80年代 飯田線 クモル23 050

飯田線特集パート2第48弾です。

e0264203_12563222.jpg
(クモル23 050 1982年春 豊橋駅にて)

前回ご覧頂きましたクモヤ22 113の編成は、一旦名古屋方面へ引き上げたのですが、そのうち下り本線から上り本線に渡ってまた豊橋駅へ戻ってきました。
今度はクモル23 050を撮影することが出来ました。

車体中央が無蓋状態となっていて、車輪やら重量物が載せられるようになっています。この時は、何やら構造物のようなものが載っているように見えますが…。

クモル23 050は、前面窓がHゴム支持の2枚ものになっていて、更にかなり深く傾斜が付けられているのが特徴で、このような改造を受けたクモルやクモヤは他には居なかったように思います。
常用使いが飯田線を想定していたためか、運転席窓にはデフロストがついています。
車庫で眠っているとパンタは畳んでありますので、本線走行でパンタが上がっている写真は何気に貴重ではないでしょうか?ちなみにパンタはPS13です。

他のクモル23は、営業車のクモハ11から改造されているので乗降扉が残っていましたが、クモル23 050はクモニ13から改造されているので、一段凹んだ左右スライドする荷物扉となっているのも特徴です。

隣りに名鉄の車両が見えていますので、クモル23 050が停車しているのは豊橋駅の4番線ホームでしょうか?


[PR]

by takurika54 | 2015-06-06 13:26 | 80年代 飯田線 | Comments(0)