「ほっ」と。キャンペーン

80年代 飯田線 クモハ61 005

飯田線パート1第14弾です。

e0264203_14175599.jpg

(クモハ61 005 1980年夏 辰野駅にて)

以前ご紹介したクハ68 418の相棒で、2両編成で辰野駅1番線に停車中で、これから客扱いするところです。第12弾でご紹介したクモニ13 026の荷レが豊橋に向けて発車した後に入線してきたようです。

クモハ61は、飯田線の中では特異なロングシート車で、200km近くを走破する飯田線には不向きな車両だと思いますが、何故か伊那松島区に3輌も配属されてました。
正面窓は運転手側も車掌側もHゴム化されているものの、幌枠が残されており、パンタの母線や空気管が前面に通されて、運転席上のベンチも残っている等、なかなか武骨な好ましいスタイルをしています。
クモハ61は、第4弾でクモハ61 003をご紹介してますので、こちらもご覧下さいね。

クモハ61 005の向こうには有蓋車が留置されてます。画像を拡大してみるとワラ12862(ワラ1)と読めました。左隣も同じくワラ1のようです。
ワラの手前に居る日通のHINOのトラックも懐かしいですね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-24 14:41 | 80年代 飯田線 | Comments(2)

80年代 EH10 22

須磨付近を快走するEH10です。

e0264203_9235393.jpg

(EH10 22 1979年か1980年頃 須磨~塩屋間にて)

以前、EF65 110をご覧頂きましたが、同じ時に撮影したものです。
ネガ紛失で粗い画像で恐縮です。

中学生の時、友達と一緒に須磨海つり公園へ行ったのですが、その道中に国道沿いをブラブラ歩きながら、やってきたEH10 22を撮影したものです。
朝日の光線が海に反射して完全に逆光状態のうえ、EH10の車体が黒いため、とても見辛い画像です。相変わらずダメダメ画像で申し訳無い…。

EH10は貨物専用機なので、スカート廻りにごちゃごちゃとジャンパ栓が無くて非常にスッキリしてます。パンタはPS22Bに換装されておらずオリジナルを保っています。
牽かれている貨車は、どうやら茶ワムのようです。

EH10は、今年秋頃に天賞堂からプラ製16番が発売になるようで、今でも人気のある車種ですね。

EH10はNEKO MOOK/鉄道車輛ガイドシリーズでも取り上げられており、私も購入して愛蔵書になってます。黒い車体に黄色いラインは、当時も今も無いカラーリングで、本当にファンが多いのも頷けます。
e0264203_9411025.jpg


私は見に行ったことは無いのですが、大阪市淀川区の東淡路公園に61号機がたった1輌だけ静態保存されています。出来ることなら、交通博物館や科学館等JRの施設で保存されたキレイな姿を拝んでみたいものです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-23 09:46 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 飯田線 クモハ54 001

飯田線パート1第13弾です。

e0264203_0142163.jpg

(クモハ54 001 1980年夏 辰野駅にて)

以前、クモハ53 008の画像をご紹介しましたが、クモハ53 008の編成の最後尾につながれていたのがクモハ54 001でした。辰野駅から上諏訪へ向けて発車したところを後追いで撮影してます。
(クモハ53 008の相棒はクハ47 009の画像はこちらです)

クモハ54 001は、改造して編入された車と違い、乗降扉間の窓が6枚のオリジナル車です。
旧国もPS13に換装されている車もあるなか、PS11を堅持していました。乗降扉はプレスですが、3枚ともHゴム化されていない中桟付きのタイプで、窓の桟と連続していて整った姿です。
運用番号幕は2ケタです。運転席窓はHゴム化され、運転席上部にあるベンチは撤去され、塞がれているようです。

この編成から下りた乗客は、既に改札から出たり、乗り換えのために撮影したホームに移動したようで、不思議なくらい人がほとんど映り込んでいません。
クモハ54 001の後ろ側には、テルハが見えてます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-17 00:11 | 80年代 飯田線 | Comments(0)

80年代 キハ20 283

豊橋駅の二俣線のキハ20です。

e0264203_0242041.jpg

(キハ20 283 1982年春 豊橋駅にて)

以前ご紹介したキハ20 509と組み、2両編成になってました。
キハ20 509は前面補強されてましたが、この車は補強無しでオリジナルに近い形態をしてますが、首都圏色に塗られたうえ前照灯は2灯化されブタ鼻になってます。
前照灯右横のタイフォンは、スリット入りのカバーが欠損していてラッパがモロ見えになってます。

ドアは開いていて客扱いしているようですが、全く人気の無い感じで、乗客が居たのかどうかも今となっては分かりません。

いずれご紹介する予定ですが、加古川線で見た首都圏色のキハ20は、前照灯やタイフォンがあるおでこの方まで朱色が塗られていて印象が違います。この車は前照灯下のところで、朱色とグレーに塗り分けられており、屋根との塗り分け位置はこの車の方が正しいようです。
検査受け持ち工場によって差が生じるようです。尚、この車は名古屋車で全検受けていたようです。キハ20 509の検査標記を見て頂ければ、名古屋車とあります。

加古川線の車は、隙間風を防ぐために、通気口にガムテープ貼りして醜い姿をさらしていましたが、二俣線の車はガムテープ貼りは無くて、好ましい姿です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-16 00:40 | 80年代 気動車 | Comments(4)

80年代 阪急と並走するEF58

阪急京都線の車内から並走するEF58を撮影したものです。

e0264203_10463516.jpg

(EF58 撮影年月不明 山崎付近と思われる)

記録が全く無く、ネガも無いので、いつ撮影したかはさっぱり分かりませんが、阪急京都線の車中から並走する東海道線を走るEF58を撮影したものです。窓ガラスが反射したりしていて、見辛い画像で恐縮です。

荷物列車では無く、検査入場(出場)の際の回送と思われます。牽引されている車から見て宮原区に配属されていた客車でしょうか?

EF58の次位一両目はオハ35系でしょうか?青15号に塗られてますが窓のアルミサッシ化はされていないようです。
二両目はワキ8000?スニ40?〒マークは無いように見えます。
三両目はオロネ10もしくはオロネフ10ですね。急行きたぐに用の車でしょうね。
四両目は途中で切れてますが、屋根が明るいグレーなので鋼板屋根の車でしょうか?こちらも窓のアルミサッシ化はされていないようです。

EF58は車番はもちろん、原形小窓かHゴム化されているかすら分かりませんが、車体側面の車番はプレートのようです。飾り帯(ヒゲ)も磨かれているようで、宮原区の車でしょうか?

お見せするには質の悪い画像だったのですが、牽引されている車が雑多だったので貴重な記録だと思いアップしました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-11 11:09 | 80年代 EF58 | Comments(2)

80年代 飯田線 クモニ13 026

飯田線特集パート1第12弾です。

e0264203_8373790.jpg

(クモニ13 026 1980年夏 辰野駅にて)

以前、辰野駅に停車中のクモニ83 103をご紹介済みですが、その時の相棒がクモニ13 026です。

行き止まりの辰野駅1番線に停車しています。
73系のような顔立ちで、いわゆる食パンです。スカ色なので、御殿場線で活躍した車両のように見えませんか?
当時の伊那松島機関区の車は、クモエ21 009を除けば漏れなく運転席側の窓がHゴム化されてましたが、豊橋機関区に所属のこの車はHゴム化されずオリジナルを保っていました。

クモニ13は、豊橋機関区に025と026の2輌配されてましたが、正面から撮ったのではどちらか分かりません。どうやって識別したかですが、助手席側の窓下に、サボ掛けのようなフックが3ツ付いており、025にはこれがありません。このサボ掛けですが、首都圏で運用された車には「荷物電車」と書かれたサボを掛けていたので、026は首都圏から流れてきたのでしょうか?

右隣りの2番線には、乗車してきた4輌編成の上諏訪行きが乗降扱い中で、多くの方が下車されてます。大きな荷物や紙袋を沢山持っている方が居られ、旅行や帰省するところなのでしょうね。

左隣りは貨物ホームがあり、茶ワムが荷役中です。貨物ホームには、穀物か肥料か分かりませんが、茶袋が積まれています。更に、向こうの方にも茶ワムが見えてます。中央本線は新線が出来て、辰野駅はスキップされてしまいましたが、当時は中央本線との乗り換え駅で交通の要所でした。なので、取扱貨物量もそれなりにあったのでしょうね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-10 09:32 | 80年代 飯田線 | Comments(2)

80年代 クモハ73 009

中学2年の時に日帰り旅行で広島へ行った時のです。

e0264203_851847.jpg

(クモハ73 009 1980年夏 横川派出所にて)

以前クハ79 214をご紹介しましたが、今回は電動車のクモハ73をご紹介します。

車体を全金改造されたクモハ73 009です。ボディは完全に新製され、前照灯は車体埋め込みでノーシル・ノーヘッダーで正面窓や戸袋窓はHゴム化されてます。パンタへのケーブル・空気管は車体の内側に通されており、正面には露出していません。

73系の全金改造は、改造工場毎にいろいろと特徴があるようですが、009は浜松工場で改造されたようですね。
方向幕窓は無く、運行番号表示窓だけがあるタイプで、改造後は関東方面に配属されたのでしょうか、前サボ付きです。正面だけ見て009と識別するポイントは、運転台窓下にある開閉式のベンチのようです。

手前側の留置線には、オリジナルの半鋼車がおり、正面窓は3枚とも木枠でHゴム化されてない車ですね。当時の可部線には、正面窓3枚とも木枠の車は5車もあり、車番特定は困難でしょうか?専門的に研究されている方なら車番分かりますでしょうかねぇ?どなたか分析してみて下さい。

モデル・ワム(1/80)から全金改造車のキットが発売され、改造工場毎のタイプを作り分けされており、中々魅力的なキットですが、我が鉄道模型の収集は非電化線がテーマなので、導入しませんでした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-09 09:26 | 80年代 旧型国電 | Comments(0)

80年代 飯田線 クハユニ56 001

飯田線特集パート1第11弾です。

e0264203_10213975.jpg

(クハユニ56 001 1980年夏 伊那松島機関区にて)

以前、クハユニ56 002をご紹介しましたが、今回はクハユニ56 001をご覧頂きましょう。
一番駅に近い場所で留置されていたので、次に出番があったのかも知れません。

以前ご紹介した002は、ウインドシル・ヘッダーの無いタイプでしたが、001はシル・ヘッダー付きで、しかもシル・ヘッダーはリベット打ちされた車なので非常に武骨な感じがして格好良くて私は好きです。クハユニ56 001~004はクハニ67がタネ車ですが、タネ車の製造年月差でシル・ヘッダー有り無しがあるようです。
残念ながら正面窓は3枚ともHゴム化されてますが、運転席窓だけ1枚Hゴム化されるよりかは違和感無い感じもします。

屋根上のグロベンは等間隔配置されずに、荷物室と郵便室に離れて1個づつ、更に離れて客室に4個取り付けられています。改めて屋根を見ると、屋根は本来グレーに塗られているハズですが、こげ茶色に変わっているように見えます。

クハユニ56は、郵便室を示す〒マークが、クリームと青のツートンのなかでアクセントとなっていて好ましいです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-03 10:42 | 80年代 飯田線 | Comments(0)

80年代 DD51 6

場所の記憶も記録も無く特定出来ないのですが、竜華機関区をまたぐ跨線橋上だった気がします。

e0264203_872298.jpg

(DD51 6 1980年頃 久宝寺近くか?)

阪和線に残るEF15見たさに友達と遠征した時の画像です。(その時撮影したEF15 181の記事はこちら)
跨線橋を渡っている時にやってきたDD51ですが、初期車だったので撮影したものですが、流れてしまったうえ架線が思いっきり被ってしまったダメダメ画像で恐縮です。

正面の白帯が、車番にかからずに直線処理されている最初期車で、5~19号機までの先行量産車のうちの1台です。当時、吹田第一区には5~12号機と17~19号機が配され、直線処理の白線車が沢山居ました。重連総括制御が具備されていない車ゆえ、スカート廻りは非常にスッキリしており、おまけに暖地型でスノープローも無いので、同じDD51とは思えないような容姿です。
KATO(16番)の暖地型DD51をベースに改造して、吹一の最初期車を作ろうと思って早や10年近く経ってしまってます。構想ばかりで行動が伴わない…。

正面窓はオリジナルの白Hゴムです。今生き残っているDD51は黒Hゴム車ばかりですので、この辺の印象も違いますね。私はやはり白Hゴムの方が似合っていると思ってます。

DD51 6の次位は、ワム60000でしょうか?屋根にリブが無く、妻面はプレス処理されてます。その次は茶ワムことワム80000ですね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-02 08:31 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)