80年代 キハ20 77

加古川駅です。


e0264203_16072261.jpg
(キハ20 77 1980年早春頃 加古川駅にて)

バス窓の0番台で、朱色/クリームに塗り分けられた車です。当時の国鉄では、1978年(昭和53年)から全検時にタラコ色への塗り替えが行われていましたが、この車は1976年(昭和51年)2月に全検を受けているので、タラコ色への塗り替えを免れています。

前照灯こそブタ鼻2灯シールドビーム化されてますが、尾灯は内嵌め式ですしワイパーもオリジナルのままのようです。

まだ寒い時期だったのでしょうね、運転席側・助手席側ともに窓下のガラリはガムテープで目張りしてすきま風の侵入を防いでいます。貫通扉窓の上部のガラリもガムテープです。
加古川線系列のキハ20でツートンの車は、キハ20 25キハ20 87キハ20 88を撮影してますので、一緒にご覧になってみて下さい。

向こう側のホームには、貨物列車が停車中です。黒ワムはワム60000です。画像を拡大するとワム6784*と読めます。跨線橋下にいるご夫婦に隠れてしまって1ケタ目だけが見えません。茶ワムはワム80000です。屋根がグレーのタイプですね。


[PR]

by takurika54 | 2014-02-02 16:43 | 80年代 気動車 | Comments(0)