「ほっ」と。キャンペーン

80年代 オハネフ12 2051のサボ

以前、オハネフ12 2051をご紹介しましたが、今回はサボの画像をお届けします。

e0264203_217129.jpg

(オハネフ12 2051 1981年春頃 大阪駅にて)

急行「きたぐに」は、大阪駅に入線して客扱いの間しばらく停車していましたが、その間にサボの写真を撮ったものです。
サボ受けは差し込みタイプなのですが、サボ自身は吊り下げ型です。
青地に白文字の極めてシンプルなタイプです。個人的には、急行越前や急行能登といった上野駅発着の夜行急行の、行先と愛称名の入ったツートンのサボが好きなのですが…。東北の客車に見られた白地と青地のツートンのサボも格好良いですよねぇ。
折角の優等列車なのに、青い車体に青地のサボでは、サボが目立ちませんよね。
左隅には大鉄局の、右隅には宮原区を示すマークがあります。

サボ受けは、左右に上下動用のガイドがありますが、下部は小さなストッパのようなものが2箇所あるだけです。

オハネフの車体は、外板に痛みがあり、塗装の浮き(めくれ)を補修してあります。一見キレイに見えても、近くで見ると結構痛々しいのが10系客車の印象です。



にほんブログ村

にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-29 21:26 | 80年代 客車 | Comments(2)

80年代 EF66 18

実家の地元、西宮です。

e0264203_225329.jpg

(EF66 18 1979年頃 芦屋~西ノ宮間にて)

夙川の土手の西側、夙川公民館のある公園からちょい先で撮ってます。
カメラの調子がおかしい(?)のか、光が漏れ込んでしまって左側が赤くなっています。

撮影技量も無く、背のあるフェンスに登りながらの撮影でしたので、手前に引き寄せる前に撮ってしまい、架線柱にかかり気味のダメダメ画像です。
架線柱ごしに、チラッと黄緑色が見えてますので、コンテナ車を牽引していたのでしょう。

EF66 18は一次型だそうで、当時下関区に所属し、その後JR貨物に継承され、飾り帯やナンバー周辺の装飾が外されたうえで貨物更新色に塗られてしまったようで、既に6年前に廃車になってます。
EF66 18は、ひさしの取付も無くオリジナルを保っています。スノープローが凛々しい姿です。ヘッドマーク掛けはありますが、結局ブルートレインを牽引することはありませんでした。

プリントスキャンの粗い画像ですが、EF66 26をご紹介済みですので、こちらも見てやって下さい。EF66 26はひさし付きに改造されてます。
~訂正~
急行越前さまよりご指摘がありまして、誤りを訂正しました。(9/29)
EF66 26は新製時よりひさし付きで落成してます。  ご指摘ありがとうございました。



にほんブログ村

にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-28 02:18 | 80年代 電気機関車 | Comments(1)

80年代 EF81 111

京都駅を通過中のEF81 111です。

e0264203_063283.jpg

(EF81 111 1979年晩秋 京都駅にて)

この撮影は、恐らく1番線からだと思います。突然、EF81が単行でやってきて、北陸方面に向かってゆっくりと通過してゆきました。
撮った時は分からなかったのですが、後日プリントしてみて偶然にも111号機だったのでびっくりした記憶があります。81の1を含めると「1」が四つゾロ目になってます。

111号機のことを検索してみたところ、2003年(平成15年)に廃車になっていました。もう10年も前に鬼籍になっていたのですね。まだ僚機が最後の活躍をしていることを思うと、状態の良し悪しや全検時期の巡り合せが悪かったのかも知れません。

EF81は交直機なので、大阪以西でも運用出来ますが、残念ながら大阪以西での定期運用は無かったハズで、地元西宮ではローズピンクを拝むことは出来ませんでした。大阪駅へ行っても、米原経由の「きたぐに」はEF58牽引でしたので、EF81を見た記憶がありません。当時は「つるぎ」や「日本海」がEF81牽引で大阪駅まで運用されていたハズですが、何故見た記憶が無いのでしょう?ナゾです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-23 00:24 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 EF58 162

大阪駅に入線するEF58 162です。

e0264203_1374396.jpg

(EF58 162 1981年春頃 大阪駅にて)

以前ご紹介したEF58 163の一番違いです。
未だ寒い時期だったのでしょう、まるで蒸気機関車かのようにSGをもうもうと吹き上げながら大阪駅に入線するところです。白い蒸気が吹き過ぎて、2基目のパンタグラフが見えないような状態です。

EF58 162は浜松区の所属で、当時の東海道・山陽筋の荷物列車では良く見掛けました。稼働率が高かったのでしょうね。浜松区のEF58は、ヒゲ(飾り帯)が錆びていることが多く、正面窓がHゴムで、米原区や宮原区の車に比べると色気の無い車が多かったように思います。
優等列車の牽引が無かったのでしょうか?ヘッドマーク掛けすら無く、鼻筋がのっぺりしています。

牽引されている荷物車ですが、1両目はマニ50ですね。2両目はパレット車のようですが、全身が青く塗られているのでマニ44でしょうか?
3両目もパレット車のようですが、ボディは銀色しているのでスニ40とかスユ44あたりでしょうか?

画像を拡大してみました。
e0264203_14122199.jpg



ホームに乗客は見えませんが、ターレットが1台ポツンと置かれてます。水色の円筒の胴体に、下は黒黄の警戒色に塗られてます。大阪駅のように荷物の扱い量が多い駅にはターレットが何台も居て、集配荷物を積んだ台車を数台引っ張ってホーム上を走っていました。
ターレットの走る光景は、ホームでは見られなくなりましたが、築地市場をはじめ全国の市場では今でも大活躍しているのを見ることが出来ます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-16 14:14 | 80年代 EF58 | Comments(2)

80年代 489系はくたか その2

戸隠へ家族旅行した時の帰り道で、乗り換えの直江津駅です。
以前、直江津駅に入線するはくたか号をご紹介しましたが、このはくたか号が停車しているところです。

e0264203_1537468.jpg

(クハ489 1980年夏 直江津駅にて)

夏休みですので、ホームには行楽客らしき方が多くおられます。学生らしき人もいます。はくたか号は客扱いしているはずですが、ホームの方々に動きが無いですね。待っているのははくたか号ではなかったのかも。

左には、黒姫駅から乗ってきた115系各停が停車しています。

向こうの方のホームには、有蓋貨車とナハフ10らしき10系座席車が停車しています。
ナハフ10と重なるようにして、ブルーの制服を着た女性が二人立っているのが見えますでしょうか?どうやら、食堂車の配膳やワゴンサービスを担当する職員のようです。直江津で職員が交代することになっていたのでしょうか?


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-15 16:09 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 阪急946

久々に阪急の車両をご紹介します。中学の時に友人からもらったプリントのスキャンです。

e0264203_22483410.jpg

(阪急946 1978年頃 西宮北口~阪神国道間にて)

今津線が分断されず、西宮北口のクロッシングを経て今津と宝塚を結んでいた頃の画像です。

当時、今津線には、神戸線の本線から退いて支線のローカル運用で最後のご奉公をしていた吊掛けの旧型車の宝庫でした。画像の920系をはじめ、800系・810系やボディを1100系風にアコモ改造した1250系が活躍していました。
今津線は駅間も短く、編成自体も短くなり、神戸線本線のようにモータ音をかん高く唸らせることはありませんでしたが、重厚感あふれる魅力を醸し出していました。

920系と800系は2ドア車ですが、810系と1250系は3ドア車です。昔は、国鉄も大手私鉄も、車長やドア数の合わない編成が混同して使われました。予めドア数をアナウンスしておかないと、整列乗車なんぞ出来ませんよね。
800系や810系と違い、シールドビーム化されたとは前照灯が屋根に言え埋め込まれなかったのは幸いです。今見ても惚れ惚れするスタイルです。

当日に撮影されたと思われる阪急928もご覧下さいね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-14 23:11 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 EF58 36 その6

大阪駅で撮ったEF58 36の画像第6弾です。一応これで終わりです。

e0264203_10403926.jpg

(EF58 36 1981年春 大阪駅にて)

客車と連結している側の運転席窓から、ファインダーを覗かずに手を伸ばして発光させて撮ってます。幸い、手ブレすることなく何とか運転席を撮ることが出来ました。

真ん中で白く光って(?)いるのが、運行票挿しです。
その左にスピードメーター等のゲージプレートがあります。このゲージプレートは、正面窓が小窓になってからは運転台に埋め込まれますので、立ったプレートはかつて大窓車であったことの証しです。

尚、小窓車の運転席はこちらのHPを参照して下さい。横川に保存の172号機の運転台だそうです。


耐寒仕様ですので、正面窓にはデフロスターが装備されてます。
助手席側には手ブレーキ用の大きなハンドルが見えてます。
助手席窓は、固定化されてHゴムがはまっているのも見えてます。

旧型電機の運転席は重厚感があって好ましいですねぇ。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-08 10:53 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 キハ20 416

加古川駅です。

e0264203_8263019.jpg

(キハ20 416 1980年春 加古川駅にて)

首都圏色に塗り替えられてしまっているキハ20 416です。バス窓の初期車では無く、ユニット窓のタイプです。

豊橋駅で撮影した二俣線用のキハ20 283キハ20 509も首都圏色に塗り替えられてましたが、前照灯下で屋根と塗り分けられてました。
このキハ20 416は、前照灯下では塗り分けられることなく、おでこ全体に車体と同じ首都圏色が塗られています。

その前照灯は、2灯シールドビーム化されてます。いわゆるブタ鼻です。まだ早春の時期で、走行時のスキマ風が寒かったのでしょうか、エア取り口にはガムテープで目張りがしてあります。

ホームには、灰色のコートを着た少年が歩いてますが、一緒に撮影をしに行った中学校の同級生のS君です。今でもS君は鉄道ファンを続けているのでしょうか?


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-07 09:51 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 EF58 36 その5

大阪駅で撮ったEF58 36の画像第5弾です。

e0264203_634941.jpg

(EF58 36 1981年春 大阪駅にて)

EF58 36は、車体を2/3ほどにカットされて、足廻りも付いた状態で今でも広島で現存しているそうな。現存と言っても個人所有なので荒れるに任せて状態は良くないとのこと。
とは言え、172台製造されたEF58のうちのたった2台の変則窓機が残っているのだから、程度が悪かろうと貴重と言わざるを得ませんね。

いろいろな方が現存の状態をブログやHPでレポートされてますが、側面のナンバープレートや製造銘板は取り外されているようなので、今回ご覧頂くような状態を見れないようです。

EF58 36は、昭和27年(1952年)東京芝浦電機株式会社製、要は東芝製ってことです。
撮影時点で製造から約30年が経っており、風雪にさらされ車体は少し凸凹して痛々しい状態です。
ナンバープレートは、磨き過ぎでしょうか?下地が見えてしまっているような感じがします。車体と同じ色の下地ってのもちょっとおかしいですが…。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-01 06:51 | 80年代 EF58 | Comments(0)