RM LIBRARY 国鉄DD13形ディーゼル機関車

GW中は恒例の東北旅行へ出掛けてましたので、更新はしばらく途絶えておりました。五能線でタラコ色のキハ40を撮影してきてますので、追々ご紹介しますね。

さて、少々古新聞ですが、RM LIBRARYからDD13を特集した号が発刊されました。

e0264203_22361538.jpg
(NEKOのHPより転載)

今回は上巻の発刊ですが、どうやら中巻・下巻と計3冊発刊されるようで、DD13ファンの私としては非常に楽しみなところです。

400両以上製造された入換機ですが、DE10が台頭し、JRに継承されることなく廃車となってしまったのは非常に残念で、華々しい活躍の舞台があったわけでも無いので、保存車両も非常に少ないです。

ただ、仲間のDD15が極少数残っているのと、私鉄各社には払い下げ機や類似機が未だに重用されており、DD13サウンドを楽しむことが出来ます。

上巻では、前照灯が1灯のタイプが紹介されいます。表紙の写真は、和田岬線をゆくDD13 101ですが、1番違いですがDD13 102を京都駅で捉えた写真がありますので、再掲ですがご紹介しておきます。前照灯はシールドビーム化されています。

e0264203_22365398.jpg
(DD13 102 1979年晩秋頃 京都駅にて(再掲))

入換掛の誘導のもと、山陰本線のホームを突然単行でやってきたところを撮影したものです。
何の入換えをして、どこへ行ったのか、全く記録も記憶もしていないところが残念ですが、マニあたりの編成替えでもしていたのでしょうか?


[PR]

by takurika54 | 2017-05-12 00:12 | 80年代 ディーゼル機関車 | Comments(0)