80年代 EF58 56

加古川駅です。

e0264203_11521381.jpg

(EF58 56 1980年春 加古川駅にて)

この日、加古川駅に下り立った時に丁度EF58が入線してきたので慌てて対面ホーム越しに撮ったものです。
なので、ホームの端っこに掛かってしまい、肝心の前面が写っていないダメダメ画像で恐縮です。

前面窓はHゴム化され、尾灯は外嵌め式に、乗務員扉は窓が大型化されたFRP製に換装され、いろいろと更新改造されていながら、パンタはオリジナルのPS14を載せています。
流石名門宮原区、飾り帯(ヒゲ)はピカピカに磨かれています。
EF58の記事をUPする時はいつも、こちらの方のHPを見ていろいろと確認しているのですが、どうも56号機は乗務員扉の左右にある昇降はしごの長さは、機関士側と助手側とで違うそうです。ちょっと見辛いですが、機関士側の方が短く改造されているとか。

これが大窓のままだったらどれだけ良かったことか!70号機より若い番号でHゴム化されたEF58を見るたびにいつもそう思ってました。(1~31号機の中には小窓機があることは後に知った)

加古川駅ではもう1枚EF58を撮ってますので、こちらもご覧になって下さいね。

次位ですが、パッと見はマニ36かと思いましたが、マニ35でしょうか?
茶色の丸屋根で、乗降扉と荷役扉の間に1000㎜幅の窓が1枚、荷役扉の向こうにも1000㎜幅の窓が残っているように見えます。
クリエイティブ・モア刊「荷物車・郵便車の世界」を見るとスハニ32改造のマニ35が該当しそうなのですが…。ベンチレータの配置から見てもマニ35かなぁと思ってます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-11-23 12:22 | 80年代 EF58 | Comments(0)