80年代 クモハ73 001

中学2年の時に日帰りで広島へ行った時の画像です。

e0264203_00352788.jpg

(クモハ73 001 1980年夏 横川派出所にて)

栄えあるトップナンバーです、近代化改造を受けていますが、初期の頃の改造だったためシル・ヘッダーが付いた状態です。
それでも前面窓は3枚ともHゴム化され、運用幕窓や戸袋窓もHゴム化され、前照灯は車体に埋め込みとなっています。元々京都~西明石で各停使用されていたので、全面に箱タイプのサボ受けはありません。

乗降扉もHゴムのプレス扉でのっぺりしたタイプです。なのに、乗務員扉だけは木造のような旧式なものが取り付いてます。

クモハ73 001をいろいろとネットで調べてみると、可部線でも撮影年次によって少し差が見られるようです。
方向幕窓のHゴムですが、私が撮影した頃はグレー色してます。1977年頃は黒色してるので、この間の全検でゴム交換されて色が変わったのでしょう。

また、引退前の画像では、側面のサボ受けがシル下に移動しているようです。ヘッダー上にあるサボ受けが撤去されることは無かったようですが、ヘッダー上に取り付けられていたので、サボ受け自体が変形してサボの脱着がし辛い状況だったようです。だって、ヘッダーの幅よりサボ受けの幅の方が大きくて、変形して下さいといわんばかりの取付構造でした。


[PR]

by takurika54 | 2014-06-22 01:11 | 80年代 旧型国電 | Comments(0)