80年代 キハ20 509

遠く離れて豊橋駅です。

e0264203_1831403.jpg

(キハ20 509 1982年春 豊橋駅にて)

飯田線走破した時に、早朝から夕方まで豊橋駅に居て、二俣線の気動車を撮ったものです。

二俣線は豊橋から東京へ2つ先の新所原発着が起点ですが、当時の時刻表を見ると、豊橋発着も日に4.5往復あったようです。真昼間発は12:36発640Dだけですので、恐らくこれだと思われます。
一番新幹線寄り(=南側・海側)に、短いホームがあり、2両編成がポツンと寂しく停車してました。

キハ20 509は、既に首都圏色に塗り替えられており、前面は補強板が取り付けられており武骨な印象です。
前照灯はブタ鼻(=2灯シールドビーム)化されており、前照灯の右側のタイフォンはスリットが見えず埋められているような感じです。
二俣線は解結して2両・4両編成になっていたのでしょうか?貫通ホロが取り付けられてます。
が、加古川線や山陰線ローカル、大阪拠点の山陰急行のキハ28系に取り付けられていたホロと形状が違うように思われます。関西で見掛けたキハのホロは、ホロ上部に2つ耳のような突起がありましたが、キハ20 509には見当たりません。念のため、キハ20 509と一緒につながれたもう1両のキハ20の画像も見ましたが、やはり耳無しのホロでした。
エコーモデルの貫通ホロ(気動車用):品番1666 は2つ耳ありなので、一般気動車用は2つ耳がスタンダードのようですが…、真相はいかに??

車体左下の床下には、便所の流し管がチラリと見えてますが、分かりますか?黒く細長い箱のようなものがそれです。車掌側のすぐ横にあったのです。両運転台車で便所付きとすると、どうしてもこのような処理になっちゃうのでしょうね。車両のど真ん中にはさすがに便所は付けれないのでしょうな。

にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-30 19:01 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 DD13 102

京都駅です。

e0264203_824415.jpg

(DD13 102 1979年晩秋 京都駅にて)

京都駅の山陰線ホームに進入してきたDD13 102です。構内入換のようです。操車掛の方が緑旗を示しながら、ゆっくりと目の前を通り過ぎてゆきました。

DD13 102は一つ目ライトの初期車ですが、台車はウイングばね式のDT113になった初期車の後期型です。吹田第一区に所属でした。
残念なことに、前照灯がシールドビーム化されていて、美観が損なわれています。加古川線のキハ20系キハ35系も同様のシールドビーム化改造された車が居ましたので、関西ではポピュラーな改造だったのでしょう。(加古川線のキハにはブタ鼻2灯前照灯車も居ましたが…)

京都駅構内でどんな入換がされていたのか全く記憶にありませんが、山陰線から東海道へ渡す荷物車の入換はあったハズです。山陰線の貨物列車は京都駅に一旦進入して、DD13あたりに梅小路まで牽引されていたのでしょうか?
以前ご紹介した草津線客車牽引のDD51の横にDD13が並んでいましたので、京都駅には常時数両のDD13が構内に居たのでしょうね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-29 08:43 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(2)

80年代 阪神武庫川線その10

終点の洲先駅です。

e0264203_23213722.jpg

(阪神武庫川線/洲先駅 1980年夏 洲先駅にて)

東鳴尾駅から一気に終点の洲先駅です。

土手下に石組みのホームがポツンとあり、お婆さんと孫を連れた女性の3名が電車の来るのを待ってます。

駅には、東鳴尾駅と同様、駅名表示板・時刻表・椅子・ゴミ箱・灰皿があるだけで、ここも券売機や自販機は見当たりません。

車止めは、古い枕木を2本縦に乗っけてワイヤーで固定しただけの簡素なものです。
手前右下にはチラッと3線軌条が見えてます。
駅へのアプローチは、未舗装の砂利道があるだけで、駅前広場やロータリー的なものは皆無です。
線路を渡している踏み石は、コンクリート板のようなものを並べてありますが、3線軌条の1本(=1067㎜狭軌用)が撤去されていて、撤去跡にはアスファルトで段差埋めをしてあります。
ってことは、このコンクリート板は戦中からあったものなのでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-29 00:19 | 80年代 私鉄 | Comments(0)

80年代 153系新快速その3

京都駅です。

e0264203_8401932.jpg

(クハ153 1979年晩秋 京都駅にて)

近江今津行き新快速で、低運転台車の0番台です。

個人的には、高運転台車の500番台よりも0番台の方が好きです。
500番台の顔は、他型式でも見慣れた姿ですが、0番台の低運転台の顔は型式が限定され貴重です。
低い位置にある大きな窓と、広いおでこ、大きな前照灯、個性を強調している感じがします。
それと、記憶では、0番台はデッキ側の運転台の窓の位置が低くて、かじり付きがし易かったハズです。

画像では、前照灯がスモール点灯してます。この日は雨だったので、運転手が前照灯点灯させ、駅で停車中の時はスモールにしていたのかも知れません。

前照灯がシールドビーム化された0番台の画像はこちらです。

隣りに写っている旧型客車は、草津線の客車です。左側の車番が見えている車両は、画像拡大して配置表で照合したところ、オハ46 386(天カメ)だと思われます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-23 08:51 | 80年代 電車 | Comments(0)

80年代 急行きたぐに オロネフ10とオハネフ12の連結

大阪駅に停車中の急行「きたぐに」です。

e0264203_8402368.jpg

(オロネフ10 2002(右)とオハネフ12 2018(左) 1981年春 大阪駅にて)

急行「きたぐに」は、B寝台車のオハネフ12×4両がA寝台車のオロネ10(またはオロネフ10)×1両をサンドイッチするような編成が組まれていました。
  EF58=スユ+12系座席車×6+オハネフ12+オハネフ12+オロネ10+オハネフ12+オハネフ12

オロネ10は、20系寝台車のナロネ21を模して造られた車で、デッキ廻りや上段寝台用小窓の配列が違うくらいで、白線の無いナロネ21的な印象です。

オロネ10は屋根が深く、オハネフ12と屋根の深さを比べるのに、連結面を真横から撮ってみたものです。右側は、尾灯が取り付けられておりオロネフ10です。
どちらも便所が向かい合っていて、オハネフ12は汚物タンク付きでオロネフ10は自然落下式のトイレ流し管になってます。グレードの高いA寝台車が旧態の自然落下式の流し管になっていて、この辺のアンバランス感も妙でたまらないですねぇ。
サボ受けの取付位置はほぼ同じ高さですが、号車はオロネフ10の方がだいぶ上側に取り付けられてます。

ちょっと分かり辛いですが、雨樋の形状に違いがあります。オハネフ12は斜めに向いたラッパ型をしてます。

引退間近で、ボディからはだいぶ老朽感がただよってます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-22 09:48 | 80年代 客車 | Comments(2)

80年代 阪神武庫川線その9

武庫川駅を南下し、一つ目の駅は東鳴尾駅です。

e0264203_23135428.jpg

(阪神武庫川線/東鳴尾駅 1980年夏 東鳴尾駅にて)

土手側から東鳴尾駅を撮ってます。画面右側が武庫川駅方面、左側が洲先駅方面です。

ここは当時から営業路線ですので、当然ながら駅や周辺はキチンと整備されてます。
画像をご覧の通り、当時は交換設備は無く、単線に1線のみのホームでした。一応、ホームには屋根がありますが、1両弱分の長さしか無く、券売機も自動改札もありません。当然ながらホームには自販機も無いです。
ホームには、駅名標識・ダイヤ・路線図・ゴミ箱・灰皿があるだけです。

ホーム向こう側(南側=海側)の石積みは、斜めにカットされているので、開業当初は向こう側からホームへの乗り降りをしていたのかも知れません。
ちょっと分かり辛いかも知れませんが、斜めにカットされたホームの向こう側は、雑草の生えたムダな空き地になってますが、当時は複線化開業を目指して土地買収されたのかも知れません。

1984年に、洲先駅から先の海側、武庫川団地前駅まで1駅延伸されたことで、東鳴尾駅に交換設備が設けられ、現在は2線行き違いが出来る島式ホームになっています。朝夕のラッシュ時には、2両編成が2本入って、東鳴尾駅で行き違いしているようです。
JRの営業路線から、タブレットが廃止される記事がつい最近ありましたが、武庫川線で今でもタブレット交換されていたら、さぞや話題になっていたでしょうね。

駅構内図は阪神電鉄のHPを参考にして下さい。
ホームの画像はこちらの方のHPにアップされてました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-21 23:49 | 80年代 私鉄 | Comments(0)

80年代 クモハ32 002

高槻電車区に入構許可頂いた時の画像です。

e0264203_905821.jpg

(クモハ32 002 1981年頃 高槻電車区にて(許可を得て構内入場のうえ撮影))

以前ご紹介したクモル24 013と同じ日に撮影してます。
配給車目的で高槻まで行ったのですが、幸いクモハ32 002が区に居ました。が、103系と111系に挟まれて、非常に撮影し辛いうえ、パンタ側は完全な逆光だったので、この1枚しか撮れませんでした。良く見るとパンタは上がっているようなので、逆光でもパンタ側から撮っておけばよかった、しまった!

クモハ32 002は、高槻駅~電車区間をピストン輸送する職員輸送車として活躍してました。他の方のHPの情報によると、当時14往復の設定があったようで、この時はたまたま電車区に戻っていたようでラッキーでした。

クモハ32 002ですが、運転台側・車掌側ともHゴム化され、戸袋部の窓もHゴム化されてます。当時は、なんで関西の旧型国電はHゴム化された車両が多いのだろうと嘆いたものですが、今見ればこれはこれで味わいがあります。Hゴム化してでも、古いものを長く大事に使う関西ならではの知恵だったのかも。(単なるケチ?)現に大阪環状線には、更新改造された103系が未だに頑張ってますよね。関東では、201系すら引退してしまったのに…。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-17 09:32 | 80年代 旧型国電 | Comments(0)

80年代 キハ20 87

加古川へ行った時の画像です。

e0264203_9303310.jpg

(キハ20 87 1980年春 加古川気動車区にて(敷地外から撮影))

加古川駅で撮影した気動車は、これまでにキハ20 88キハ35 63をご紹介しましたが、この時は一旦加古川駅を出て加古川気動車区へ向かいました。気動車区の事務所へ出向いて、構内入場の許可を求めたのですが、残念ながら許可は下りず、止む無く敷地外から撮影してます。

真ん中の朱・クリーム2色塗り(朱色4号+クリーム4号)がキハ20 87で、手前と向こう側がキハ35(もしくはキハ36)です。キハ35系は首都圏色(朱色5号)に塗り替えが進んでいましたが、キハ20系はまだまだ2色塗りが残存しており、しかも当時の加古川気動車区には、バス窓の初期車(キハ20 1~103)が多数配置されてました。
ちょっと遠くて見辛いですが、キハ20 87はキハ10系から継承されたDT19を履いています。後天改造でDT22に履き替えられた車両も居ました。

私は、16番で模型をやってますが、キハ20は既に天賞堂からプラ製が発売されてますし、キハ35系はまもなくトラムウェイからプラ製が発売になります。トラムウェイは、キハ30だけで無く片運転台のキハ35(便所有)・キハ36(便所無)の設定もあり、更にはトレーラーも発売予定です。
天賞堂のキハ20は、片運転台のキハ25の設定は無く、しかもトレーラーは発売されなかったので、出費がかさんで困ったのですが、トラムウェイのトレーラー設定には拍手ものです。
天賞堂はキハ10系・55系と魅力ある車両を次々とリリースされたのですが、トレーラーの設定は1両もありませんでしたので、まとまった両数を導入出来なくて悔しい思いをしました。とは言っても、ブラス製よりかは大分安価ですが…。

加古川気動車区は、平成の世に移転廃止となり、周辺は再開発されて跡形もありません。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-16 10:17 | 80年代 気動車 | Comments(0)

80年代 EF58 163

大阪駅です。

e0264203_8344244.jpg

(EF58 163 1981年春頃 大阪駅にて)

大阪駅10番線に停車中のEF58 163です。停車番線と時間から見て、東小倉発青森行きの急行荷レ(2030レ)と思われます。

EF58 163は浜松区配属ですが、以前にも書いた通り浜松区のEF58はヒゲが磨かれておらず錆びの浮いた車が多かったです。この車も錆びてます。せっかくのメッキ仕上げが台無しです。
車体の方も、少し青色が色褪せており、くたびれた感があります。

EF58に牽引されているのは、マニ37かと思われます。キャンバス押さえが無いので鋼板屋根の車ですね。マニ37の次位はワキ8000でしょうか?スニ40かもしれません。
(画像上をクリックすると別画面でオリジナルサイズの画面が表示され、切れている右側も見れます)

時期は春まだ浅く、SGを使用中です。EF58の屋根とマニ37の後部側から蒸気が漏れてます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-15 09:38 | 80年代 EF58 | Comments(4)

80年代 阪神武庫川線その8

武庫川駅です。

e0264203_65121100.jpg

(洲先行き3303 1980年夏 阪神武庫川駅にて)

阪神本線のガード下から、停車中の洲先行き3303を見ています。
完全に線路内から撮影してます。記憶に無いのですが、3303の運転手に許可をもらって撮影したのかも知れません。

3303が停車中のホームは、石組みのホームですが、反対側の使われていないホームは側面を木板組みして土を入れ、コンクリートで床面をかぶせただけの急造ホームのように見えます。
長年使われていなかったからでしょうか?木板組みのホームの一部は、木が朽ちて床面が窪んでいる箇所があります。同じ木板組みでも、架線柱がある向こう側は、手入れがされているのか少し時代が新しいのか、朽ちることなくしっかりしています。

木板組みのホームの上部側(土手側)には、民家が見えてます。こんなところに民家あったっけ?てな感じですが、土手の方に玄関があったのでしょうね。今、この民家はどうなっているのでしょう?

朝夕のラッシュ時以外は、1時間に1本か2本しかダイヤ設定がありませんでしたので、武庫川と洲先では結構長い間停車していて、なんとものどかな都会の喧騒の中のエアポケットのような場所でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-15 08:01 | 80年代 私鉄 | Comments(0)