カテゴリ:80年代 阪急電鉄( 35 )

80年代 阪急1602

阪急京都線桂駅です。

e0264203_12575983.jpg

(阪急1602 1982年初秋頃? 阪急京都線桂駅にて)

嵐山へ行って、嵐山線に乗車して桂駅で京都線に乗り換える際に撮影したものです。サボが刺さっていないので、次の運用まで桂駅構内で留置されていたのかも知れません。

阪急1600系は、100系(P-6)の電装品を流用して、神戸線の1200系と同様、吊掛け車なので旧性能車になります。車体は1100系と同じスタイルで作られています。

当時の阪急には、1100系・1200系・1300系・1600系と、1100系と同じスタイルをした車がたくさん残っており、一般の方には皆同じように見えたと思います。が、私の印象は、旧性能車である1200系と1600系は、いつも車体にツヤが無くて、性能だけでなく1100系・1300系より見劣りする感じがしました。

前照灯は2灯シールドビームで、車掌側の窓と貫通扉窓はグレー系のHゴム化がされています。これらは、途中で改造されたものでしょうか?
インタネットでいろいろ検索しても、1600系の新製時の写真って無いですね。

甲陽線で活躍した1200系の記事はこちらです、よかったら見て下さいね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-10-13 13:13 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 阪急946

久々に阪急の車両をご紹介します。中学の時に友人からもらったプリントのスキャンです。

e0264203_22483410.jpg

(阪急946 1978年頃 西宮北口~阪神国道間にて)

今津線が分断されず、西宮北口のクロッシングを経て今津と宝塚を結んでいた頃の画像です。

当時、今津線には、神戸線の本線から退いて支線のローカル運用で最後のご奉公をしていた吊掛けの旧型車の宝庫でした。画像の920系をはじめ、800系・810系やボディを1100系風にアコモ改造した1250系が活躍していました。
今津線は駅間も短く、編成自体も短くなり、神戸線本線のようにモータ音をかん高く唸らせることはありませんでしたが、重厚感あふれる魅力を醸し出していました。

920系と800系は2ドア車ですが、810系と1250系は3ドア車です。昔は、国鉄も大手私鉄も、車長やドア数の合わない編成が混同して使われました。予めドア数をアナウンスしておかないと、整列乗車なんぞ出来ませんよね。
800系や810系と違い、シールドビーム化されたとは前照灯が屋根に言え埋め込まれなかったのは幸いです。今見ても惚れ惚れするスタイルです。

当日に撮影されたと思われる阪急928もご覧下さいね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-14 23:11 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 阪急854

中学生の頃、友人からもらった写真です。
元の仕上がりの悪く見辛い画像で恐縮です。

e0264203_8533219.jpg

(阪急854 1978年頃 西宮北口~阪神国道間にて)

西宮北口駅を背にして今津駅方面を撮ったものですね。
今の位置で言うと、県立芸術文化センターからガーデンズへ至る高松町の踏切のあたりだと思います。
この辺の景色は一変しており、かつては住宅密集地でしたが、再開発でホールやら高層マンションやらに変わってます。

阪急854は、戦後生まれの800系の制御車です。貫通扉のある1次型です。

前照灯は、ボックス収納型のシールドビーム2灯化されており、おでこだけが新性能車っぽく改造されており残念な姿でした。同じシールドビーム化でも、900系や920系の方がまだマシで、個人的には900系や920系の方が好きでした。

800系の制御車は、最晩年に甲陽線に残り、850と851が活躍してました。甲陽線で活躍していた頃の851の画像は2回ご紹介してますので、こちらこちらをご覧下さい。
また、854と同じ日に撮ったと思われる928もご紹介してますので、こちらをご覧下さいね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-06-08 11:07 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 阪急947

GWは東北へ家族旅行に出掛けていたのでブログアップが数日滞ってました。今日から再開です。
阪急の西宮車庫です。

e0264203_11592865.jpg

(阪急947 1981年頃 阪急西宮車庫にて(許可を得て構内で撮影))

以前ご紹介した阪急1233を撮影した時に撮影したものです。
中学生の時に、西宮車庫を訪問し、入構許可を頂き、職員さんに構内案内してもらって撮影してます。夕陽が照りつけていて、黒ずんだ画像になっていて恐縮です。

全検から大分日が経っていたからでしょうか?車体にツヤが無く、左右の車と比べるとくすんでいます。
窓枠は木材の感じそのままで、阪急の旧型車の特徴になっています。
ワイパーは、ウインドヘッダー上に取り付けられていたのですね。国鉄の旧型車両は窓枠にワイパーが取り付けられていたので、何だか新たな発見をしたような感じです。

右隣には、当時最新鋭の7000系が停車中で、パンを上げてまさに出場を待っているところです。方向幕は白無地のままとなっています。
左隣には1100系が停車中です。少し見辛いですが特徴ある二重屋根のルーバーが見えてますので、非冷房車ですね。こちらもパンを上げて出場待ちです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-05-04 12:19 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 阪急1233

阪急の西宮車庫です。

e0264203_926273.jpg

(阪急1233 1981年頃 阪急西宮車庫にて(許可を得て構内で撮影))

阪急の車両は、昨年末にご紹介して以来2ヶ月も間隔が開いてしまいました。

以前、阪急940でご紹介しました通り、中学生当時、西宮車庫へ行って許可を得て構内撮影したことはお話ししましたが、こちらは二度目に訪問して撮影したものです。

阪急1200系は、600系等の旧型車の足廻りを利用して、車体を1010系統のものを新製して載せ替えた車です。私が小学生のころは、800系・810系・920系等に混じって4両編成で今津線で活躍してました。その後甲陽線に押し込まれてしまい、810系や920系よりも一足早く廃車になってます。
西宮車庫を二度目に訪問した際、運用を終えた1200系が留置されてましたが、1233だけが1輌だけでポツンと留置されてました。4両編成の今津線から3両編成の甲陽線に転属になった際に切り離されてしまったのでしょうか?

阪急1233は、1010系の車体に準じて作られており、幅広の貫通路も踏襲されてます。貫通路には扉が無いのでベニヤ板で雨除けしています。横から撮影しているので、特徴ある二重屋根のルーバー形状が良く分かりますね。1200系は、結局冷房化されずに全車廃車となってます。左右の乗降扉の戸袋窓はすりガラスで、真ん中の乗降扉の戸袋窓は光線カットの青ガラスとなってます。
台車はボールドウィン系の汽車L-17を履いています。しばらく留置されていたのでしょうか?車体も台車も褪せています。

隣りには1100系が留置されてます。下3ケタが100となっており、貫通ホロ枠が銀かグレーかに塗られて(貼られて?)いる特徴があるので、1100で間違いないと思います。1100系はまだ現役運用でしたから、車体の色ツヤが大分違いますね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-03-02 09:56 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 阪急801

実家の地元、阪急夙川駅です。

e0264203_1015842.jpg

(阪急801 1979年頃 阪急夙川駅にて)

以前、阪急851をご紹介しましたが、その時に撮影したもので、こちらは電動車の801です。
ネガ紛失のため、プリントをスキャンしており粗い画像で恐縮です。

西宮北口にほど近い西宮車庫から出庫して、神戸線を1駅だけ本線走行し、甲陽線の夕方のラッシュに備えるために回送されてます。
甲陽線は、昼間は1編成が行ったり来たりする単純な運用ですが、朝夕は1編成増発され2編成で対応しています。
信号は赤ですので、一旦停止中です。西宮北口から回送された後、上り線の通過を待ってから上り線に転線し、更に側線に入ってから甲陽線への連絡線から甲陽線に入ります。

甲陽線は車両が新しくなっても今でも3両編成のままです。輸送量に大した変化が無いことと、ホーム有効長に制限があるからでしょうか?

800系は920系と違い、前照灯が箱型のシールドビーム化されていて、見た目残念な姿になっています。

ホームの姿は今と余り変わりませんが、待合室や喫煙室が出来たり、上り線の無人改札がキレイになったりとちょこちょこ変化があります。ホーム柱には灰皿が取り付けられており、分煙されていない頃の記録です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-12-29 10:15 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 阪急2319

普段、土日祝にアップすることを基本としている当ブログですが、この週末は出張&実家帰省でアップ出来ないので、先取りアップします。

十三駅の京都線ホームです。

e0264203_22572516.jpg

(阪急2319 1980年頃 阪急十三駅にて)

以前ご紹介した阪急716と同じ日に撮ったようです。嵐山へ行く際の駄賃で撮ったものです。

2300系は、神戸線の2000系と同様に第一回のローレル賞を受賞した栄えある車両で、2パンタの先頭車がとても格好良い車だと思います。
まだ阪急の社紋が古い時代の丸型で、神戸市と大阪市の市章を組み合わせた洒落たデザインでした。今のデザインは、新しい車には映えるのでしょうが、旧来の車両には大きさも控えめな丸型の社紋の方が似合う気がします。

2319は、京都線から4両編成化されて嵐山線専用になったようですが、方向幕化されて日陰の存在になってしまい、惜しくも2009年春に引退~廃車解体されたようです。
元地元民からすれば、やはり2300系(2000系も)、3000系のスタイルがザ・阪急って感じで、なんかホッとしますねぇ。
2319は、梅田行きです。手前のホームには、梅田から千里線の北千里へ乗り入れる1303(1300系)各停が客扱い停車中です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-12-05 23:15 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 阪急940

阪急の西宮車庫です。

e0264203_9194756.jpg

(阪急940 1981年頃 阪急西宮車庫にて(許可を得て構内で撮影))

友達と二人で西宮車庫へ行き、事務所で見学を申し出て、許可を得て職員同伴のうえ構内見学させてもらった時の写真です。突然の訪問でしたが、中学生相手に職員の方から非常に丁寧な対応をして頂いて良い思い出が残ってます。(味をしめて、後日もう1回訪問してます)

阪急940は、当時甲陽線の中間車に起用され、850-940-800の3両編成に組み込まれてました。もう片割れの編成は851-941-801でした。

阪急940ですが、文献によると、元々は先頭車だったのが編成長大化に伴い完全中間車改造されたそうで、更には台車の振替も行っているようです。
屋根の固定はリベットで張られているようですね。車体はマルーンで塗られてますが、窓枠は木枠っぽく仕上げられ茶色です。
乗降扉横にはサボ受けが取り付けられてますね。かつては特急とか急行とかのサボが刺さっていたのでしょう。
連結面には、4枚板のアンチクライマーがついてます。ちょっと小さくて見辛いですが、向こう側に800の連結面が見えてますが、こちらのアンチクライマーは3枚板です。

左隣は850ですが、ウインドシルの幅が940より幅広です。800系と900系は混成で編成されることが多かったですが、ウインドシルの幅で遠くからも識別が容易でした。

こうして見ると、阪急の2扉車のまとまったスタイルと重厚感ある足廻りで、いつ見ても惚れ惚れします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-11-03 09:49 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 阪急851 その2

以前ご紹介した阪急甲陽線用851の2年後の画像です。

e0264203_12134981.jpg

(阪急851 1981年頃 西宮北口駅にて)

以前ご紹介した阪急851は、夙川駅に進入する画像でしたが、今回は西宮車庫を出庫して西宮北口駅を通って夙川に向かおうとしているところです。西宮北口のダイヤモンドクロス(平面交差)を通過して、力行を始めたあたりでしょうか。
手前に並べてある線路の辺りですが、今は今津線への渡り線へのポイントの辺りだと思われます。

ネットでいろいろと検索すると、阪急のサボは神戸博(ポートピア)の開催に合わせて、1981年3月にデザインを変えたそうです。
で、851の前面サボ「回送」は、デザイン変更後のもので、変更前は以前ご紹介した851のように「回」だけの表示でした。
夕陽に照らされ、台車が格好良く映ってます。この重厚感はたまりませぬ。

当時の西宮北口駅は地下通路になっていて、駅舎は地上にありました。今は橋上駅舎になっていて、東西南北どこへ行くにも便利になりましたが、昔は、車庫方面(北東)には出口や連絡通路は無かったハズです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-08 12:10 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)

80年代 阪急716

友達と、京都にあった嵐山美術館に零戦と疾風を見に行った時の駄賃で撮影したものです。

e0264203_659922.jpg

(阪急716 1980年頃 阪急桂駅にて)

ホームの屋根の影が足元に映り込んでいて、見苦しい画像で恐縮です。
ホームに立つ女性客がコートを羽織っており、冬休みか春休みに行ったのだと思われます。
嵐山へは、京都線の桂駅が乗り換え駅になっており、当時は710系が4両固定編成されて最後の活躍をしていました。
昭和25年製で、製造から30年以上経ってますが、外板がベコベコしたり錆びが浮いて痛々しいといったようなところは見られず、手入れが行き届いて実にしっかりした造りになっているように思われます。
前パンタで凛々しい立ち姿です。

阪急710系は、神戸線用の810系と基本的な設計は同じだそうです。更新工事でも、810系と同じようなヘッドライト2灯化されてます。810系と基本的な設計は同じとは言え、履いている台車は違うらしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-08 07:39 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)