80年代 キハ47 0番台

頂き物フィルムにキハ47の画像が残ってました。
手ブレ画像なのでご紹介を控えておりましたが、鉄ピク誌の最新号(2016年11月号 通巻924号)がキハ40系(Ⅰ)特集ですので、ご紹介しておきます。
e0264203_23573909.jpg
(キハ47 0番台 1980年頃 宝塚駅にて)

福知山区に配属になった初期車だと思われます。
恐らくですが、屋根上にある水タンクのキセが角張った形状をしているように見えるので、キハ47 1~16に該当するのではないかと思われます。

列車種別幕には「快速」と掲げてあります。
新製配置から、そんなに日は経っていないと思われますが、タラコ色は早くも色褪せつつあるように見えます。
鉄ピク誌の表紙の画像は、新製配置直後のビカビカの新車状態ですが、色が余りにも違い過ぎます。

e0264203_23492855.jpg
(鉄ピク誌HPより転載)


以前ご紹介済みの京都駅でのキハ47 11の画像もご覧頂きますが、これも色褪せているように見えます。
朱色の発色は難しいのかも知れませんね。

e0264203_23575233.jpg
(キハ47 11 1979年晩秋頃 京都駅にて(再掲))


[PR]

by takurika54 | 2016-09-23 00:18 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 加古川駅

加古川線、高砂線の気動車を撮りに行った時に撮った加古川駅です。

e0264203_17595223.jpg
(加古川駅 1980年春)

今の加古川駅は、加古川線もあわせて高架となり風景が一変しています。
これは、地上駅時代のものです。

駅舎は木造平屋(?)建てで、中央の出入口には時計があり、なかなか立派な駅に見えました。
屋根したには、近距離用の切符の自販機が並んでいますが、画像を拡大してみると100円~520円となっていて、当時は初乗り(一区間)が100円だったことが分かります。
国鉄時代の初乗り料金が100円だったのは、1979年~1980年のたった2年間だけだったそうです。

画像右側に切れかかってますが、公衆電話ボックスが5個も並んでいます。更に右側に数個並んでいたのかも知れません。
現在のように携帯やスマホはありませんので、突然の大雨や交通障害等があると、家に電話して車で迎えに来てもらうには公衆電話は必需アイテムでした。

白い車が停車しています。4ドアのケンメリのスカイラインですな。懐かしいです。
当時は、駅のど真ん前に自家用車を乗り付けることが可能だったのです。そう言えば、どこの駅も昔は狭くてせせこましい感じだったことを思い出します。


[PR]

by takurika54 | 2016-09-18 18:19 | その他 | Comments(3)

80年代 クハ155 19

豊橋駅で捉えた元修学旅行用車両のクハ155です。

e0264203_09020847.jpg
(クハ155 19 1982年4月1日 豊橋駅にて)

元々は、「ひので」「きぼう」の修学旅行用に作られた車両ですが、修学旅行が新幹線へシフトされていったことにより本来の用途を無くし、153系と混用出来るよう種々改造されて名古屋地区で使われていたものです。宮原区に居たものが、改造のうえ大垣区へ転籍となったようです。
先頭車ですが、編成の中間におりました。

左右の車両(153系)と比べ、乗降扉幅が狭いです。153系は1000㎜あるそうですが、特急車並みの700㎜しかないです。
屋根は全体にわたり低屋根構造で、ぺったんこな感じです。通風器は押込型ではなく、グローブ型です。グロベンとグロベンの間にお椀を伏せたようなものが見えますが、これは扇風機取付のための出っ張りです。

ちょっと見辛いのですが、153系なら運転台下部にあるスカートがクハ155にはありません。軽量化やコストカットではじめから無いそうです。

クハ155 19は、最終増備のグループだそうで、運転台上部にある最前部の通風器が押込型なのと、雨樋が乗務員扉上まで延長されているのが特徴だそうです。

155系は、結局冷房改造されることなく、撮影からしばらくして運用から外され、西小坂井駅での留置を経て解体されたそうです。


[PR]

by takurika54 | 2016-09-11 09:33 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 阪急716 その2

桂駅より嵐山駅へ向けて出発したところのケツ撃ちです。

e0264203_22235165.jpg
(阪急716 1981年冬頃 阪急京都線桂駅にて)

例によって撮影日が不確かですが、前サボが新しくなっているので1981年3月以降に撮ったものです。
車掌は上着を着用しており、前後に写っている人はコートを着ているので冬に撮ったものと思われます。

ぱっと見は、当時今津線で活躍していた810系とほとんど変わりがありません。前照灯シールドビーム化の処理も同じです。
どうやら台車が違うようですが、振り替えがあったようでして、ここで見えている台車は何の型式かは不明です。

前パンを大きく張り上げて出てゆく様は格好よいですねぇ。


[PR]

by takurika54 | 2016-09-04 23:00 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)