カテゴリ:80年代 EF58( 52 )

80年代 EF58 91

またまたF.Y君からの頂き物の画像です。EF58 91です。

e0264203_10061701.jpg
(EF58 91 撮影年月不明 大阪駅にて)

EF58 91は、ネットで調べてみると、元々は宮原区所属で、晩年は浜松区に移籍して浜松で終焉を迎えたようですね。
浜松区では、他機と同様に正面窓がHゴム化されてしまうので、この画像は宮原区時代のものと思われます。

原形小窓、格好良いですねぇ~

荷物列車のようですが、編成は短めのようです。

EF58 91は、引退後にブルトレ色に塗り替えられて、恵比須ビアトレインとしてビアホールの先頭車に連結され、恵比須ガーデンプレスのオープンまで恵比寿駅脇に置かれていました。平成5年に転勤で東京に来た頃には、まだビアホールは盛業中だったはずで、山手線の車窓から見掛けた記憶があります。
今も解体されずに健在なら、人気者になっていたでしょうね。


[PR]

by takurika54 | 2017-10-07 10:22 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 7

前回は「雷鳥」との並びをご覧頂きましたが、今回はEF58 7単独の画像をご覧頂きましょう。
例によって、高校の時の同級生のF.Y君から頂いた画像です。

e0264203_13291583.jpg
(EF58 7 撮影年月不明 大阪駅にて)

停車位置が悪く、ガーターが邪魔して全く足回りが見えません。
大窓にヒサシ付きで、めちゃくちゃ格好良いです。

牽引されている荷物車の方はどうでしょうか?
e0264203_13301191.jpg
(マニ以降をトリミング)

EF58 7の次位はマニ60でしょうか?ガーターが邪魔して足廻りが見えないので、何とも判別付かないのですが、切妻なので60系だと思われます。
その次以降は… ん~ちょっと分かりません。
まだまだ茶色の旧型車が荷物列車の幅をきかせていた頃の画像でした。


[PR]

by takurika54 | 2017-09-30 13:39 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 7 と 485系「雷鳥」の並び

頂き物の写真です。

e0264203_15032083.jpg
(EF58 7 と 485系「雷鳥」の並び 撮影年月不明 大阪駅にて)

EF58が現役の頃、時期的にちょっと間に合わずに私は大窓原形車を見ることは無かったのですが、写真をもらったF.Y君は小学生の頃からあちこちで撮影していて、EF58の大窓車も記録してありました。

パンタが交差型のPS22Bに換装されてるのが痛いですが、大窓はやはり格好良いですね。
EF58 7は、「雷鳥」入線前の写真ももらっているので、そちらは別の機会にご紹介しますね。

イラストの無い「雷鳥」マークも懐かしいです。


[PR]

by takurika54 | 2017-09-18 17:33 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 8

頂き物の画像です。

e0264203_23212305.jpg
(EF58 8 撮影年月不明 大阪駅にて)

夜行列車を牽いて、大阪駅に到着したところのようです。早朝の光線がまぶしくて、ハレーションを起こしてます。

原形小窓に一体型ヒサシ付きで、交差パンタPS22Bに換装されていて、広島区の特徴となっています。
一体型ヒサシを支えるため、両窓の間にサポートが取り付けられているのがよく見えます。

向こう側のホームにはダンボール箱やらで満載のラックが見えてます。鉄道による荷物輸送がまだまだ華やかだった頃の駅構内の風景です。


[PR]

by takurika54 | 2017-08-27 23:30 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 1 その2

あまりに出来の悪い画像なので掲示するかどうか迷いましたが、ネタも無いので…
大阪駅に入線するEF58 1です。

e0264203_21015252.jpg
(EF58 1 1981年晩秋頃 大阪駅にて)

早朝の大阪駅に荷物列車を牽引して入線するところです。

流し撮り的に撮影したのですが、ピントは甘く前面は流れていてダメダメ画像で恐縮です。

EF58 1かどうかも分かり辛いほど前面が流れてしまっていますが、区名札が「浜」となっていて、車番はヒト桁で、先台車が鋳鋼製では無いのでEF58 1と判断しています。既に駅に進入しており、前照灯はスモールになってオレンジ色に鈍く灯ってます。

既に時期だったのでしょう、ボイラからスチームが漏れているのがよく分かります。EF58の牽く冬の荷物列車は、スチームを出しているのが特徴です。

次位は青いパレット車なのでマニ44でしょうか。あまりに流れていて判別不能です。


[PR]

by takurika54 | 2017-02-04 21:16 | 80年代 EF58 | Comments(0)

EF58 112 その4

きたにぐを牽引して終着大阪駅に到着したEF58 112です。

e0264203_16311203.jpg
(EF58 112 1981年3月31日 大阪駅にて)

停車位置がガード上で、足廻りが全く見えないダメダメ画像で恐縮です。
掴み棒が尾灯に被らないように撮ったので、だいぶサイド寄りな画像になっています。

米原区の車は、飾り帯がピカピカに磨かれているのですが、この車は運転席側面窓下の帯は錆びが浮いてます。

正面窓は原形小窓で、米原区の特徴としてワイパーカバーが取り付けられています。

車体側面のナンバーは、切抜き文字になる以前だったのでプレートタイプです。
製造者銘板は、規格化される前なので長方形ではなくて三菱特有の楕円の銘板です。
エアフィルターはビニロック化されてます。


[PR]

by takurika54 | 2017-01-15 16:45 | 80年代 EF58 | Comments(0)

イカロス出版 電気機関車EX

イカロス出版では、蒸気機関車EXが刊行されてましたが、このたび電気機関車EXが創刊され、遅まきながら先日購入しました。

e0264203_23525957.jpg
(イカロス出版 電気機関車EX Vol.1 H28年10月刊行 (イカロス出版オンライン書店より画像掲載))

記事の半分近くがEF58に関するもので、写真もそこそこ多く掲載されていて、少々高かったですが買った甲斐がありました。
巻頭にはEF58のカラー写真が10枚あり、どれもがブルートレイン牽引で、巻頭のカラー写真だけでも価値がありそうです。

見開きのタイトルに使われている写真は、あかつきを牽引するEF58 81となってますが、ワイパーカバー付きの原形小窓車です。
私も81号機は大阪駅で撮影しているのですが、一体型ヒサシに下枠交差パンタPS22B、外嵌め式尾灯、WP50型ワイパー …等に大改造されたものしか撮れてません。再掲ですが81号機の姿をどうぞ。

e0264203_23595690.jpg
(EF58 81 1981年春頃 大阪駅にて(再掲))


この電気機関車EXですが、きっと続いて刊行されるかと思いますが、旧型の貨物牽引機の登場が待ち遠しいです。


[PR]

by takurika54 | 2016-12-07 00:14 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 138

大阪駅です。

e0264203_22061671.jpg
(EF58 138 1981年8月9日 大阪駅にて)

12系客車(と思います)を従えて、大阪駅の11番ホームに停車中のEF58 138です。

原形小窓に、原形の腕折れ型ワイパーを装着した車です。
EF58 138は、のちにシールドビーム2灯化されてますが、前照灯も原形のままで、美しいスタイルを保持しています。
パンタグラフは新製時よりPS15を装着しています。
ヘッドマーク掛けは、足掛け部を切欠きにして取り付けられています。

EF58は、この位置から撮影すると、つかみ棒が尾灯に被ることがあり、撮影する角度が難しい車でした。
この画像も残念ながら被ってしまってます。

画像を拡大してホーム上の客の姿を見てみると、もしかすると甲子園の応援からの戻りの団体客のようです。
上下白い服装や、白い野球帽をかぶっている人達が見えています。応援用具のような大きな手荷物もありそうです。
東海や北陸方面の高校の応援だったのでしょうか?


[PR]

by takurika54 | 2016-10-30 22:28 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 118

夜の大阪駅です。

e0264203_08041149.jpg
(EF58 118 1982年4月 大阪駅にて)

飯田線訪問から戻ってきて、大阪駅で撮ったものです。

高性能なカメラでは無く、基本全自動のちゃっちいカメラで撮っているので、見辛い写真で恐縮です。

米原区の車で、原形小窓で原形ワイパーを装着しているのですが、暗くてよく見えませんね。
恐らくホームでは荷役中で、長い間停車しているようで、前照灯はスモールになっています。
9番線に停車しており、時計は19:50頃を差しているので、20:11発の青森行きと思われます。

隣りの10番線には、福知山線の客車列車を牽くDD51が停車しています。画像拡大してみましたが車番までは判別出来ませんでした。
19:13着の724レと思われます。到着から30分以上経過しており、客扱いはとっくに終わっていると思いますが、未だ構内に居ます。大都市の中心駅の大阪駅でも、当時はこのようにのんびりしたところもあったのですね。




[PR]

by takurika54 | 2016-08-21 09:18 | 80年代 EF58 | Comments(0)

80年代 EF58 165 その2

芦屋~西ノ宮間を走るEF58 165です。

e0264203_06465688.jpg
(EF58 165 1980年頃 芦屋~西ノ宮間にて)

架線柱と被ってダメ画像で恐縮です。

恐らく荷物列車だと思いますが、結構な高速で迫ってきたので、びびってしまいちょっと手前でシャッターを切ってしまいました。
EF58 165は、浜松機関区の車で、後期の車両がまとめて大量に配置となった車のうちの一両です。

ブルトレを牽引した経歴が無いので、ヘッドマーク掛けが無く、鼻筋が少し寂しい浜松区の標準的な車です。
前面窓は黒色のHゴムです。

EF58 165は、以前京都駅に停車中のものをご紹介しております。再掲ですが、ご覧頂きましょう。
e0264203_06591842.jpg
(EF58 165 1979年晩秋頃 京都駅にて(再掲))

小雨に濡れる京都駅で、荷物列車が荷役中のところです。SGから出る蒸気がいいですよね。


[PR]

by takurika54 | 2016-05-22 07:01 | 80年代 EF58 | Comments(0)