80年代 阪急850 その3

この土日は西宮の実家に帰っていたのですが、伊丹線の3000系の終焉も近そうだったので、塚口駅に寄り道してきました。
後日、この時の画像はご紹介したいと思います。

今回の画像は、阪急西宮車庫で出庫待ちの甲陽園線編成です。

e0264203_23502072.jpg
(阪急850他 1982年1月6日 阪急電鉄西宮車庫にて(許可を得て構内で撮影))

夕方のラッシュ時間帯の運用に向け、パンを上げて出庫を待つ阪急850+940+800の編成です。

架線上に時計が見えてますが、15:20を指しています。
まだ、前面には「回送」のサボが掲げられていないので、運転手も乗り込んでいない状態かと思いますが、既にパンを上げていつでも出庫出来る状態です。

本編成は、800系と920系の混成ですが、いずれも2扉車で車長は17.6m~17.7mであり、3扉車の19mより少し短いです。

前照灯が2灯シールドビーム化されているのが残念ですが、重厚感ある風貌は3両編成と短くても見応えがあります。


[PR]

by takurika54 | 2017-03-13 00:05 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)