80年代 飯田線 クモヤ22 113 その2

飯田線特集パート2第47弾です。

e0264203_22011977.jpg
(クモヤ22 113 1982年春 豊橋駅にて)

ちょっと遠くて小さい画像で恐縮です。
これを撮影した前日、雨の中に単機で豊橋駅に停車しているクモヤ22 113を撮影してますが、この日は終日豊橋にいて構内を行ったり来たりしていたところに突如現れたものです。
しかも、この日は単機では無くて配給車と一緒でした。豊橋界隈で見れる配給車といえば、クモル23 050ですよね。

この編成は、一旦豊橋機関区方面へ引き上げたのですが、のちほど豊橋駅に戻ってきたので、ちゃんとクモル23 050も撮影することが出来ました。
クモル23 050は次にご紹介することにしましょう。


[PR]

by takurika54 | 2015-05-30 22:47 | 80年代 飯田線 | Comments(0)

80年代 阪急800

夙川駅で本線から側線へ転線する阪急800です。

e0264203_22434527.jpg
(阪急800 1979年頃 阪急夙川駅にて)

甲陽線は、平日の日中は1編成が行ったり来たりしているのですが、学生の下校時間帯に合わせて夕方には1編成追加されて2編成で運用されます。
これは、追加の1編成が西宮車庫から回送されてきて、神戸向きの下りの本線から、梅田向きの上りの本線へ転線するところです。

ネガ紛失しており、ネガプリントをスキャンしてますので悪い画像で恐縮です。

正面には行先板の代わりに、回送車を表す「回」のプレートが刺さっています。
阪急の行先板は、1981年3月に刷新されていますが、この「回」のプレートは刷新前の旧タイプです。
刷新後の回送車は、横書きで「回送」と書かれてものに変わりました。

刷新後の画像はこちら

e0264203_12134981.jpg
(阪急851 1981年頃 阪急西宮北口駅にて(再掲))

刷新前の「回」プレートと比べると、プレートの大きさが少し大きくなっているようです。


[PR]

by takurika54 | 2015-05-23 23:00 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 キハユニ15 3 その1

加古川気動車区の珍車、キハユニ15です。

e0264203_09000400.jpg
(キハユニ15 3 1980年春 加古川駅にて)

元々はピン甘の画像なので、サイズを小さくして少しでも見易くしてみました。
貴重な車種なのに、ピントを合わせられなかったウデの無さにただただ涙です。

機械式のキハ44000をタネ車に、荷物・郵便・旅客の合造車に改造された車で、当時加古川気動車区にはキハユニ15が3両配置されていました。
キハユニ15 3は、いわゆるバス窓では無くて、旧型客車と同じような木枠窓でした。

加古川駅に到着して、運転手と駅員が何やら会話中です。その横には台車が横付けされていて、到着した荷物を降ろす作業が始まろうとしています。

バス窓のキハユニ15 6の画像は、その1その2がありますので、こちらもご覧下さいね。


[PR]

by takurika54 | 2015-05-17 09:30 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 飯田線 クモヤ22 113

飯田線特集パート2第46弾です。

e0264203_10150918.jpg
(クモヤ22 113 1928年春 豊橋駅にて)

飯田線訪問時、豊橋駅に降り立つと、まず最初に出迎えてくれたのがクモヤ22 113でした。
ただ、単機で停車していたので、何の運用だったかは分かりません。

牽引車として、クモヤ22 112と一緒に豊橋機関区に所属してました。
クモヤ22 112は、のちにイベント用としてクモハ12 041となって復活し平成の時代まで生き続け、現在はリニア・鉄道館に静態保存されています。
このクモヤ22 113は、クモハ12 041の部品取り用に廃車となったようです。

のちに平成になってから、クモハ12 041は伊那松島機関区で撮影していますので、こちらの画像はいずれまたご紹介しますね。


[PR]

by takurika54 | 2015-05-16 21:50 | 80年代 飯田線 | Comments(0)

80年代 飯田線 モハ80 345

飯田線特集パート2第45弾です。

e0264203_07404998.jpg
(モハ80 345 1982年春 伊那松島駅にて)

モハ80の画像はもう1枚ありました。
こちらは、パンタの無い側からの画像です。

緑とオレンジの塗り分けは、妻面の雨樋のところで切れているのが分かります。
妻面にも大きな窓があって、デッキ部分も開放的な印象だったことと思います。最近の車両は、妻面に窓の無いことが多いですもんね。

妻面には検査標記が見えていて、「55-5 浜松工」となっています。撮影時は昭和57年春ですので、全検から2年弱たった状態です。

撮影時は、戦前からの2扉3扉車を追っ掛けていたので86系は魅力を感じていなかったのですが、今こうして見直してみると中々味わいのある車ですね。


[PR]

by takurika54 | 2015-05-10 07:52 | 80年代 飯田線 | Comments(0)