80年代 急行丹波 キハ58系その3(キハ58 447)

頂き物フィルム第7弾です。

e0264203_12573187.jpg

(急行丹波 キハ58 447 1979年か1980年 宝塚駅にて)

ドアが閉まっているので、ちょうど発車したところを捉えたようです。

貫通渡り板が立っていて、車番が見えています。キハ58 447は、宮原機関区に所属していたようです。

運転席室側のワイパーは2本腕に換装されて、その際に大きな台座が外付けされてます。
乗務員室側のワイパーは1本腕のオリジナルです。

タイフォンカバーはシャッター式です。尾灯は外ばめ式に改造されてます。
解結が頻繁にあったのでしょうね、ホロ付きです。

ちょっと暗くて見辛いのですが、スノープラウが付いてます。が、単線用の片流れ(と言えばよいのかな?)型です。機関車のスノープラウを見慣れていると、何となく違和感がありますが、単線用のスノープラウはほぼ気動車にしか取り付けられないので、貴重かも知れませんね。

上り大阪行の客車列車と交換してます。車番はオハフ45 2002ですね。オハフ45 2002は、1979年の配置表を見ると向日町所属ですが、向日町所属で福知山線の客車列車の運用ってあったのでしょうか?
サボはサボ受けにはまってますが、サボ自体はホーロー製の吊下げタイプです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-06-30 14:02 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 EF58 36 その2

大阪駅です。

e0264203_2165836.jpg

(EF58 36 1981年春 大阪駅にて)

以前、大阪駅に入線するEF58 36をご紹介しましたが、今回は入線後に構内に停車中のところを捉えた画像をご覧頂きましょう。

12系座席車を牽引して大阪駅に到着です。恐らく団臨を牽引していたと思われます。

この位置からだと、特徴ある側面変則7つ窓は見えません。
が、運転席前部窓が固定化され灰色Hゴムがはまっていたり、特急牽引機の名残でヘッドマーク掛けがあったりと、36号機の特徴が見てとれます。

乗務員扉は、FRP製に取替えられてます。オリジナルに比べ窓が上部方向に大きく、扉下部には切り欠きタイプの取っ手が付いてます。
エアフィルターは、東海道・山陽筋で広く使われたビニロック型に取替えられてます。
以前ご紹介した画像は1エンド側でして、ヒサシが少々湾曲してましたが、2エンド側は湾曲していなくてノーマルな形状です。

やはり、米原区のカマですねぇ、ヒゲがピカピカに磨かれてます。うっ美しい!

バックの大きな建物は大阪中央郵便局です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-06-29 21:24 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 急行丹波 キハ58系その3(キロ28)

頂き物第6弾です。

e0264203_10454099.jpg

(急行丹波 キロ28 1979年か1980年 宝塚駅にて)

前回の第5弾では「急行 指定席」のサボをご覧頂きましたが、今回は「丹波 指定席」のサボをご覧頂きましょう。見ての通りグリーン車ですので、当然ながら指定席車です。

グリーン車の黄緑帯は、徐々に省略されるようになりましたので、省略前の貴重な姿です。クリームと赤のツートンの編成の中に、黄緑帯をまとった車両が1輌いて一般人を近寄せない風格がありました。
車内も、リクライニングシートに白いシートがかけられて、一般席との格差がありました。

昇降ドアは開いていて客扱い中ですが、デッキの内面はクリーム色ですね。第5弾でもご覧頂いたキハ28やキハ58のデッキ内面は黄緑色でしたので、一般車と差別化されていたのでしょうか?それとも、運転台側のデッキは、運転台の延長的な扱いで、運転台内面と同じ黄緑色になっていたのでしょうか?

貫通扉もすりガラスが採用され、隣りの車両から容易にキロの中が見えないようになっていたようです。この辺は、今の新幹線なんかにも継承されてますね。

車内の状況は覗い知れないのですが、恐らくグリーン車は空席だらけでガラガラだったのでしょうね。
関西では同じ列車で同じ時間に着くのに、高い金払ってグリーン車にわざわざ乗る価値を見出せないような風潮があって、京阪神の東海道筋の快速に連結されていたグリーン車も、昭和55年には廃止されてしましました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-06-23 11:18 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 マヤ34 2007

京都駅です。

e0264203_22970.jpg

(マヤ34 2007 1979年晩秋 京都駅にて)

京都駅の画像は、ネガフィルム紛失のためプリントをスキャンしていて粗い画像で恐縮です。

奈良線のキハ35系を撮っていて、キハが居なくなったら1線隣りにマヤ34がポツンと1輌留置されていたので撮影したものです。
車番の判明が難しかったのですが、スキャンデータを拡大したり、いろいろと調べた結果、当時向日町に所属していた2007と判明。2007は、側面のルーバーを窓に改造した際、窓が大きいのが識別になっているようです。ルーバーから改造された窓は、Hゴム支持になってます。
2007はJR西日本に継承されるも、車番と同じ2007年に廃車になったようですね。

平成になってからの画像は、いろいろな方のHPやブログで見ることが出来ますが、平成になってからの画像では、Hゴムが黒になってます。撮影当時は、Hゴムと言えば灰色が主流でしたので、黒Hゴムはやっぱり少々違和感があります。

連結器は双頭型で、画像ではナックル型の自連で連結する状態になってます。なので、電車以外の動力で牽引されることになります。このマヤ34 2007は、奈良線を計測検査したのでしょうか?


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-06-22 02:18 | 80年代 客車 | Comments(0)

80年代 急行丹波 キハ58系その2

頂き物ネガフィルム第5弾です。

e0264203_1495776.jpg

(急行丹波 1979年か1980年 宝塚駅にて)

第4弾では天橋立行きの行き先サボをご覧頂きましたが、今回は丹波の急行サボをご覧頂きましょう。

赤字で急行と書かれ、その下には黄緑地に白字で指定席と書かれています。こちらは運転席側の出入口ですが、連結側の出入口には愛称サボが刺さっているハズです。

ドアが開いて客扱い中ですので、デッキが見えてます。
当時の国鉄の標準で、内装は黄緑色に塗られています。運転席側の内窓の位置は結構高いところにありますね。これだと、子供の背丈では前面を見ることは出来ません。

ホームと反対側の乗降扉も見えてますが、タブレット保護棒(柵?)は、車内側からはこのように見えていたのですね。今は、タブレット交換すること自体がほぼ消滅したので、こんな保護棒があることそのものが貴重です。
窓ごしには、上下線交換で停車中の旧型客車が見えてます。青い車体にグレーの屋根が見えてます。恐らくはスハ43系と思われます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-06-16 14:25 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 クハ55 056

今は新山口駅と駅名改称されてしまった小郡駅です。

e0264203_74018.jpg

(クハ55 056 1979年春? 小郡駅にて)

以前、新幹線ホームから撮ったクハ55 081をご紹介しましたが、同じ位置から右へ方向を振って撮影した画像です。右下に新幹線ホームの窓のサッシが写り込んでしまったダメ画像で恐縮です。

何を撮ったのか分かり辛い画像だったので、ご紹介はボツにしようと思ってましたが、たまたま写っている車が前照灯が屋根に埋め込まれたクハ55だったので、これは貴重だと思い採用としました。

20m車後の宇部線の旧型国電の中で、前照灯が埋め込まれている車は、クハ55 046,053,056の3輌存在したようですが、画像拡大とプレス扉の形状やHゴム色等で056と判断しています。

向こうのホームには黒い有蓋車が停車中で、左の屋根にリブのある車はワム70000のようです。その隣り、屋根が一部錆びている車は車番の数字が4ケタなのでワラ1のようです。

完成間近の自由通路の向こうには、ホロがかぶさった車両と救援車らしき事業車が留置されてます。事業者は黒くて窓の無い車両に見えるので、操重車用控車代用のワキ1000のようですね。ってことは、ホロをかぶった車両はソ80(ソ89)でしょうね。更にその向こうの車庫(?)の前にはワキらしき車長の長い茶色い有蓋車が留置されてます。

自由通路の完成時期から、撮影時期を特定しようと試みたのですが、検索ではヒットしませんでした。自由通路完成時期をご存じの方が居られましたご教示頂けると幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-06-15 10:03 | 80年代 旧型国電 | Comments(0)

80年代 急行丹波 キハ58系

頂き物ネガフィルム第4弾です。

e0264203_8382925.jpg

(急行丹波(キハ58系) 1979年か1980年 宝塚駅にて)

第3弾では、急行だいせんの行き先サボの画像をご覧頂きましたが、今回は急行丹波です。
行き先は、日本海は若狭湾に面した京都府の名勝地である「天橋立」行きです。

当時の時刻表を見ると、天橋立行きは1本しかありませんので、丹波1号のようですね。大阪を9時前に出て3時間半かけて天橋立まで運用されてました。
非電化単線で、優等列車といえども急行なので停車駅も多く、あちこちの駅で交換待ちをしていたからでしょうね、今では考えられないようなスローモーな行程です。

どのくらい時間短縮されたか試してみましたが、こうのとり号からはしだて号に乗り継いで2時間チョイですね。1時間以上時短になってます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-06-09 08:58 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 阪急854

中学生の頃、友人からもらった写真です。
元の仕上がりの悪く見辛い画像で恐縮です。

e0264203_8533219.jpg

(阪急854 1978年頃 西宮北口~阪神国道間にて)

西宮北口駅を背にして今津駅方面を撮ったものですね。
今の位置で言うと、県立芸術文化センターからガーデンズへ至る高松町の踏切のあたりだと思います。
この辺の景色は一変しており、かつては住宅密集地でしたが、再開発でホールやら高層マンションやらに変わってます。

阪急854は、戦後生まれの800系の制御車です。貫通扉のある1次型です。

前照灯は、ボックス収納型のシールドビーム2灯化されており、おでこだけが新性能車っぽく改造されており残念な姿でした。同じシールドビーム化でも、900系や920系の方がまだマシで、個人的には900系や920系の方が好きでした。

800系の制御車は、最晩年に甲陽線に残り、850と851が活躍してました。甲陽線で活躍していた頃の851の画像は2回ご紹介してますので、こちらこちらをご覧下さい。
また、854と同じ日に撮ったと思われる928もご紹介してますので、こちらをご覧下さいね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-06-08 11:07 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 急行だいせん キハ58系その2

頂き物ネガフィルム第3段です。

e0264203_20362018.jpg

(急行だいせん(キハ58系) 1979年か1980年 宝塚駅にて)

前回の第2段では、愛称サボの辺りの画像をご覧頂きましたが、今回は行き先サボとドア廻りの画像です。

大阪~大社間のサボです。サボには急行や列車名は書かれておらず、運行駅間だけが書かれています。横から差し込み型のサボで、大社の大と社の間に指を入れる小穴が開いてます。

戸袋の内側には、開いた乗降扉が見えてます。乗降扉には鉄格子みたいなものが見えてますが、これはタブレット保護棒ですね。タブレットキャッチャーに引っ掛けたタブレットが、乗降扉の窓ガラスに当たって割れるのを保護しています。
のちにタブレットが不要となった福知山線では、保護棒を取り外したキハ58やキハ28をチラホラ見掛けることが出来ました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-06-02 20:55 | 80年代 気動車 | Comments(0)