80年代 飯田線 クハ68 420

飯田線特集パート2第7弾です。

e0264203_10381524.jpg
(クハ68 420 1982年春 天竜峡駅にて)

クモハ54 129とペアを組んでいたクハ68 420です。

運転席窓上のベンチは埋められて板で塞がれています。助士席側の窓枠は、天地の幅がやや太めです。
クハ55からの改造車なので、乗降扉間の窓は5枚です。元々ロングシートの車をセミクロスシートに改造しているので、シートピッチと窓位置が合ってません。

貫通扉には大型のサボ受けがあります。末期の飯田線では前面サボは使うことがありませんでした。
ホロ枠ベースの下部のコーナーには、クリーム1号と同じ色したベロのようなものが取り付いています。(ベロ?何て言えばいいのか?)

クハ68からクモハ54にかけて、検査掛(?)の方が足回りの点検をしています。

天竜峡から伊那松島へ、いよいよ旧国に乗って長旅が始まります。



[PR]

by takurika54 | 2014-02-22 11:30 | 80年代 飯田線 | Comments(0)