80年代 飯田線 旧型国電の台車その2 DT11

飯田線特集パート2第58弾です。
今回の旧国の台車はDT11です。

e0264203_23314105.jpg
(DT11 クモエ21 009 1982年春 伊那松島機関区にて(許可を得て構内撮影))

伊那松島区所属の救援車:クモエ21 009が履いていた台車です。タネ車のクモハ11が履いていたものですが、台車までは改造したり履き替えは無かったので、オリジナルのままです。
軸箱からケーブルが出ていますが、これはスピードメーター用ですね。
車輪はスポークですが、電動機があるのでスポークからの隙間の眺めは無いです。

こうして見ると、リベット打ちの車体であることが良く分かりますね。

折角なので、クモエ21 009の画像もご紹介しておきましょう。
e0264203_1145548.jpg
(クモエ21 009 1980年夏 伊那松島機関区にて(再掲))


[PR]

by takurika54 | 2015-11-29 23:53 | 80年代 飯田線 | Comments(0)

80年代 飯田線 旧型国電の台車その1 DT10

飯田線特集パート2第57弾です。
今回から、飯田線で活躍した旧型国電が履いていた台車のご紹介です。まずはDT10から。

e0264203_09385117.jpg
(DT10 クモニ13 026 1982年春 伊那松島駅にて)

クモニ13が履いていた台車「DT10」です。
釣合梁式の台車で、ぱっと見は「TR11」に似ているのですが、電動車用に軸距が2500mmと50mm長く、ブレーキの形状が違います。
排障器は、あるにはあるのですが、これだけ線路と間隔が空いていると置石には効果無しです。排障器にゴムをつけていれば、排障器の役目を果たすのですが…。

廻りには配線やら接触器箱やらがあって、にぎやかで好ましいです。


[PR]

by takurika54 | 2015-11-23 10:00 | 80年代 飯田線 | Comments(0)

日本鉄道模型ショウ2015 その4

その他の気になるものをランダムにご紹介。

最近の鉄道模型は、Zゲージと1/45が盛況な感じですね。
モデルワムでは、1/45のタンク車が展示されていて、シャープな出来栄えに惚れ惚れしておりました。

e0264203_16164092.jpg
e0264203_16163129.jpg
んんっ!モデルワムでは、タキ5450とタム5000とタム8000を、1/45と1/80と1/87と3ゲージで展開しよるのですか!!
中々意欲的ですな。


同じモデルワムでは、1/87のタキ3000系のタンク車が一杯展示されてました。
いろいろな社紋板があって楽しいもんでした。
e0264203_00541584.jpg

おまけですが、お馴染み日光モデルではTR-230が新製品として展示されていました。
オハ50に履かせて展示されてました。これも中々良い出来ですね。鉄ホビのマニ50に履かせねば。
e0264203_16164828.jpg

以上、4回に分けて日本鉄道模型ショウのご紹介でした。


[PR]

by takurika54 | 2015-11-15 01:44 | Comments(0)

日本鉄道模型ショウ2015 その3

タキ5450は、昨年の模型ショウ2014で、アダチが側ブレーキ仕様の真鍮キットを発売して、塗装済メーカサンプルが展示されていましたが、今年は2社から発売されるようで試作品の展示がありました。

まずは、タム5000も発売するモデルワムから。
未塗装の完成品の展示がありました。価格は未定だそうで…、高いんだろうなぁ。
e0264203_00532457.jpg
ピンぼけですみません。

他にタム8000も出すようで、タム5000・タム8000・タキ5450の並びはこうです。
e0264203_16140485.jpg

続いて、ヤード9では、3Dプリンターを使った樹脂製(?)のタキ5450が、塗装済みと未塗装の両方サンプルが展示されていました。
こちらは塗装済みサンプル。
e0264203_16145590.jpg
e0264203_16150425.jpg
ん~、プロポーションは悪く無い。

こちらは未塗装サンプル。タンク体も台枠も皆んな白くて、よく分からないのですが、安全弁カバーの造形も悪くなさそう。
e0264203_16151870.jpg
e0264203_16152436.jpg
踏み板の支持脚が板状になっていて、ここはチト残念な感じ。

3Dプリンターの貨車は、チキ5200も製作するようで、タキ5450とともに会場で予約販売しておりました。
タキ5450を2両予約してしまいました。会場の特価だそうで12,500円でした。店員さん曰く、年内の発売を目指しており、通常価格はこれから設定するそうですが、15,000円前後になるかも??なんてことを言ってました。予約した2両は、完成後に電話をもらって西日暮里のヤード9さんの店舗で受け渡しだそうです。

尚、先行して3Dプリンター製のTR216が特価で売られていました。車輪無しで1,100円也。
e0264203_01155272.jpg
e0264203_01154674.jpg
他の気になるものは次の記事にて。


[PR]

by takurika54 | 2015-11-15 01:31 | 鉄道模型 | Comments(0)

日本鉄道模型ショウ2015 その2

模型ショウでは、各ブースで新製品や試作品の展示が行なわれていましたが、その中から気になるものをいくつかご紹介しましょう。


アダチとモデルワムのブースでは、どちらもタム5000が展示されていました。
アダチのタム5000は以前から真鍮キットとして販売されているものですが、味タム用の二段手すりキットが新製品だったのでしょうか?
e0264203_16143759.jpg
二段手すりのキット
e0264203_16144566.jpg
展示台がクルクル回っていて、チト見辛い画像ですみません。


タム5000のキットは、モデルワムでも発売するそうで、メーカサンプルの未塗装完成品が展示されていました。
こちらは1/80と1/87と両ゲージで展開されていました。画像は1/80サンプルです。
e0264203_16143100.jpg
続いても貨車ネタです。

[PR]

by takurika54 | 2015-11-15 00:52 | 鉄道模型 | Comments(0)

日本鉄道模型ショウ2015の釣果

えらく鮮度落ちのネタで恐縮ですが、10月24日~25日に開催されていた日本鉄道模型ショウ2015に行ってきました。
まずは、その時の釣果から。

<模型ショウの釣果>
・プラ製キハ35の塗装済キット / トラムウェイ
・プラ製6000形コンテナ / 天賞堂
・テム300 真鍮製キット組立品 / モデルワークス
・プラ製マニ50の半端パーツ5点 / 鉄ホビ

e0264203_16112361.jpg
キハ35は標準色の塗装済みキットでトレーラー仕様(動力無し)でした。税抜5,400円、少々高いかなぁと思いつつも、組み立てる楽しみを込みで購入。
と言っても、ベンチレータも窓も装着済みです。床下の組み込みがメインとなりそうです。
尚、一緒に900番台のキットも売られていました。

e0264203_16113546.jpg

続いて、天賞堂のプラ製コキ5500に搭載されているコンテナの分売です。
6000形コンテナの一種類だけでしたが、いろいろと小ネタに使えそうだなぁ~と思いながら2個購入。税込300円/個也。
店員の会話を聞くと20~30個くらい持ち込んだようですが、すぐに完売となったようで、ぐるっと一周して戻った時には完売しておりました。たまたまですが気が付いてラッキーでした。

e0264203_16115426.jpg

続いてモデルワークスのブースで、アダチの真鍮キットを組み立てたものが数両売られていて、テム300が2両いたのをしげしげと眺めていたら奥さんに値引きするよと言われて思わず購入。7,600円のところ7,200円と言われ、キリのいいとこで7,000円と応戦したら7,000円にしてくれました。税込で7,000円ならお買い得か!?
標記はデカール仕上げなので、一度剥離して手入れしてインレタに書き換えを予定していますが、いつになるやら…。

e0264203_16114939.jpg

ネコパブ+鉄道ホビタスのブースでは、プラ製キットのマニ50の半端パーツが売っていて、それなりの人だかりでした。
屋根無しボディと荷物室扉と窓を購入。後で冷静になって考えると、これって何に活用すればいいのだろうか…?
屋根無しボディは500円、ランナー付き小パーツは@300円で5個購入、合計2,000円(税込)也。

e0264203_16120952.jpg
e0264203_16121548.jpg
模型の他、DD51の中古DVDと雑誌を数冊購入して今年の模型ショウはお開きとなりました。

続いて、その他気になる出展物のご紹介です。


[PR]

by takurika54 | 2015-11-15 00:24 | 鉄道模型 | Comments(0)

80年代 EF58 163 その2

大阪駅です。

e0264203_16222948.jpg
(EF58 163 1981年3月31日 大阪駅にて)

以前ご紹介したEF58 163ですが、少しサイドぎみに撮影もしていました。

曇り空の日でしたので、3月末とは言えまだ肌寒くSGを使用して暖房が入っていました。SGの蒸気が少しもれています。
この位置からだと、屋根上モニタの窓はHゴム支持されているのが分かります。

ヒゲは赤茶色に錆びています。前面は多少マシですが、所属区札挿し下のサイド側のヒゲは錆びるにまかせています。

これまで撮影日までは不明でしたが、10月に引っ越して荷物の整理をしていた際にプリントを収納していたミニアルバムが出てきて、日付が判明しました。

その1の記事はこちらです。EF58 163の次位に青いマニ36が写ってますので、こちらもお楽しみ下さい。


[PR]

by takurika54 | 2015-11-08 16:45 | 80年代 EF58 | Comments(3)

80年代 飯田線 クモハ50 008の車内

飯田線特集パート2第56弾です。

e0264203_12401850.jpg
(クモハ50 008(たぶん)の車内 1982年春 豊橋駅にて)

戦前製旧国の車内の画像がもう1枚ありました。
2扉車を3扉化した車です。停車番線と、クハ68 403の相棒と思われる車なのでクモハ50 008だと思われますが確証はありません。

ロングシート部の窓は700mm幅で、クロスシート部の窓は600mmです。700mm窓と600mm窓の間に太めの縦桟があるのが2扉車の名残です。
車内真ん中にもポールがあり、車内真ん中にも吊革があるので3扉車であることが分かります。
運転室は、半室タイプのようです。全室なら木製の仕切りが全面に見えているはずですが、貫通扉の内側のクリーム色が見えているので運転室は半室ですね。

3扉化された車と2扉車の車内比較のため、伊那松島駅で撮ったクハ47 104の車内の画像もご覧頂きましょう。(再掲です)

e0264203_21331142.jpg
(クハ47 104の車内 1982年春 伊那松島駅にて)

車内真ん中にポールと吊革がありませんよね。


[PR]

by takurika54 | 2015-11-03 16:43 | 80年代 飯田線 | Comments(6)

80年代 飯田線 モハ80 300番台の車内

飯田線特集パート2第55弾です。

e0264203_12312227.jpg
(モハ80の車内 1982年春 豊橋駅にて)

戦前製の旧国の車内だけかと思ってましたが、全金属車のモハ80 300番台の車内も撮影していました。

背もたれの角はR処理もされず角張っています。その上につかみがあります。
一番手前の背もたれは、モケットが無いので出入口付近の両端部のロングシート部ですね。板はクリーム色に塗られていたようです。
網棚の支持は、だいぶ簡素化された意匠になっています。
天井には蛍光灯が2列で配置されていますが、現代の車と比べるとだいぶ本数は少なめです。

全金属車の300番台はサッシ窓でしたので、フラッシュの反射で窓桟が銀色に光ってます。

天吊り広告もまばらです。高遠とありますので、桜の花見をPRした広告のようです。


[PR]

by takurika54 | 2015-11-01 12:49 | 80年代 飯田線 | Comments(2)