「ほっ」と。キャンペーン

80年代 飯田線 クハ68 408

飯田線特集パート2第19弾です。

e0264203_21210412.jpg
(クハ68 408 1982年春 伊那松島機関区にて)

伊那松島機関区構内で撮影していると、クハ68 408が構内入換を始めました。引きが十分取れない位置でしたので、後方が切れちゃいました。

庫内で点検か何かするところだったのでしょうか?真ん中のドアが半開きのままです。
運転台側のステップに誘導掛の方がチラリと見えてますね。黄色いヘルメットをかぶって赤旗を持っています。

クハ68 408は、乗降扉間の窓が6枚あるので、元々セミクロスシートで製造された車です。
ホロ枠上には、ホロを引っ掛けるため(?)のフックが付いています。

誘導掛の方の向こう側には、黒い有蓋車が見えてます。ワムかワラでしょうね。伊那松島駅には貨物側線があり、貨物上屋に横付けされた貨車にさまざまな物資が積み込まれED62に牽引されて各地に出荷されてゆきました。


[PR]

by takurika54 | 2014-05-24 21:41 | 80年代 飯田線 | Comments(0)

80年代 飯田線 クハ68 403 その1

飯田線特集パート2第18弾です。

e0264203_00250913.jpg

(クハ68 403 1982年春 伊那松島駅にて)

伊那松島駅へ入線してきたクハ68 403です。

戦時中の輸送量確保のため2扉車を3扉車に改造して誕生しています。クハ68 405と同様に、2等・3等合造のクロハ59がルーツで、2枚目の昇降扉以降の窓割りに特徴があります。

運転席側の窓だけでなく、助手席側の窓と運行表示窓さえもがHゴム化されています。撮影した中学生当時は、このHゴム化された姿が余り好きでは無かったのですが、今見るとこれはこれでなかなか味わいのある顔をしています。窓がHゴム化されながらホロ枠が残り、運転席窓下には丸いベンチレータが取り付けられていて、オリジナルと非オリジナルがアンバランスに融合しています。

クハ68 403は、便所用の水タンクを便所上の天井部に取り付けられているらしく、床下にタンクが無いのも特徴だそうですが、この画像からはうかがい知ることは出来ません。残念。

画像左隅には、柱に取り付けられた駅名板が見えてますが、筆書きのような書体で書かれたホーロー製ですね。


[PR]

by takurika54 | 2014-05-18 00:47 | 80年代 飯田線 | Comments(0)

80年代 クハ115

家族旅行で戸隠へ行った時の帰りに乗車した115系各停です。

e0264203_02062195.jpg
(クハ115 1000番台 1980年夏 黒姫駅にて)

115系は、113系を耐寒・勾配路線向けに強化された車で基本番台は1963年から製造されているのですが、この車は上越・信越向けに1977年から製造された1000番台です。撮影した時は、製造から数年しか経っていなくて、まだまだヤレた感じはしませんね。

製造された時から、前照灯はシールドビーム化されており、タイフォンにはバタフライタイプのカバーが付いています。

当時の興味からすると、ありふれた近郊型の車両を撮影することは無かったハズですが、住んでいた関西地区ではお目にかかれない115系で湘南色の塗り分け方が珍しくて撮影したのだと思います。

この時は直江津方面へ向かうのに黒姫駅からこの編成に乗車しています。
夏休み中なので、ホームには結構な数の乗客がいます。


因みに113系の塗り分けです、(記事はこちら)
113系は前照灯下の緑の塗りが、斜めになっていますね。

e0264203_23593306.jpg
(クハ111 1979年春 小郡駅にて(再掲))

[PR]

by takurika54 | 2014-05-17 02:34 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 飯田線 クハ68 400

飯田線特集パート2第17弾です。

e0264203_23154080.jpg
(クハ68 400 1982年春 伊那松島機関区にて)

昇降扉間の窓が6枚ある正統派51系です。製造当初からセミクロスシート仕様で誕生しています。
シル・ヘッダーにはリベットがあり、武骨な印象です。

もう少しサイドぎみの画像ならハッキリ分かるのですが、この車の台車は何故かコロ軸のTR34を履いています。通常、クハ68は平軸のTR23なんですけどね。

左側にチラリとスカ色の旧国が見えてますが、こちらは洗浄線です。
洗浄線との間には何やら赤茶けたものが見えますが、これは使用済みの制輪子の山です。処分するのに鉄カゴに大量に入れてありました。錆びるってことは鋳鉄製ですね。


[PR]

by takurika54 | 2014-05-10 23:41 | 80年代 飯田線 | Comments(0)

80年代 EF58 115

GW中は旅行に出掛けていて、UPはGW最終日となってしまいました。
実家の地元の西宮の画像です。

e0264203_08251969.jpg
(EF58 115 1980年頃 西ノ宮~芦屋間にて)

大阪方面から神戸方面へ向かう下りの団臨列車を牽引して、夙川を渡って大手前大学の手前のカーブに差し掛かったところです。

遠くて少し流れた画像ですが、EF15&EF58を主に扱っておられるこちらのHPの掲示板から問い合わせして、形態の特徴から115号機ではないか?とのことで115号機としてご紹介します。
PS15、WP50、P形改造、ヘッドマーク取付座…等で識別されたそうですが、80年代の車両は個体差が結構あって、車番が分からなくとも特徴から車番割り出し出来るところが宝探し的で面白いところです。

12系客車を6両牽引して軽やかに通り過ぎてゆきましたが、当時はEF58の牽く団臨をよく見掛けたものです。


[PR]

by takurika54 | 2014-05-06 08:50 | 80年代 EF58 | Comments(0)