80年代 飯田線 クハユニ56 002 その2

飯田線特集パート2第24弾です。
パート1でもご紹介したクハユニ56 002です。

e0264203_01032569.jpg

(クハユニ56 002 1982年春 伊那松島機関区にて)

伊那松島機関区で撮影した制御車は前回までで、今回は合造車です。機関区から運用に就くためにクハユニ56 002の編成が出庫してきました。

ノーシル・ノーヘッダーのツルンとした印象ですが、運転台横の乗降ステップが6段取り付けられていて、アクセントになっています。

ちょっと正面ぎみな画像で、距離もちょっとあるので、パート1でご紹介した画像をどうぞ。二度目の再掲で恐縮です。
e0264203_97506.jpg

(クハユニ56 002 1980年夏 伊那松島機関区(再掲))


元の画像に戻りますが、画面左手に有蓋貨車が見えてます。伊那松島駅の貨物側線に押し込まれて荷役中のようです。

茶色いワムはご存じ茶ワムことワム80000です。手前の黒いのはワラ1のようです。拡大してみるとワラ16016と読めます。ワラ1は17000輌以上製造された車だそうですが、保存車はワラ1のたった1輌です。ただ、結構多くの個体が個人に払い下げられ、未だに各地で倉庫代わりに活躍しています。


[PR]

by takurika54 | 2014-07-13 01:35 | 80年代 飯田線 | Comments(0)