見れるようにしてます。ご容赦下さい。

e0264203_7353787.jpg





















(スハ42 24 1981年春 大阪駅にて)

にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

# by takurika54 | 2012-06-03 07:53 | 80年代 客車 | Comments(2)

80年代 EF62 52

今回は家族旅行で戸隠へ出掛けた時の画像をお送りしましょう。

e0264203_18545814.jpg

(EF62 52 1980年夏 直江津駅にて)

この時は、確か往路は新幹線で新大阪から名古屋まで出て中央線を北上、辰野と伊那松島へ寄り道してから戸隠へ行く行程でした。野尻湖等で観光した後、復路は直江津へ出て雷鳥で大阪へ戻ったと記憶しています。

この画像はその帰り道、直江津で雷鳥に乗り換える際に、構内停車中のEF62 52牽引の客車列車を撮影したものです。
ホーム向かい側の5番線から撮っていれば、どんな編成だったか分かるのですが、何故向こう側のホームへ行かなかったのでしょう?今なら絶対に5番線へ行っているのですが…。
何となく見えている影からして、EF62の次位にはマニらしき荷物車が繋がれてます。

この頃のEF62は、まだ山から下りて山陽・東海道の荷物列車を牽く前で、まさに信越線を中心に山岳路線で活躍していた頃です。ボディは傷みも無く、キレイですね。

ホーム向こう側の6番線には、キハ58系の急行列車が停車しています。窓形状と表示から判別するに、見えている2両ともグリーン車(キロ)のようです。但し、グリーン帯は廃止されてますね。

直江津駅は、二本木・新井拠点のタンク車を追い掛けて、平成になってから2度ほど訪れてますが、今も交通の要所であることに変わりはないのですが、当時と比べるといかんせん編成が短くて、長いホームが持て余しぎみです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

# by takurika54 | 2012-06-02 19:12 | 80年代 電気機関車 | Comments(2)