「ほっ」と。キャンペーン

80年代 EF65 寝台特急「富士」牽引

豊橋駅を通過する寝台特急「富士」です。

e0264203_00232097.jpg
(EF65 1000番台(車番不明) 1982年春 豊橋駅にて)

東京から大垣行きの夜行鈍行に乗って豊橋駅に降り立って間もなく、東京へ向かう寝台特急「富士」がやってきて通過してゆきました。

ちょっと遠過ぎて車番までは判別不能です。寝台列車牽引用として、1977年(昭和52年)に名門東京機関区に配置となった1096~1116号機のどれかだと思います。

東京口の九州寝台列車は、ヘッドマーク付きでしたので、非常に格好良く見えました。
関西の九州寝台列車も、同じEF65 1000番台に置き換わっていましたが、合理化体質でヘッドマーク掲示は止めてしまっていたので、東京口の九州寝台列車は羨望の眼差しでした。

右手手前には名鉄の車両が停車中。富士の左側奥には、111系が留置されているのが見えます。


[PR]

by takurika54 | 2016-03-28 00:52 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 飯田線 クハ85 104

前回ご紹介のクハ103と似た顔付きのクハ85です。
中学生の時、クラスメートからもらったプリントです。

e0264203_15151269.jpg
(クハ85 104 1981年か1982年 豊橋駅にて)

中学に上がると行動範囲も広がり、クラスの友人も青春18キップを使って遠征に出掛ける人が増えました。
長期の休みが明けると、それぞれが遠征先の写真を見せ合い、気に入った写真を交換したり譲り受けたりしてました。
これは、Y君からもらった写真です。

当時の飯田線の豊橋口では、朝夕のラッシュ用にクハ85+モハ80の2両増結運用があり、クハ85は104と108のたった2両だけ豊橋機関区に配置となっていました。
パッと見たところ、104か108か分からないのですが、僅かな識別点を発見しました。
前照灯下、前面窓の上部にある手すりの位置が僅かに違います。
 クハ85 104:手すり取付位置がやや下め
 クハ85 108:手すり取付位置が前照灯と前面窓の丁度中間

再掲ですが、クハ85 108の画像もどうぞ。僅かな取付位置の違いがお分かり頂けるかと思います。
e0264203_11120025.jpg
(クハ85 108 1982年春 豊橋駅にて(再掲))


クハ85 104は、付随車のサハ87に運転台を設けたもので、ローカル線へ都落ちする際に短編成化すると制御車が足りなくなることから、付随車であるサハやサロから改造されています。顔付きは103系の高運転台車によく似ていますが、前照灯が1灯になっているあたりが垢抜けない魅力となっています。


[PR]

by takurika54 | 2016-03-21 15:34 | 80年代 飯田線 | Comments(2)

80年代 クハ103 低運転台ブタ鼻2灯

大阪環状線の103系です。

e0264203_11090650.jpg
(クハ103 1980年頃? 場所不明(弁天町駅か?))

交通科学館へ行った際のネガにあったので、恐らく弁天町駅で撮ったものと思われます。

低運転台ながら、前照灯は製造時からシールドビーム2灯化されたグループです。
当時、森ノ宮区には、クハ103 241~266と大量に配置されていたので、その中のどれかだと思います。
方向幕には「大阪環状線」と掲げられており、普段京阪神緩行線の「普通」とだけ素っ気なく掲げられた方向幕を見慣れていると、これだけで格好良く見えたものです。

今でも、大阪環状線には体質改善を受けた103系が現役ですが、今年2016年から遂に後継車「323系」が順次投入されることとなり、2018年には103系と201系は淘汰されるとのことです。
余りにも大量生産され、余りにもありふれた車輛だったので、当時は撮影対象として食指が動くことはありませんでしたが、今こうして見ると食パン的な面構えで質実剛健な感じは好ましいですね。


103系ネタは、福知山線に投入された高運転台車の画像がありますので、再掲します。高運転台車は面長な感じですよね。

e0264203_11480004.jpg
(クハ103 800番台 1981年3月 大阪駅にて(再掲))


[PR]

by takurika54 | 2016-03-12 11:46 | 80年代 電車 | Comments(2)