平成の画像 ED62 16とクモハ12 041

前回に続き1997年の伊那松島機関区から画像をお届けします。

e0264203_22304483.jpg
(ED62 16とクモハ12 041 1997年3月か4月 伊那松島機関区にて)

ED62 16は、飯田線北部の貨物輸送に使われていましたが、1996年秋に事実上の運用が終焉し、この頃には他のED62とともに伊那松島機関区に留置されていました。
半年ほど使われていなかったからか、ナンバーやヒゲの部分から少し錆が浮いてしまっています。ボディの青色も退色しています。
それでも、前照灯はシールドビーム化はされずにオリジナルを保っています。

クモハ12 041は、現在はリニア・鉄道館に静態保存されているそうですが、HPの展示車両集を見ると、前面窓のHゴムが黒色になっていて見た目の印象が少し違います。

この写真を撮ってからも既に20年が経過しているのですね、時の流れは早いものです。


[PR]

by takurika54 | 2017-10-15 22:45 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 EF15 147

中高の同級生だったF.Y君からの頂き物の写真です。

e0264203_08001097.jpg
(EF15 147 撮影年月、場所不明)

竜華機関区の札が刺さってますので、和歌山操あたりで撮られたものでしょうか?

EF15 147も、この車番のあたりへ来ると、パンタはPS15が装備され、ナンバープレートもプレートでは無くなり切り抜きとなっています。
洗練されてきたってことでしょうが、旧型電機らしさが少し損なわれた感じがします。

運転台窓と助手席窓はHゴム化されていますが、黒いHゴムで車体が茶色いので、EF58ほどHゴムが目立ちませんね。


[PR]

by takurika54 | 2017-06-04 08:17 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 飯田線 EF10 31 その1

飯田線特集パート2第63弾です。これに会いたくて訪れました。

e0264203_12195946.jpg
(EF10 31 1982年4月1日 豊橋機関区にて)

ED62に置き換えられても、しぶとく1両だけ残っていたEF10 31です。
しばらく休車扱いで留置されていたのですが、4月1日から運転するとのことで、丁度訪れた時は運転前の点検中でした。

前面窓にはヒサシが取り付けられていて、尾灯は埋込式に改造されていますが、戦前製の旧型電機の貫録を醸し出していました。
前面窓はHゴム化されず、オリジナルのままです。運転台窓の右側の下の方に丸いポッチがありますが、元々はここにワイパーが付いていました。

運転前の点検中ゆえ、パンタが上がった状態です。もう少し待てば、庫から出てくるところが撮れたのかも知れません。
当時中学生の自分は、そんなことに気付かずにいました。今思うと口惜しいですね。

EF10 31の後方に居るED62は、画像拡大してみるとED62 18でした。


[PR]

by takurika54 | 2016-04-23 12:54 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 EF65 寝台特急「富士」牽引

豊橋駅を通過する寝台特急「富士」です。

e0264203_00232097.jpg
(EF65 1000番台(車番不明) 1982年春 豊橋駅にて)

東京から大垣行きの夜行鈍行に乗って豊橋駅に降り立って間もなく、東京へ向かう寝台特急「富士」がやってきて通過してゆきました。

ちょっと遠過ぎて車番までは判別不能です。寝台列車牽引用として、1977年(昭和52年)に名門東京機関区に配置となった1096~1116号機のどれかだと思います。

東京口の九州寝台列車は、ヘッドマーク付きでしたので、非常に格好良く見えました。
関西の九州寝台列車も、同じEF65 1000番台に置き換わっていましたが、合理化体質でヘッドマーク掲示は止めてしまっていたので、東京口の九州寝台列車は羨望の眼差しでした。

右手手前には名鉄の車両が停車中。富士の左側奥には、111系が留置されているのが見えます。


[PR]

by takurika54 | 2016-03-28 00:52 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 EF65 1126

実家の地元の西宮です。

e0264203_21114960.jpg
(EF65 1126 1980年頃 芦屋~西ノ宮間にて)

14系座席車を牽引するEF65 1126です(たぶん)。画像を拡大すると末尾が6のように見えるので、1126号機と判断しています。

撮影した時間帯からみて、恐らく廃止が近い夜行急行「雲仙・西海」だと思われます。
いくら急行とはいえ、オール座席車の夜行はつらい旅だったことと思います。余りニーズは無かったとみえ、いつもガラガラだった記憶があります。

今なら、急行でもヘッドマークくらい取り付けられることと思いますが、当時の国鉄は大赤字で経費削減のため、大阪~九州の夜行寝台特急ですらヘッドマークは無かったです。

「雲仙・西海」は、長崎と佐世保から併合して新大阪まで運用していましたが、オール14系の座席車を11両も編成され、最後尾にはマニ37も付いていたようです。
マニ37が写っていたらよかったのになぁ。


[PR]

by takurika54 | 2015-03-01 21:30 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 EF62 51

家族旅行で戸隠へ行った際の帰り道、直江津駅で大阪方面へ乗り換え待ちに撮った画像です。

e0264203_14383262.jpg

(EF62 51 1980年夏 直江津駅にて)

二本木や新井からタンク車を引き連れて直江津に到着したEF62 51の雑貨編成です。

確かこれからEF62を解放して他の機関車に付け替えたはずです。操車掛の方が待機しています。

EF62 51は昭和41年製だそうで、撮影時点では14年が経過していますが、ボディの痛みもほとんど見当たらずキレイですね。

高崎第二区のEF62は、のちに下関区へ転属になり、EF58を淘汰して荷物列車の牽引をしましたが、篠ノ井区の車はこのまま長野地区にとどまったのでしょうか?
前後の車番、49号機や53・54号機はJRに継承されましたが、51号機は継承されることなく廃車となってしまったようです。

次位にはヨ8000が編成されています。拡大するとヨ8354と読めます。
続いてダイセル化学所有のキセ付きのタキが繋がれています。ダイセルの特徴ある楕円の社紋板で判別出来ます。車番まで読めませんが、タキ3700あたりかと思われます。酢酸系統の積荷を運んでいたものと思います。

この画像を見るたび、タンク車を撮っておけばよかったとため息をついてしまいます。

EF62は、52号機をご紹介していますので、こちらもご覧になって下さいね。


~平成27年1月31日追補~
WING6451さまよりコメント頂きました。
ヨ8354のうしろのタンク車ですが、タキ6850だと思われます。
タキ6850と判別したポイントは次の通りです。
①キセが4分割
②ドームがタキ8700みたく大型で、ドーム周辺にも付属機器があるように見える
③積荷標記がキセの継目アングルより下側に書かれている
④タンク受台は段の無いのっぺり型で帯金付き

吉岡心平御大の記事はこちらです。ここの画像からはタキ6850だと思われるポイントが多々見えます。

e0264203_23335432.jpg

(EF62 51の画像右側を拡大トリミング)

[PR]

by takurika54 | 2014-12-07 15:25 | 80年代 電気機関車 | Comments(6)

80年代 ED60 4

この土日は出張に引っ掛けて実家へ帰省していたので、ブログUP出来ませんでした。
なので今日は火曜ですが変則でブログUPします。のこのこ様が竜華機関区のEF15の記事にコメントを寄せて頂いたので、竜華区のED60の画像をご覧頂きましょう。

e0264203_22400234.jpg

(ED60 4 1980年頃 久宝寺~杉本町短絡線にて)

西宮から遠征して久宝寺まで来て、短絡線にある踏切から撮影したものです。
この時は竜華区のEF15がお目当てだったのですが、EF15 181を撮影出来ただけで、あとはこのED60 4しか撮影出来ませんでした。当時はこれでガッカリしたのですが、今となっては貴重な記録だと思っています。

前照灯は2灯ブタ鼻化され、スノープロー無しのスタイルは、大糸線のカマとだいぶ印象が違います。
スカートにあったはずの各種ジャンパ栓も撤去されて、ブレーキ用のエアホースだけが連結器部に取り付けられています。あっさりした印象です。

この日の荷は、黒ワム(ワラ?)が4両にワフが1両と寂しい編成でした。
比較的低速で、それでも短編成ゆえにあっと言う間に行き過ぎてゆきました。


この週末11月1日と2日は待ちに待った鉄道模型ショウですね。今から楽しみです。


[PR]

by takurika54 | 2014-10-28 23:11 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)

80年代 竜華区のEF15

関西線の車窓から竜華区を撮った画像です。

e0264203_22152495.jpg
(EF15 1980年頃か? 竜華機関区にて(車窓から撮影))

天王寺へ向かう関西線の車窓から撮った画像です。ネガ紛失でプリントからスキャンしたのでクリアな画像で無くて恐縮です。
以前ご紹介した久宝寺から杉本町へ向かう短絡線にEF15を見に行った時のネガには無い画像なので、家族で奈良かどこかに行った帰りに撮ったのかも知れません。この辺の記憶は全く無い…。

パンタを下して次の出番を待っているEF15です。
竜華区の特徴で、前照灯がブタ鼻改造され2灯シールドビーム化されています。デッキ昇降の手摺が白く塗られているのも竜華区の特徴です。運転席側窓には縦に白いバーが入っているように見えますが、これはアルミサッシ化されてこう見えているのでしょうね。

残念ながら車番は分かりませんが、車体側面機械室窓がHゴム化されモニタールーフ窓もHゴム化されているようなので、162号以降の15次型のようです。手元にある1979年配置表で見ると、当時の竜華には15次型が9両も居たようで、全16両の半数以上が15次型になっていて車番特定には至りませんでした。

遠く機関庫側にもEF15とEF58が見えてます。EF15の前面は黒Hゴム支持ですが、EF58はグレー系のHゴム支持です。



[PR]

by takurika54 | 2014-03-09 22:40 | 80年代 電気機関車 | Comments(2)

80年代 EF66 18

実家の地元、西宮です。

e0264203_225329.jpg

(EF66 18 1979年頃 芦屋~西ノ宮間にて)

夙川の土手の西側、夙川公民館のある公園からちょい先で撮ってます。
カメラの調子がおかしい(?)のか、光が漏れ込んでしまって左側が赤くなっています。

撮影技量も無く、背のあるフェンスに登りながらの撮影でしたので、手前に引き寄せる前に撮ってしまい、架線柱にかかり気味のダメダメ画像です。
架線柱ごしに、チラッと黄緑色が見えてますので、コンテナ車を牽引していたのでしょう。

EF66 18は一次型だそうで、当時下関区に所属し、その後JR貨物に継承され、飾り帯やナンバー周辺の装飾が外されたうえで貨物更新色に塗られてしまったようで、既に6年前に廃車になってます。
EF66 18は、ひさしの取付も無くオリジナルを保っています。スノープローが凛々しい姿です。ヘッドマーク掛けはありますが、結局ブルートレインを牽引することはありませんでした。

プリントスキャンの粗い画像ですが、EF66 26をご紹介済みですので、こちらも見てやって下さい。EF66 26はひさし付きに改造されてます。
~訂正~
急行越前さまよりご指摘がありまして、誤りを訂正しました。(9/29)
EF66 26は新製時よりひさし付きで落成してます。  ご指摘ありがとうございました。



にほんブログ村

にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-28 02:18 | 80年代 電気機関車 | Comments(1)

80年代 EF81 111

京都駅を通過中のEF81 111です。

e0264203_063283.jpg

(EF81 111 1979年晩秋 京都駅にて)

この撮影は、恐らく1番線からだと思います。突然、EF81が単行でやってきて、北陸方面に向かってゆっくりと通過してゆきました。
撮った時は分からなかったのですが、後日プリントしてみて偶然にも111号機だったのでびっくりした記憶があります。81の1を含めると「1」が四つゾロ目になってます。

111号機のことを検索してみたところ、2003年(平成15年)に廃車になっていました。もう10年も前に鬼籍になっていたのですね。まだ僚機が最後の活躍をしていることを思うと、状態の良し悪しや全検時期の巡り合せが悪かったのかも知れません。

EF81は交直機なので、大阪以西でも運用出来ますが、残念ながら大阪以西での定期運用は無かったハズで、地元西宮ではローズピンクを拝むことは出来ませんでした。大阪駅へ行っても、米原経由の「きたぐに」はEF58牽引でしたので、EF81を見た記憶がありません。当時は「つるぎ」や「日本海」がEF81牽引で大阪駅まで運用されていたハズですが、何故見た記憶が無いのでしょう?ナゾです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-09-23 00:24 | 80年代 電気機関車 | Comments(0)