「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:80年代 EF58( 48 )

80年代 EF58 1 その2

あまりに出来の悪い画像なので掲示するかどうか迷いましたが、ネタも無いので…
大阪駅に入線するEF58 1です。

e0264203_21015252.jpg
(EF58 1 1981年晩秋頃 大阪駅にて)

早朝の大阪駅に荷物列車を牽引して入線するところです。

流し撮り的に撮影したのですが、ピントは甘く前面は流れていてダメダメ画像で恐縮です。

EF58 1かどうかも分かり辛いほど前面が流れてしまっていますが、区名札が「浜」となっていて、車番はヒト桁で、先台車が鋳鋼製では無いのでEF58 1と判断しています。既に駅に進入しており、前照灯はスモールになってオレンジ色に鈍く灯ってます。

既に時期だったのでしょう、ボイラからスチームが漏れているのがよく分かります。EF58の牽く冬の荷物列車は、スチームを出しているのが特徴です。

次位は青いパレット車なのでマニ44でしょうか。あまりに流れていて判別不能です。


[PR]

by takurika54 | 2017-02-04 21:16 | 80年代 EF58 | Comments(0)

EF58 112 その4

きたにぐを牽引して終着大阪駅に到着したEF58 112です。

e0264203_16311203.jpg
(EF58 112 1981年3月31日 大阪駅にて)

停車位置がガード上で、足廻りが全く見えないダメダメ画像で恐縮です。
掴み棒が尾灯に被らないように撮ったので、だいぶサイド寄りな画像になっています。

米原区の車は、飾り帯がピカピカに磨かれているのですが、この車は運転席側面窓下の帯は錆びが浮いてます。

正面窓は原形小窓で、米原区の特徴としてワイパーカバーが取り付けられています。

車体側面のナンバーは、切抜き文字になる以前だったのでプレートタイプです。
製造者銘板は、規格化される前なので長方形ではなくて三菱特有の楕円の銘板です。
エアフィルターはビニロック化されてます。


[PR]

by takurika54 | 2017-01-15 16:45 | 80年代 EF58 | Comments(0)

イカロス出版 電気機関車EX

イカロス出版では、蒸気機関車EXが刊行されてましたが、このたび電気機関車EXが創刊され、遅まきながら先日購入しました。

e0264203_23525957.jpg
(イカロス出版 電気機関車EX Vol.1 H28年10月刊行 (イカロス出版オンライン書店より画像掲載))

記事の半分近くがEF58に関するもので、写真もそこそこ多く掲載されていて、少々高かったですが買った甲斐がありました。
巻頭にはEF58のカラー写真が10枚あり、どれもがブルートレイン牽引で、巻頭のカラー写真だけでも価値がありそうです。

見開きのタイトルに使われている写真は、あかつきを牽引するEF58 81となってますが、ワイパーカバー付きの原形小窓車です。
私も81号機は大阪駅で撮影しているのですが、一体型ヒサシに下枠交差パンタPS22B、外嵌め式尾灯、WP50型ワイパー …等に大改造されたものしか撮れてません。再掲ですが81号機の姿をどうぞ。

e0264203_23595690.jpg
(EF58 81 1981年春頃 大阪駅にて(再掲))


この電気機関車EXですが、きっと続いて刊行されるかと思いますが、旧型の貨物牽引機の登場が待ち遠しいです。


[PR]

by takurika54 | 2016-12-07 00:14 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 138

大阪駅です。

e0264203_22061671.jpg
(EF58 138 1981年8月9日 大阪駅にて)

12系客車(と思います)を従えて、大阪駅の11番ホームに停車中のEF58 138です。

原形小窓に、原形の腕折れ型ワイパーを装着した車です。
EF58 138は、のちにシールドビーム2灯化されてますが、前照灯も原形のままで、美しいスタイルを保持しています。
パンタグラフは新製時よりPS15を装着しています。
ヘッドマーク掛けは、足掛け部を切欠きにして取り付けられています。

EF58は、この位置から撮影すると、つかみ棒が尾灯に被ることがあり、撮影する角度が難しい車でした。
この画像も残念ながら被ってしまってます。

画像を拡大してホーム上の客の姿を見てみると、もしかすると甲子園の応援からの戻りの団体客のようです。
上下白い服装や、白い野球帽をかぶっている人達が見えています。応援用具のような大きな手荷物もありそうです。
東海や北陸方面の高校の応援だったのでしょうか?


[PR]

by takurika54 | 2016-10-30 22:28 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 118

夜の大阪駅です。

e0264203_08041149.jpg
(EF58 118 1982年4月 大阪駅にて)

飯田線訪問から戻ってきて、大阪駅で撮ったものです。

高性能なカメラでは無く、基本全自動のちゃっちいカメラで撮っているので、見辛い写真で恐縮です。

米原区の車で、原形小窓で原形ワイパーを装着しているのですが、暗くてよく見えませんね。
恐らくホームでは荷役中で、長い間停車しているようで、前照灯はスモールになっています。
9番線に停車しており、時計は19:50頃を差しているので、20:11発の青森行きと思われます。

隣りの10番線には、福知山線の客車列車を牽くDD51が停車しています。画像拡大してみましたが車番までは判別出来ませんでした。
19:13着の724レと思われます。到着から30分以上経過しており、客扱いはとっくに終わっていると思いますが、未だ構内に居ます。大都市の中心駅の大阪駅でも、当時はこのようにのんびりしたところもあったのですね。




[PR]

by takurika54 | 2016-08-21 09:18 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 165 その2

芦屋~西ノ宮間を走るEF58 165です。

e0264203_06465688.jpg
(EF58 165 1980年頃 芦屋~西ノ宮間にて)

架線柱と被ってダメ画像で恐縮です。

恐らく荷物列車だと思いますが、結構な高速で迫ってきたので、びびってしまいちょっと手前でシャッターを切ってしまいました。
EF58 165は、浜松機関区の車で、後期の車両がまとめて大量に配置となった車のうちの一両です。

ブルトレを牽引した経歴が無いので、ヘッドマーク掛けが無く、鼻筋が少し寂しい浜松区の標準的な車です。
前面窓は黒色のHゴムです。

EF58 165は、以前京都駅に停車中のものをご紹介しております。再掲ですが、ご覧頂きましょう。
e0264203_06591842.jpg
(EF58 165 1979年晩秋頃 京都駅にて(再掲))

小雨に濡れる京都駅で、荷物列車が荷役中のところです。SGから出る蒸気がいいですよね。


[PR]

by takurika54 | 2016-05-22 07:01 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 113

急行「きたぐに」を牽引して大阪駅に入線するEF58 113です。

e0264203_08551798.jpg
(EF58 113 1981年頃 大阪駅にて)

朝もやのなか、急行「きたぐに」を牽引して大阪駅に進入するEF58 113です。

EF58 113は、米原機関区の特徴であるワイパーカバーを装着しています。原形小窓でPS14を搭載しており、オリジナル度が高い車です。
元20系寝台車を牽引していた経歴があるため、P型改造されていて、連結器廻りはにぎやかです。

米原区のEF58は手入れが行き届いていて、飾り帯はいつも磨かれているのですが、この時のEF58 113は車側部のヒゲは少し錆が浮いています。

EF58 113の次位はオユ10です。そのあとは12系座席車が連なっています。この位置からは10系寝台車までは見えませんね。

当時から急行「きたぐに」は人気でしたので、ホームにはたくさんのファンが居ます。
と言っても、見えている範囲で10名程度ですから、まだまだのんびりした時代でした。


[PR]

by takurika54 | 2016-04-09 10:08 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 39 その3

以前ご紹介したEF58 39は、運転台周辺を真横から撮った画像もありましたのでご紹介します。

e0264203_12174299.jpg
(EF58 39 1986年3月 串本駅にて)

前照灯のブタ鼻2灯化、尾灯の外嵌式化、前面窓と運転台固定窓のHゴム化、乗務員扉のFRP化等の近代化改造がされ、それ以前に昇降はしごの切欠き改造も受けていますが、前面窓下の手摺りの取付が無く、ヒゲ下の足掛け用の板の取付も無くて初期生産機の名残を色濃く残しています。

ヒサシはほぼ水平かやや下げな感じです。

EF58は、この真横からの姿もいいですよね。

因みに、側窓が7つ窓のEF58 36も、真横からの画像がありますので、再掲ですがご覧頂きましょう。
近代化改造の処理は良く似ています。

e0264203_12250605.jpg
(EF58 36 1981年春 大阪駅にて)

運転台窓のHゴムは、EF58 36の方が気持ち小さめの処理ですね。


[PR]

by takurika54 | 2016-01-31 12:32 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 163 その2

大阪駅です。

e0264203_16222948.jpg
(EF58 163 1981年3月31日 大阪駅にて)

以前ご紹介したEF58 163ですが、少しサイドぎみに撮影もしていました。

曇り空の日でしたので、3月末とは言えまだ肌寒くSGを使用して暖房が入っていました。SGの蒸気が少しもれています。
この位置からだと、屋根上モニタの窓はHゴム支持されているのが分かります。

ヒゲは赤茶色に錆びています。前面は多少マシですが、所属区札挿し下のサイド側のヒゲは錆びるにまかせています。

これまで撮影日までは不明でしたが、10月に引っ越して荷物の整理をしていた際にプリントを収納していたミニアルバムが出てきて、日付が判明しました。

その1の記事はこちらです。EF58 163の次位に青いマニ36が写ってますので、こちらもお楽しみ下さい。


[PR]

by takurika54 | 2015-11-08 16:45 | 80年代 EF58 | Comments(3)

80年代 EF58 148

豊橋駅の7番線に入線するEF58 148です。

e0264203_14575839.jpg
(EF58 148 1982年春 豊橋駅にて)

東京機関区のカマで、当時住んでいた関西にはほぼ縁の無いカマでした。
12系客車を6両牽引していました、恐らく団臨だったと思います。

正面窓は白Hゴム化され、ワイパーもWP50に換装されていますが、エアフィルターはビニロック化されずオリジナルのままです。
何でも東京区のカマは、冬場の上越方面への貸し出しを想定して、ビニロック化されなかったのだとか。
日陰で位置的にも見辛いのですが、エアフィルターは縦筋が入ったように見えませんか?

撮影した6番線ホームには、間もなく荷物列車が到着するのでしょうか?新聞らしきものがビニールに梱包されて置かれています。昼の時間帯なので夕刊でしょうね。


[PR]

by takurika54 | 2015-08-01 15:29 | 80年代 EF58 | Comments(0)