80年代 DD51 1105

F.Y君から頂いた画像です。

e0264203_22524840.jpg
(DD51 1105 撮影年月不明 山陰本線保津峡駅)

頂いたカラープリントをスキャンしたのでやや不鮮明な画像で恐縮です。

旧型客車を牽引して保津峡駅に入線してくるところです。
いつ頃撮影されたものか不明ですが、頂いた画像からして1975年~77年頃に撮られたものと思われます。
見えている範囲は、客車6両ですが、もう少し長い編成だったと思われます。

DD51の次位は、グレーっぽい屋根でキャンバス押さえが見えないので、鋼板屋根のオハフ33かオハ35だと思います。
2両目と3両目はTR47っぽい台車形状が見えてます。
5両目は窓の上下が大きく、ノーシル・ノーヘッダなので10系客車と思われます。

どの窓もほぼ開いていて、暑い日だったことと思います。セミの声が聞こえてきそうです。


[PR]

by takurika54 | 2017-07-09 23:16 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DF50 513

高校の同級生F.Y君から頂いた写真です。

e0264203_12110505.jpg
(DF50 513 撮影年月・撮影場所不明)

幅広のスノウプラウを装着しているので、山陰本線や福知山線で活躍していたDF50だと思われます。

1976年か1977年頃に撮影されたものと思われますが、当時10歳頃の私はカメラも無く自由な行動が出来る環境でも無かったので、DF50もDD54も現役時代の活躍は見ることが出来ませんでしたので、F.Y君のことが羨ましかったです。彼の家は比較的裕福で年の離れたお兄さんが居たので、カメラを持っていて行動範囲が広かったのを覚えています。

茶・青の旧型客車を6両牽いて軽々と通過していくところなのでしょうね。


[PR]

by takurika54 | 2017-07-01 12:50 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DF50 22

高校の同級生F.Y君からもらった写真です。

e0264203_22062069.jpg
(DF50 22 撮影年月、場所は不明)

架線が張られていて、スノープラウが無いので、紀勢線での活躍と思います。場所は紀伊田辺かな?
引退近しの雰囲気です。

DF50を生で見た記憶は無く、中学生の頃にDF50が活躍していたのは四国と九州でしたので、行けるわけも無く、ただただ雑誌で活躍する姿を見るしかありませんでした。かつて16番でTOMIXがプラ製のDF50を発売していましたが、当方には2両投入してあります。手摺りもナンバーも未取付状態のままですが…。

留置されている線は、真ん中が凹みになっていますが、これは蒸気時代の名残でしょうね。アッシュピットだと思われます。


[PR]

by takurika54 | 2017-06-11 22:42 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

RM LIBRARY 国鉄DD13形ディーゼル機関車

GW中は恒例の東北旅行へ出掛けてましたので、更新はしばらく途絶えておりました。五能線でタラコ色のキハ40を撮影してきてますので、追々ご紹介しますね。

さて、少々古新聞ですが、RM LIBRARYからDD13を特集した号が発刊されました。

e0264203_22361538.jpg
(NEKOのHPより転載)

今回は上巻の発刊ですが、どうやら中巻・下巻と計3冊発刊されるようで、DD13ファンの私としては非常に楽しみなところです。

400両以上製造された入換機ですが、DE10が台頭し、JRに継承されることなく廃車となってしまったのは非常に残念で、華々しい活躍の舞台があったわけでも無いので、保存車両も非常に少ないです。

ただ、仲間のDD15が極少数残っているのと、私鉄各社には払い下げ機や類似機が未だに重用されており、DD13サウンドを楽しむことが出来ます。

上巻では、前照灯が1灯のタイプが紹介されいます。表紙の写真は、和田岬線をゆくDD13 101ですが、1番違いですがDD13 102を京都駅で捉えた写真がありますので、再掲ですがご紹介しておきます。前照灯はシールドビーム化されています。

e0264203_22365398.jpg
(DD13 102 1979年晩秋頃 京都駅にて(再掲))

入換掛の誘導のもと、山陰本線のホームを突然単行でやってきたところを撮影したものです。
何の入換えをして、どこへ行ったのか、全く記録も記憶もしていないところが残念ですが、マニあたりの編成替えでもしていたのでしょうか?


[PR]

by takurika54 | 2017-05-12 00:12 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DD51 1127

これまた頂き物の画像です。

e0264203_11183580.jpg
(DD51 1127 1979年か1980年 宝塚駅にて)

なぜ車体全体を撮らずに前方だけ撮ったのか不明ですが…、ウデが未熟だった??

今やDD51は風前の灯ですが、撮影時は新製から5年ほどしか経っていない車です。

ラジエターカバーは2分割のタイプで、これは最後期の車の特徴です。点検時にカバーを脱着し易いよう、分割してカバー1枚の重量を下げているんだとか。


[PR]

by takurika54 | 2016-10-09 08:48 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 鷹取工場のDD13と白帯の黒ワム

須磨の魚釣り公園に行った際に車窓から撮った画像です。

e0264203_10434726.jpg
(鷹取工場のDD13 1979年か1980年 鷹取~須磨間にて)

ネガ紛失のためプリントのスキャンで粗い画像で恐縮です。

前照灯は2灯タイプですが、残念ながら車番までは判別出来ません。
向こう側には、配給車の白帯をまいたワム60000と思しき黒ワムが何両も留置されています。

芦屋~西ノ宮間の本線ではディーゼル機関車を見ることはほとんど無かったので、鷹取では車窓越しにDD13が見れるのでワクワクしていたことを思い出します。

鷹取工場は、21年前の今日起きた阪神淡路大震災で大打撃をうけ、検修する機関車の減少も相まってその後工場閉鎖に追い込まれています。


[PR]

by takurika54 | 2016-01-17 11:06 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DE10 1086

京都駅です。


e0264203_08284268.jpg
(DE10 1086 1979年晩秋頃 京都駅にて)

久々に数少ないディーゼル機関車のネタをお届けしましょう。エグゾーストを残して京都駅を発車するところのDE10 1086です。
編成車両から見て、奈良線に向かう列車と思われます。

DE10 1086は亀山区所属で1971年汽車会社製です。SGを搭載する1000番台に属します。竜華区から亀山区に配転となり、この後高松区へ配転となってそこで平成5年(1993年)に廃車となってます。稼働22年とは以外に短命だったんですね。
廃車後は部品取り用として水島臨海鉄道に譲渡され、部品を所々はぎ取られた姿で今でも留置されているそうな。

DE10 1086の次位にはワフ29500と思われる有蓋緩急車が繋がれてます。拡大してみるとワフ30***と見えます。

ワフの次にはヨダレものの私有タンク車が繋がれてます。
菱型の社紋板でキセ付き・S字管付きなので、呉羽化学工業(クレハ)のカセイソーダ液車と思われます。ドームが無く側ブレーキのように見えますので恐らくはタキ7750かと。

タキ7750の次の銀色のタンク車ですが、スリーダイヤの社紋板が見えてますので、黒崎駅常備の三菱化成工業(現三菱化学)のカプロラクタム車=タキ14800と思われます。ともに宇治駅にあるユニチカ宇治工場へゆくタンク車ですね。

今だったらDE10よりもタンク車の方を撮っていたでしょうね。あ~、35年前にタイムスリップしたい~~。


[PR]

by takurika54 | 2013-12-21 09:10 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DD51とDD13の並び 京都駅にて(オリジナル版)

以前ご紹介したDD51とDD13の並びと、ナハフ10 1の画像は、元々は1枚のプリントを拡大トリミングして2枚に分けてご紹介したのですが、今回は元々のオリジナル版をご覧頂きましょう。

e0264203_11174974.jpg

(DD51 1037とDD13 196の並び+ナハフ10 1 1979年晩秋 京都駅にて)

京都駅で撮影していると、草津線へ乗り入れするDD51 1037が牽引する客車列車がスルスルと入線してきました。と言っても、中線に入線してきたので客扱いはせず、退避留置していたような格好でした。
隣りのDD13 196は、構内入換の合間に待機しているようでした。

DD51もDD13もアイドリングしていたと思います。当時、非電化路線を持つ駅では、ディーゼル機関車や気動車のアイドリングが聞こえて、電化された現代の駅とは違って、もう少し騒々しかったように思います。(排気のにおいも)

既にご紹介した2枚の画像は下の通りです。こちらも覗いてみて下さいね。
DD51 1037とDD13 196の並び
ナハフ10 1


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-10-14 11:32 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DD51 573

土日祝更新を基本としてますが、昨日は家の事情でアップ出来なかったので、月曜ですがアップします。
今回から、頂き物のネガフィルムのご紹介です。

宝塚駅です。

e0264203_22184351.jpg

(DD51 573 1979年か1980年 宝塚駅にて)

いったいどんな経緯でネガフィルムを手に入れたかサッパリ記憶に無いのですが、何故か友人が撮ったネガが家にありました。
カメラ性能は良くないし、何を撮りたかったの?的な画像もありますが、中学生時代に精一杯撮った写真としてご笑覧下さい。

宝塚駅に入線するDD51 573です。
他の写真も含めて判断するに、大阪方面へ向かう上り列車のようです。編成全容が見えませんが、旧型客車を牽引しています。

宝塚までは1981年4月に電化されてますが、画像からは架線柱すら見えません。が、撮影ホームの2番線は、来る電化に備えてか、ホームが綺麗く整備されています。
上り線と下り線の間の空間に、線路とコンクリート柱が見えてますが、このコンクリート柱が架線柱だったのかも。

ホームには学生や近所のおばちゃんが列車到着を待っています。皆、半そでを着ているので、夏場だったのでしょうね。

尚、私が三田市内で撮った福知山線のDD51の画像はこちらです。
大阪駅で撮った福知山線DD51の画像はこちらです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-05-20 22:52 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)

80年代 DD51 1037

久しぶりにディーゼル機関車です。画像は京都駅です。

e0264203_0221770.jpg

(DD51 1037 1979年晩秋頃 京都駅にて)

ネガ紛失のため、プリントをスキャンしてますのでお見苦しい画像で恐縮です。

以前、京都駅でのDD51とDD13の並びをご紹介し、別の記事でナハフ10 1をご紹介してますが、今回のご紹介するDD51 1037は、ナハフ10 1以下を牽引してDD13と並んでいた車です。

京都から東海道線を経て草津線を走破し、柘植まで行く客車列車です。
DD51 1037は亀山機関区所属の車で、のちにユーロライナー専用機となり、ユーロ色に塗り替えられました。ユーロライナー専用機となったDD51は美濃太田機関区所属となり、その時にだと思いますがスノープラウを装備することになります。画像撮影時点では、暖地路線の亀山区所属でしたのでスノープラウは装備されてません。

DD51 1037に牽引されている客車ですが、次位はナハフ10 1ですが、ナハフ10 1の後ろは以前ご紹介したEF58 165の隣りに写っていたオハ41です。その後ろまでは画像がプアで分かりません。

向こうの方には、東海道山陽筋の103系各停が留置されてます。グロベンが並んでますので、非冷房車の編成ですね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-04-06 00:54 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)