80年代 飯田線 モハ80 310

飯田線特集パート2第44弾です。

e0264203_22525489.jpg
(モハ80 310 1982年春 豊橋駅にて)

当時の飯田線の豊橋口では、80系の4両編成が14編成に、増結用にモハ80+クハ85が2編成の計60両が活躍しており、全車300番台の全金属車でした。
全車300番台でしたので、個体差は少なく、興味の薄い車両でしたので、撮影したのは僅かです。

強い日差しが車体に反射して、白ボケたダメ画像で恐縮です。

台車はDT20を履いていて、プレス鋼板構造だそうです。全検上がりでしょうか?床下の台車や機器類は黒光りしています。
DT20って、なんかどっかで見たことある気がしていたのですが、西武鉄道E31機関車が履いていたようですね。今は3両が大井川鉄道へ移籍しています。

乗降扉の横には、愛称サボ受けと車番サボ受けが取り付けられていて、かつては優等列車であったことの名残りです。

300番台のクハ86+モハ80が保存されていたなら、吊掛車の最高峰として意義あるものだったのにね。惜しいことです。


[PR]

by takurika54 | 2015-04-12 23:19 | 80年代 飯田線 | Comments(0)