80年代 飯田線 クハ68 408

飯田線特集パート2第19弾です。

e0264203_21210412.jpg
(クハ68 408 1982年春 伊那松島機関区にて)

伊那松島機関区構内で撮影していると、クハ68 408が構内入換を始めました。引きが十分取れない位置でしたので、後方が切れちゃいました。

庫内で点検か何かするところだったのでしょうか?真ん中のドアが半開きのままです。
運転台側のステップに誘導掛の方がチラリと見えてますね。黄色いヘルメットをかぶって赤旗を持っています。

クハ68 408は、乗降扉間の窓が6枚あるので、元々セミクロスシートで製造された車です。
ホロ枠上には、ホロを引っ掛けるため(?)のフックが付いています。

誘導掛の方の向こう側には、黒い有蓋車が見えてます。ワムかワラでしょうね。伊那松島駅には貨物側線があり、貨物上屋に横付けされた貨車にさまざまな物資が積み込まれED62に牽引されて各地に出荷されてゆきました。


[PR]

by takurika54 | 2014-05-24 21:41 | 80年代 飯田線 | Comments(0)