80年代 183系あずさ

辰野駅です。

e0264203_18132521.jpg

(クハ183 あずさ 1980年夏 辰野駅にて)

昨年11月から今年4月にかけて、飯田線特集パート1をお送りしましたが、その時に辰野駅で撮影したものです。クモハ54 001を撮影したホームと同じホームの反対側に入線してきました。当時住んでいた関西では見ることの出来ないL特急だったので、撮影したものと思います。

貫通扉の付いた0番台です。あずさの愛称イラストも懐かしいですね。
夏場ですので、車掌は白帽に白スーツです。見た目は涼しげですが、夏場にスーツ着用はやはり暑かったことでしょうね。

ホームには、その辺へ買い物に出掛けるおばちゃんが居ますが、おばちゃんは特急には乗らずに次の各停を待っているようです。

あずさの向こう側には、茶ワムに黒ワムが停車中です。全検上がりっぽいツヤのある黒ワムは、スポーク車輪を履いているようです。ん~、貨車の編成も撮影しておくべきだった!と思っても後の祭りです、残念。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-08-31 18:31 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 EF58 36 その4

大阪駅で撮ったEF58 36の画像第4弾です。

e0264203_2252363.jpg

(EF58 36 1981年春 大阪駅にて)

第1弾で、大阪駅に入線するところの画像をご覧頂いてますが、特徴ある7ツ窓がちょっと分かり辛い画像でした。今回ご覧頂く画像は足廻りが全く見えてませんが、特徴ある7ツ窓がよりクリアに見える画像です。

7ツ窓のうち、一番手前の窓は半分開いてます。機械室の熱のこもりを逃がしているのでしょうか?7ツ窓のうち、真ん中の3枚が嵌めころしになってます。

前端バリは、標準より狭く、車体振替した旧EF58と同じものです。そこに、P型改造され元空気ダメ管ジャンパが追加されているので、狭い場所にごちゃごちゃと賑やかです。

EF58は、尾灯と正面つかみ棒のアタマの高さ位置がほぼ同じで、サイドぎみに撮らないとつかみ棒アタマが尾灯に重なり、ウインクしたかのように見えたものです。その点、前端バリの狭いEF58 36は、つかみ棒も少し内側にあるため、尾灯と重なることなく、割と良い角度から撮ることが出来ました。

EF58 36にはデフロスターが付いてますね。ひさしもあって本来の寒冷地仕様に近いものになってます。ホイッスル覆いがあれば完璧ですが、残念ながら撤去されてます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-08-25 23:05 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EH10 43

実家のある地元西宮です。

e0264203_22502754.jpg

(EH10 43 1980年頃 芦屋~西ノ宮間=現在のさくら夙川付近)

交差パンタPS22に換装されたEH10 43です。
高速貨物を牽引していたのでしょうか?コンテナ車を連ねているようです。懐かしの黄緑色したコンテナに、白ラインや青ラインが見えてます。

EH10の他に、真っ黒車体の車って日本の鉄道ではほとんど見掛けませんよね。(あっ!蒸気は別です(汗))黒と黄色の警戒色の組合せですが、黄色がホンのライン程度にしか無いので、警戒色っぽくは見えません。

ただ、黒い車体ゆえ、尾灯のレンズのクリアレッドが黒のなかに埋もれてしまうように見えて、まるでパンダの目のような感じです。
EH10は交差パンタにこそ換装された車がありましたが、2灯シールドビーム化(ブタ鼻)や1灯シールドビーム化されることが無かったので、パッと見は美観を大きく損ねることは無かったように思います。

いよいよ来月には、天賞堂からプラ製のEH10が発売になりますね。
電機は私の収集の対象では無いので購入予定はありませんが、先日天賞堂銀座本店に行った際にはサンプルがお目見えしており、中々格好良いプロポーションをしていましたよ。
e0264203_2331914.jpg

(天賞堂のHPより)

画像は、夙川の土手から撮ってますが、画面右隅に男の子が写ってます。近所に住んでいたT君の後ろ姿です。この頃は、線路内に入って悪さする輩が居たこともあり、フェンスには有刺鉄線がぐるぐる張られています。
土手で列車を撮影する際に、この有刺鉄線にセーターを引っ掛けて、母親にエラク怒られたことを思い出しました。

EH10のネガはこれでおしまい。
これまでご紹介したEH10も見てみて下さいね。
EH10(車番不明)
EH10 22
EH10 24
EH10 44


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-08-24 23:15 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 EF58 36 その3

大阪駅で撮ったEF58 36の画像第3段です。

e0264203_9134560.jpg

(EF58 36 1981年春 大阪駅にて)

前回のその2では、2エンド側の画像をご覧頂きましたが、今回は1エンド側を真横から撮った画像をご覧頂きましょう。

ヒサシ付きのEF58は、真横から撮るのが一番格好良いと個人的には思っています。EF58 36のヒサシは、ほぼ水平になってますね。車によってはヒサシがやや上向きややや下向きの車もあったようです。ヒサシには出っ張りが見えてますが、ワイパーをWP50に換装する際に取付けがヒサシと干渉してしまうために出っ張りを設けて逃げを作ってます。

米原区のEF58は飾り帯(ヒゲ)が良く磨かれてましたが、このEF58 36もしっかり磨かれてます。ただ、ヒゲ自体はベコベコです。ヒゲは良く磨くのに、エンド標記は磨かれていませんね。「1」は塗り潰されているように見えます。

EF58 36はP型改造を受けているので、掴み棒の根っこの下の辺りにクランク状に処理された元溜め管が見えてます。ヘッドマーク掛けもより掛け易いように工夫されているのが見えてます。優等列車を牽引してきた証しです。

いつ見ても何とも惚れ惚れする横顔です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-08-18 09:49 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 581系雷鳥

京都駅に入線する「雷鳥」です。

e0264203_1753298.jpg

(クハネ581「雷鳥」 1979年晩秋 京都駅にて)

1978年のダイヤ改正から、間合い運用として583系が「雷鳥」に4往復設定されたそうで、その運用を撮ったものです。ポイントを渡りながら長い編成がクネクネと入線してきています。
撮影は山陰線ホームから行っていますが、山陰線ホームから改札口に近いところは北陸方面への優等列車の発着ホームとなっていたハズです。

先頭車は、乗務員扉と乗降扉の間に発電機を収納した機械室が見えてますのでクハネ581ですね。雷鳥のイラストが入ってますので、当時国鉄がL特急と称して人気をあおっていた頃です。

関西~九州間の寝台運用の画像は、明星彗星をご紹介済みですので一緒にご覧下さいね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-08-17 18:04 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 キハ20 25

今日は平日ですが、会社が盆休みなのでUPしちゃいます。
加古川駅です。

e0264203_1041036.jpg

(キハ20 25 1980年春 加古川駅にて)

加古川駅に初めて降り立った時に、目の前を加古川気動車区へ引き上げてゆくキハ30 35とキハ20 25が通るところでしたので、慌ててカメラを構えて撮ったものです。慌てていたからでしょうか、エラく斜めになった画像で恐縮です。

キハ20 25は昭和32年(1957年)東急車輛製で、初期車だけが持つ好ましいバス窓です。バス窓のHゴムは全てグレーです。
台車は、本来DT19(TR49)を履いているはずですが、DT22(TR51)に履き替えられてます。
乗降扉間は、戸袋窓が2個と客窓が5個並んでますが、左右対称では無いですね。客窓は左3個と右2個の間に少し間隔が広がっており、この広がりの部分に排気筒が通ってます。排気筒は室内に仕込まれてます。

左にはキハ35が編成されてますが、こうやって並んでみると、キハ35系の上部塗り分けの無いところが目立ちます。何故キハ35系は上部塗り分けが無いのだろう?と思ってましたが、もしキハ35系に上部塗り分けがあったら、ちょっとクドイ顔立ちになっていたでしょうね。キハ35系に上部塗り分けが無いのは正解だったのでしょう。この辺のデザインや色バランスは何とも絶妙ですね。当時の国鉄車両のデザインはホント良く良く考えられているなぁと感心してしまいます。

キハ20のバス窓車は、キハ20 88もご紹介してますので見てみて下さいね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-08-16 10:38 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 111系

家族で萩へ旅行した時に、小郡駅で捉えた111系です。

e0264203_23593306.jpg

(クハ111他 1979年春? 小郡駅にて(現新山口駅))

小郡駅6番線ホームに停車中の111系の6両編成です。
グロベンが並ぶ非冷房車ばかりの編成です。1979年の車両配置表を見ると、下関区に111系が、広島区に115系が配置されてますので、下関区の車でしょうね。

温暖な地域しか走らない編成ですが、デフロスターが付いてます。スカートは真っ黒、密着連結器は錆びなのでしょうか?赤茶色しています。

隣りの7番線ホームには、ワム60000か70000の黒い有蓋車が停車中です。

この111系ですが、以前新幹線ホームから見下ろして小野田線の旧型国電を撮った画像にチラりと写っている編成だと思います。こちらの画像もご覧下さいね。

<追補>
H26.3.3 よりクリアな画像に入れ替え

にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-08-11 17:42 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 スハフ42 227

頂き物ネガフィルムも今回が最後です。コマはあと数枚あるのですが、ピンボケや手ブレや何を撮影したか不明でお見せ出来るようなものでは無いので、今回で打ち切りです。最終は第11弾です。

e0264203_14335780.jpg

(スハフ42 227 1979年か1980年頃 宝塚駅にて)

ちょっと手ブレした画像でお見苦しいです。

大阪発福知山行きの各停の客レです。
第10弾でご紹介のスハ42 99は、サボは吊り下げ式でしたが、今回のスハフ42 227は落とし込み式になっています。サボ自体は吊り下げタイプですね。
近代化改装により、窓枠はアルミサッシ化されてます。客車のことは明るく無いのですが、この水タンクは鋼鉄製でしょうか?それとも軽量化されたFRP製でしょうか?一見鋼鉄製のように見えますが、どなたか識別の仕方を教えてもらえませんか?

ボティはあちこち補修跡が残ってます。補修箇所にタッチアップしてあります。ネガの傷や変色ではありませんよ。

福知山行きはちらほらと乗客が居る程度で、のんびりムードです。

手元にある1979年配置表によると、スハフ42 227は福知山区所属です。1年ほど前に宮原区所属のスハフ42 2299をご紹介済みですのでこちらもご覧下さい。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-08-04 15:15 | 80年代 客車 | Comments(3)

80年代 クハ79 370

中学2年の時に日帰りで広島へ行った時の画像です。

e0264203_20163464.jpg

(クハ79 370 1980年夏 横川派出所にて)

以前、横川で撮ったクハ79 214をご紹介してますが、こちらはアルミサッシ化されてましたが、今回ご紹介のクハ79 370は三段窓が残っています。とは言え、戸袋部はHゴム化されてます。
元々、三段窓は中段が固定され、下段は上へ(中段へ)、上段は下へ(同じく中段へ)、スライドさせる構造だったはずですが、よぉ~く見るとこの車は中段の窓も動いてます。いったいどんな構造になっているのだぁ??
真夏でしたので、留置車両ながら窓は開き放題です。

サボ受けはシル上に取り付けられてます。普通はシルと雨樋の間に取り付けられるはずですが、横川の車は何故かシル上に取り付けられていて、聞いた話しだと、サボ受けがシルより幅が大きくて、サボの出し入れのうちにサボ受けが歪んだ車があったとのことです。

台車は軽快なTR48です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-08-03 20:38 | 80年代 旧型国電 | Comments(0)