80年代 クハネ581 1

灘の操車場に留置されていた583系を見に行った時の画像です。

e0264203_656156.jpg

(クハネ581 1 1980年頃 東灘操車場付近にて)

昨日行った日本鉄道模型ショウのカタログに、581系・583系が特集されてましたので、当ブログでも581系をご覧頂きましょう。

以前ご紹介したEF65 524とワフ35315の撮影と同じ時に撮影してます。と言うか、EF65がおまけで、この日は東灘に留置されていた581系を見に行くのが目的でした。
確か、この時は、現地でウロウロすることを想定して、西宮から1時間以上掛けて自転車で行ったハズです。
東灘では、上り線下り線に分けて、計数十両が留置されていましたが、その中にクハネ581のトップナンバーが留置されていたのでパチリとした次第です。

運転台/乗務員扉後方、乗客扉の間に何やらスリットが見えてますが、ここは機械室になっていて電動発電機と空気圧縮機が収納されてます。583系では、発電機は床下配置されて機械室は廃されてます。

窓は比較的横長で、その上には明かり取り用の小窓が縦に2個づつ付いてます。

乗客扉の右上には、★★(星2個)付いてます。確か、これはB寝台車を表していたかと思いますが記憶違いでしょうか?A寝台車は★★★(星3個)だったハズですが…。記憶違いご指摘下さいませ。

クーラーとクーラーの間には通風器が取り付けられてますが、左右千鳥配置されているのが分かります。583系では千鳥配置は無くなり片側一列配置になってます。

留置の際、ブラインドは閉めることが基本だったのでしょうが、2枚目の窓のブラインドは閉まってませんね。

以前、「彗星」運用に入っていたクハネ581 7をご紹介してますので、こちらもどうぞ。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-28 07:45 | 80年代 電車 | Comments(2)

80年代 EH10 24

実家の地元、西宮の画像です。

e0264203_833038.jpg

(EH10 24 1980年頃 芦屋~西ノ宮間=現在のさくら夙川駅付近にて)

以前、パンタがPS22に換装されていないEH10 44をご覧頂きましたが、今回はPS22に換装された24号機です。
オリジナルのPS15の方がもちろん格好が良いのですが、EH10は車長が長くて案外PS22も悪くは無い感じがします。
貨物専用の牽引機なので、スカート廻りはジャンパ栓が無くてスッキリした印象です。

前面窓は上部に向かって内側に傾斜しており、103系の高運転台車にも通じるところもありますね。103系高運転台の車が、もし黒一色の塗装で、黄色ヒゲがデザインされていたらEH10みたくなるのでしょうか?

EH10 24は、昭和30年(1955年)に三菱電機+新三菱重工で製造されてますが、銘板が規格統一される前に製造されているので、中ぶりの楕円形した1枚銘板が取り付けられてます。楕円型にスリーダイヤが配された三菱の銘板って格好良くないですか?私は楕円形の頃(戦前のEF10等を含め)の三菱銘板が大好きです。

牽かれているのは茶ワムです。茶ワムなぞ、昔は当たり前すぎて見向きもしなかったのですが…。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-27 08:50 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 阪神武庫川線その14

3線軌条の末端部です。

e0264203_2144360.jpg

(阪神武庫川線3線軌条跡 1980年夏 洲先駅先南側)

阪神武庫川線をたどるシリーズもいよいよ大詰めです。

前回ご覧頂いた緩くカーブをえがいた3線軌条の末端部です。
右端に3線軌条が覗いてますが、そこから先は土の中に埋もれてしまっていて、やがてフェンスが設置され、そこから先(南側=海側)は未調査です。
真夏で暑かったのでしょうか?それとも念願の3線軌条が見れたことで満足してしまったからでしょうか?そこから先へは行かずに引き返したようです。
川西航空機のあった場所(=現在は武庫川団地)までは行かずじまいでした。3線軌条は無くとも、線路跡は更に続いていたかも知れません。川崎航空機の工場跡地には武庫川車両が盛業だったようですが、これも見ずじまいでした。

画面左上、フェンスの向こう側には、緑色のいすゞ117クーペの後部が見えてますね。今なら立派な旧車です。

次回がこのシリーズの最終回です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-26 22:07 | 80年代 私鉄 | Comments(0)

80年代 DD51 1184

福知山線です。

e0264203_903626.jpg

(DD51 1184 1980年頃 三田~広野間にて)

以前、三田市内で撮影したDD51 1177をご紹介しましたが、同じ日に同じ場所で上りの客レを撮ってましたので、こちらもご覧頂きましょう。
軽やかに駆け上がってきて思いのほかスピードが速く、流れてしまったうえ正面ナンバーにピントが合っていないダメダメ画像の掲示ですがお許し下さい。(ダメダメでも個人的には気に入ってるんですが…)
ここは、確か田んぼの中にある踏切から撮ったハズですが、緩い右カーブになっていて、ここから三田駅に向けて下り勾配の直線なので、スピードを乗せていたところなのでしょうね。
当時、この辺は非電化単線で、未だ新三田駅も開設されていない頃です。

DD51 1184のスカートにはジャンパー栓がごちゃごちゃと付いていて、重厚感を醸し出しています。福知山線を走るDD51はスノープローを通年装備していたので、足元が引き締まって見えます。

牽引されている車ですが、TR47を履いた緩急車なのでスハフ42のようです。乗降扉までは見えてませんので不確定ですが、近代化改造されていないようで、窓はアルミサッシではなく木枠のままです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-21 09:31 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 クハ55 081 その2

小郡駅です。

e0264203_6302393.jpg

(クハ55 081と324(かな?) 1979年春? 小郡駅にて)

以前、8番ホームから撮ったクハ55 081をご紹介しましたが、撮影の後、新幹線で関西へ帰るために新幹線ホームへ上がり、新幹線到着までの間に新幹線ホームから下を撮影したものです。

ホームからクハ55 081を撮影した時には電車は到着してませんでしたが、新幹線ホームに上がる間に8番ホームに電車が到着したようです。

到着した電車の最後尾がクハ55であることは確かなのですが、如何せんウデが悪くてブレとピン甘で車番が良く見えません。拡大すると、末尾が「4」のようです。こちらのサイトで末尾が「4」のクハ55を調べてみると、クハ55 324しかいないようです。特徴を見ると、「戸袋窓:木枠(Hゴム化されず)、ノーシル・ノーヘッダー車」とあります。ケーブルが邪魔して見辛いのですが、言われてみるとノーシル・ノーヘッダーのようです。

宇部線の電車はぶどう2号に塗られていましたが、こうして上から見ると、屋根はグレーでは無く茶色っぽく見え、車体色と同化してしまっているように見えますね。

もう1本向こう側のホームには、山陽線下りの111系が停車中です。
山陽線下りのホームと宇部線ホームとの間には、どのも3線くらい退避線があるようで、良く見ると退避線の1線にホキ車が停車中のようです。宇部線ホーム詰所の屋根ごしに黒い車体と白いホッパー内が見えてます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-21 07:01 | 80年代 旧型国電 | Comments(0)

80年代 阪神武庫川線その13

踏切跡より更に南側です。

e0264203_9514418.jpg

(阪神武庫川線3線軌条跡 1980年夏 洲先駅南側)

洲先駅から真っ直ぐ南下していた線路跡は、やがて緩やかに右へ弧を描いて住宅地へと吸い込まれてゆきます。
枕木は朽ち果て、路盤も荒れていますが、3線軌条だけはしっかりと残っていました。線路を固定している役目にはなっていないのでしょうが、犬釘がところどころに虚しく頭を見せています。

線路のすぐ近くに木が生えてますが、普通ではあり得ないことなので、戦後35年の間に木が自生したのでしょう。

木の合間からよ~く見ると、緑色のフェンスがはられており、フェンスの向こう側にはクルマが駐車されています。恐らく、フェンスで囲った手前側が阪神電鉄の土地で、フェンスの向こう側は民間地なのでしょうね。左側のフェンスは、紺色のステーションワゴンが駐車しているところで切れていますが、フェンスの無いところの敷地境界線はどうなっていたのでしょうね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-20 10:05 | 80年代 私鉄 | Comments(0)

80年代 489系はくたか

家族旅行で信州戸隠へ行った際の帰り道に撮ったものです。

e0264203_1574311.jpg

(クハ489 1980年夏 直江津駅にて)

以前、EF62 52雷鳥号の画像をご紹介しましたが、今回は「はくたか」号をご覧頂きましょう。

旅程からみて、恐らく「はくたか1号」=金沢行きと思われます。まさに直江津駅に進入するところです。

L特急ファンには申し訳無いのですが、今回は「はくたか」はともかくも、ホームを注目頂きたいです。
台車が2台と、パレット(キャスター付きの銀色した枠)が1台留めてあります。パレットは空っぽですが、台車にはダンボール箱やら大きめの袋が目一杯に積まれ、黒いネットが掛けてあります。
見辛いですが、荷物には荷札のようなものがぶらさがっているように見え、どの荷物も縄や紐でしっかりと縛られて梱包されてます。現代の宅急便のように、ガムテープ貼りではダメだったのでしょうか?(扱いが粗いから?)荷物は、茶色のダンボールのほか、みかんや野菜用の色付きのダンボールも見えてます。この辺を参考にして模型作成されると、よりリアルなものに仕上がるのでしょうね。

台車は、濃い緑色してます。赤い台車では無いので、国鉄の手小荷物扱い所で取り扱った荷物であることが分かります。(郵政で扱ったものは赤い台車で運ばれます)

RM MODELSの10月号(通巻206号)では、「荷レ」の時代の特集がありましたが、ここで掲載の記事の内容と照らし合わせながら画像を見て頂くと、「なるほど」と思って頂けるのではないかと思います。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-14 15:51 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 オハネフ12 2033

大阪駅です。

e0264203_8265958.jpg

(オハネフ12 2033 1981年春 大阪駅にて)

大阪駅に到着して客扱い中の「きたぐに」の最後尾に編成されていたオハネフ12 2033です。

窓が反射して、車内をうかがい知ることは出来ませんが、カーテンはされていないようです。朝日が眩しくて、普通ならブラインドをしてもよさそうですが、通路側なのでブラインドしなくても支障無かったのかも知れません。

クーラーの排水口が黒く汚れていて、等間隔に連なってます。模型で10系B寝台車を所有していますが、ここの表現は目立ちますので、是非とも穴開け加工したいところです。
便所・洗面台上の屋根にはガラベンが1個あります。クーラー横にも半ガラがズラリと並んでおり、10系B寝台車は屋根上が賑やかで魅力のひとつになってます。

こちら側の側面は、洗面台の窓はすりガラスでは無く白いうえ、こちら側では一番窓が大きいので非常に目立ちます。個人的には、寝台側の形状の方が好きですが…。

画面をクリックして別表示して頂くとオリジナルフレームとなり、隠れていた右端も見えますが、三脚を持った少年が映ってます。当時「きたぐに」は一番人気でして、これをお目当てに日参するファンも多かったはずです。とは言え、今ほどファンが群がることは無く、皆さん場所を譲りながら秩序ある行動が出来ていたように思います。



にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-13 08:47 | 80年代 客車 | Comments(2)

80年代 阪神武庫川線その12

洲先駅の先の3線軌条のアップです。

e0264203_2342465.jpg

(阪神武庫川線3線軌条 1980年頃 洲先駅南側)

更に南へ行くと、かつて踏切であったであろう場所になります。
ここは、車こそ通りませんが、歩行者や自転車が通ってたので、線路が磨かれて現役感を醸し出してます。戦時中の急造ながらも、踏み石が敷かれており、頑丈に作られているのですね。
狭軌と標準軌の間には、脱線防止レールが設置され、隙間には木杭を置いて犬釘で固定してあります。
踏切から向こう側は洲先駅方面ですが、一応立ち入りが出来ぬよう柵がしてあります。実際には、洲先駅を降りた乗客は、3線軌条の線路内を徒歩で家路についてましたから、柵の意味は成していなかったようです。

こうやって見ると、1067㎜と1435㎜はこんなに寸法差があるのか?と感じます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-12 23:32 | 80年代 私鉄 | Comments(0)

80年代 阪急851 その2

以前ご紹介した阪急甲陽線用851の2年後の画像です。

e0264203_12134981.jpg

(阪急851 1981年頃 西宮北口駅にて)

以前ご紹介した阪急851は、夙川駅に進入する画像でしたが、今回は西宮車庫を出庫して西宮北口駅を通って夙川に向かおうとしているところです。西宮北口のダイヤモンドクロス(平面交差)を通過して、力行を始めたあたりでしょうか。
手前に並べてある線路の辺りですが、今は今津線への渡り線へのポイントの辺りだと思われます。

ネットでいろいろと検索すると、阪急のサボは神戸博(ポートピア)の開催に合わせて、1981年3月にデザインを変えたそうです。
で、851の前面サボ「回送」は、デザイン変更後のもので、変更前は以前ご紹介した851のように「回」だけの表示でした。
夕陽に照らされ、台車が格好良く映ってます。この重厚感はたまりませぬ。

当時の西宮北口駅は地下通路になっていて、駅舎は地上にありました。今は橋上駅舎になっていて、東西南北どこへ行くにも便利になりましたが、昔は、車庫方面(北東)には出口や連絡通路は無かったハズです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-08 12:10 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)