80年代 飯田線 クモハ50 008

飯田線特集パート2第33弾です。

e0264203_07463412.jpg

(クモハ50 008 1982年春 伊那松島駅にて)

前回ご紹介したクモハ51 200と外観上はよく似ているのですが、電動機出力UPしたクモハ53をタネ車とした車なので形式が違ってます。
(クモハ51 200は電動機出力UPしていないクモハ43がタネ車)
クモハ51 200と同じ理屈なら、クモハ54に編入されるのが自然なのですが、歯車比が違うのでクモハ54には編入されず単独の形式を割り当てられているそうです。

ホロ枠は撤去されていて、クモハ51 200と比べ少々間抜けな面構えですが、名残りなのでしょうか?スカ色の塗り分けはホロ枠のあった位置に沿ってます。
おまけに、パンタはPS13に載せ替えられており、間抜けさを増長しているように感じます。

クモハ51 200と同様に、追設された真ん中の乗降扉の戸袋窓はHゴム化されています。

3扉化されても、幅狭の窓がズラリと並ぶ姿は格好良いですね。

[PR]

by takurika54 | 2014-09-27 08:03 | 80年代 飯田線 | Comments(0)