「ほっ」と。キャンペーン

80年代 DD51 1127

これまた頂き物の画像です。

e0264203_11183580.jpg
(DD51 1127 1979年か1980年 宝塚駅にて)

なぜ車体全体を撮らずに前方だけ撮ったのか不明ですが…、ウデが未熟だった??

今やDD51は風前の灯ですが、撮影時は新製から5年ほどしか経っていない車です。

ラジエターカバーは2分割のタイプで、これは最後期の車の特徴です。点検時にカバーを脱着し易いよう、分割してカバー1枚の重量を下げているんだとか。


[PR]

by takurika54 | 2016-10-09 08:48 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 鷹取工場のDD13と白帯の黒ワム

須磨の魚釣り公園に行った際に車窓から撮った画像です。

e0264203_10434726.jpg
(鷹取工場のDD13 1979年か1980年 鷹取~須磨間にて)

ネガ紛失のためプリントのスキャンで粗い画像で恐縮です。

前照灯は2灯タイプですが、残念ながら車番までは判別出来ません。
向こう側には、配給車の白帯をまいたワム60000と思しき黒ワムが何両も留置されています。

芦屋~西ノ宮間の本線ではディーゼル機関車を見ることはほとんど無かったので、鷹取では車窓越しにDD13が見れるのでワクワクしていたことを思い出します。

鷹取工場は、21年前の今日起きた阪神淡路大震災で大打撃をうけ、検修する機関車の減少も相まってその後工場閉鎖に追い込まれています。


[PR]

by takurika54 | 2016-01-17 11:06 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DE10 1086

京都駅です。


e0264203_08284268.jpg
(DE10 1086 1979年晩秋頃 京都駅にて)

久々に数少ないディーゼル機関車のネタをお届けしましょう。エグゾーストを残して京都駅を発車するところのDE10 1086です。
編成車両から見て、奈良線に向かう列車と思われます。

DE10 1086は亀山区所属で1971年汽車会社製です。SGを搭載する1000番台に属します。竜華区から亀山区に配転となり、この後高松区へ配転となってそこで平成5年(1993年)に廃車となってます。稼働22年とは以外に短命だったんですね。
廃車後は部品取り用として水島臨海鉄道に譲渡され、部品を所々はぎ取られた姿で今でも留置されているそうな。

DE10 1086の次位にはワフ29500と思われる有蓋緩急車が繋がれてます。拡大してみるとワフ30***と見えます。

ワフの次にはヨダレものの私有タンク車が繋がれてます。
菱型の社紋板でキセ付き・S字管付きなので、呉羽化学工業(クレハ)のカセイソーダ液車と思われます。ドームが無く側ブレーキのように見えますので恐らくはタキ7750かと。

タキ7750の次の銀色のタンク車ですが、スリーダイヤの社紋板が見えてますので、黒崎駅常備の三菱化成工業(現三菱化学)のカプロラクタム車=タキ14800と思われます。ともに宇治駅にあるユニチカ宇治工場へゆくタンク車ですね。

今だったらDE10よりもタンク車の方を撮っていたでしょうね。あ~、35年前にタイムスリップしたい~~。


[PR]

by takurika54 | 2013-12-21 09:10 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DD51とDD13の並び 京都駅にて(オリジナル版)

以前ご紹介したDD51とDD13の並びと、ナハフ10 1の画像は、元々は1枚のプリントを拡大トリミングして2枚に分けてご紹介したのですが、今回は元々のオリジナル版をご覧頂きましょう。

e0264203_11174974.jpg

(DD51 1037とDD13 196の並び+ナハフ10 1 1979年晩秋 京都駅にて)

京都駅で撮影していると、草津線へ乗り入れするDD51 1037が牽引する客車列車がスルスルと入線してきました。と言っても、中線に入線してきたので客扱いはせず、退避留置していたような格好でした。
隣りのDD13 196は、構内入換の合間に待機しているようでした。

DD51もDD13もアイドリングしていたと思います。当時、非電化路線を持つ駅では、ディーゼル機関車や気動車のアイドリングが聞こえて、電化された現代の駅とは違って、もう少し騒々しかったように思います。(排気のにおいも)

既にご紹介した2枚の画像は下の通りです。こちらも覗いてみて下さいね。
DD51 1037とDD13 196の並び
ナハフ10 1


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-10-14 11:32 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DD51 573

土日祝更新を基本としてますが、昨日は家の事情でアップ出来なかったので、月曜ですがアップします。
今回から、頂き物のネガフィルムのご紹介です。

宝塚駅です。

e0264203_22184351.jpg

(DD51 573 1979年か1980年 宝塚駅にて)

いったいどんな経緯でネガフィルムを手に入れたかサッパリ記憶に無いのですが、何故か友人が撮ったネガが家にありました。
カメラ性能は良くないし、何を撮りたかったの?的な画像もありますが、中学生時代に精一杯撮った写真としてご笑覧下さい。

宝塚駅に入線するDD51 573です。
他の写真も含めて判断するに、大阪方面へ向かう上り列車のようです。編成全容が見えませんが、旧型客車を牽引しています。

宝塚までは1981年4月に電化されてますが、画像からは架線柱すら見えません。が、撮影ホームの2番線は、来る電化に備えてか、ホームが綺麗く整備されています。
上り線と下り線の間の空間に、線路とコンクリート柱が見えてますが、このコンクリート柱が架線柱だったのかも。

ホームには学生や近所のおばちゃんが列車到着を待っています。皆、半そでを着ているので、夏場だったのでしょうね。

尚、私が三田市内で撮った福知山線のDD51の画像はこちらです。
大阪駅で撮った福知山線DD51の画像はこちらです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-05-20 22:52 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DD51 1037

久しぶりにディーゼル機関車です。画像は京都駅です。

e0264203_0221770.jpg

(DD51 1037 1979年晩秋頃 京都駅にて)

ネガ紛失のため、プリントをスキャンしてますのでお見苦しい画像で恐縮です。

以前、京都駅でのDD51とDD13の並びをご紹介し、別の記事でナハフ10 1をご紹介してますが、今回のご紹介するDD51 1037は、ナハフ10 1以下を牽引してDD13と並んでいた車です。

京都から東海道線を経て草津線を走破し、柘植まで行く客車列車です。
DD51 1037は亀山機関区所属の車で、のちにユーロライナー専用機となり、ユーロ色に塗り替えられました。ユーロライナー専用機となったDD51は美濃太田機関区所属となり、その時にだと思いますがスノープラウを装備することになります。画像撮影時点では、暖地路線の亀山区所属でしたのでスノープラウは装備されてません。

DD51 1037に牽引されている客車ですが、次位はナハフ10 1ですが、ナハフ10 1の後ろは以前ご紹介したEF58 165の隣りに写っていたオハ41です。その後ろまでは画像がプアで分かりません。

向こうの方には、東海道山陽筋の103系各停が留置されてます。グロベンが並んでますので、非冷房車の編成ですね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-04-06 00:54 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DD51 6

場所の記憶も記録も無く特定出来ないのですが、竜華機関区をまたぐ跨線橋上だった気がします。

e0264203_872298.jpg

(DD51 6 1980年頃 久宝寺近くか?)

阪和線に残るEF15見たさに友達と遠征した時の画像です。(その時撮影したEF15 181の記事はこちら)
跨線橋を渡っている時にやってきたDD51ですが、初期車だったので撮影したものですが、流れてしまったうえ架線が思いっきり被ってしまったダメダメ画像で恐縮です。

正面の白帯が、車番にかからずに直線処理されている最初期車で、5~19号機までの先行量産車のうちの1台です。当時、吹田第一区には5~12号機と17~19号機が配され、直線処理の白線車が沢山居ました。重連総括制御が具備されていない車ゆえ、スカート廻りは非常にスッキリしており、おまけに暖地型でスノープローも無いので、同じDD51とは思えないような容姿です。
KATO(16番)の暖地型DD51をベースに改造して、吹一の最初期車を作ろうと思って早や10年近く経ってしまってます。構想ばかりで行動が伴わない…。

正面窓はオリジナルの白Hゴムです。今生き残っているDD51は黒Hゴム車ばかりですので、この辺の印象も違いますね。私はやはり白Hゴムの方が似合っていると思ってます。

DD51 6の次位は、ワム60000でしょうか?屋根にリブが無く、妻面はプレス処理されてます。その次は茶ワムことワム80000ですね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-02-02 08:31 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

【再掲】DD51 1132

当ブログは、土日祝に更新することを基本としてますが、平日の今日は事情により更新します。
以前、DD51 1132をご紹介したつもりだったのですが、掲示した画像が間違えていることに今日気が付いたので、前の記事は削除して改めてご紹介し直します。

e0264203_2331026.jpg

(DD51 1132 1979年晩秋頃 京都駅にて)

ネガ紛失でプリントをスキャンしているので画像が粗いうえ、手ブレを起こしており大変見辛い画像で恐縮です。おぉ!重連だぁ!!と興奮して、手元が狂ったようです。(汗)
→少しでも見易いように解像度をUPさせ退色補正し直しました。(2012/9/15)

以前ご紹介したDD51とDD13の並びと同じ日に撮影してます。DD51とDD13の並びの画像に停車中のDD51と同じ番線を通過するDD51 1132です。

梅小路から草津線を経由して関西線へ向かう貨物です。
DD51 1132は、スノープロウの無い暖地型だなぁと思っていたら、亀山機関区の所属だったのですね。
1132号機は、どうやらJR発足時の1987年に廃車となり、その後海外へ譲渡されているようですね。1975年製ですから、僅か12年で廃車となってしまったようです。DD51の中では不運な一両と言わざるを得ないでしょうか?海外へ譲渡された後、今でも頑張って活躍しているのであれば、逆に幸運な車なのかも知れません。

手ブレしてなければ何を牽引しているかもっと詳細が分かるのですが、ワム・トラ・35系タキと続いています。画像では最後尾まで見えませんが、編成は大分長いようです。この頃は、まだまだ車扱いの貨物列車も元気だった頃です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-11-26 23:08 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DD51 1184

福知山線です。

e0264203_903626.jpg

(DD51 1184 1980年頃 三田~広野間にて)

以前、三田市内で撮影したDD51 1177をご紹介しましたが、同じ日に同じ場所で上りの客レを撮ってましたので、こちらもご覧頂きましょう。
軽やかに駆け上がってきて思いのほかスピードが速く、流れてしまったうえ正面ナンバーにピントが合っていないダメダメ画像の掲示ですがお許し下さい。(ダメダメでも個人的には気に入ってるんですが…)
ここは、確か田んぼの中にある踏切から撮ったハズですが、緩い右カーブになっていて、ここから三田駅に向けて下り勾配の直線なので、スピードを乗せていたところなのでしょうね。
当時、この辺は非電化単線で、未だ新三田駅も開設されていない頃です。

DD51 1184のスカートにはジャンパー栓がごちゃごちゃと付いていて、重厚感を醸し出しています。福知山線を走るDD51はスノープローを通年装備していたので、足元が引き締まって見えます。

牽引されている車ですが、TR47を履いた緩急車なのでスハフ42のようです。乗降扉までは見えてませんので不確定ですが、近代化改造されていないようで、窓はアルミサッシではなく木枠のままです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-10-21 09:31 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DD13 102

京都駅です。

e0264203_824415.jpg

(DD13 102 1979年晩秋 京都駅にて)

京都駅の山陰線ホームに進入してきたDD13 102です。構内入換のようです。操車掛の方が緑旗を示しながら、ゆっくりと目の前を通り過ぎてゆきました。

DD13 102は一つ目ライトの初期車ですが、台車はウイングばね式のDT113になった初期車の後期型です。吹田第一区に所属でした。
残念なことに、前照灯がシールドビーム化されていて、美観が損なわれています。加古川線のキハ20系キハ35系も同様のシールドビーム化改造された車が居ましたので、関西ではポピュラーな改造だったのでしょう。(加古川線のキハにはブタ鼻2灯前照灯車も居ましたが…)

京都駅構内でどんな入換がされていたのか全く記憶にありませんが、山陰線から東海道へ渡す荷物車の入換はあったハズです。山陰線の貨物列車は京都駅に一旦進入して、DD13あたりに梅小路まで牽引されていたのでしょうか?
以前ご紹介した草津線客車牽引のDD51の横にDD13が並んでいましたので、京都駅には常時数両のDD13が構内に居たのでしょうね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-09-29 08:43 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(2)