80年代 飯田線 モハ80 300番台の車内

飯田線特集パート2第55弾です。

e0264203_12312227.jpg
(モハ80の車内 1982年春 豊橋駅にて)

戦前製の旧国の車内だけかと思ってましたが、全金属車のモハ80 300番台の車内も撮影していました。

背もたれの角はR処理もされず角張っています。その上につかみがあります。
一番手前の背もたれは、モケットが無いので出入口付近の両端部のロングシート部ですね。板はクリーム色に塗られていたようです。
網棚の支持は、だいぶ簡素化された意匠になっています。
天井には蛍光灯が2列で配置されていますが、現代の車と比べるとだいぶ本数は少なめです。

全金属車の300番台はサッシ窓でしたので、フラッシュの反射で窓桟が銀色に光ってます。

天吊り広告もまばらです。高遠とありますので、桜の花見をPRした広告のようです。


[PR]

by takurika54 | 2015-11-01 12:49 | 80年代 飯田線 | Comments(2)

Commented by みなとみらい at 2015-11-07 23:24 x
80系はこの頃を遡ること20年前あたり豊橋近辺の東海道線の主力でしたから名鉄電車と同様に子供の頃からよく乗りました。
当時は興味を覚えることはありませんでしたが、いまこうして見ると懐かしいです。
貴重な写真ありがとうございます。
Commented by takurika54 at 2015-11-08 15:46
いつもコメントありがとうございます。
この頃は、戦前製の旧国狙いでしたので、全金属車の80系300番台は余り好きになれませんでした。今から思うと贅沢なことですが。
湘南スタイルの80系や70系が一両も保存されていないのは非常に残念ですね。