80年代 急行丹波 キハ58系その3(キロ28)

頂き物第6弾です。

e0264203_10454099.jpg

(急行丹波 キロ28 1979年か1980年 宝塚駅にて)

前回の第5弾では「急行 指定席」のサボをご覧頂きましたが、今回は「丹波 指定席」のサボをご覧頂きましょう。見ての通りグリーン車ですので、当然ながら指定席車です。

グリーン車の黄緑帯は、徐々に省略されるようになりましたので、省略前の貴重な姿です。クリームと赤のツートンの編成の中に、黄緑帯をまとった車両が1輌いて一般人を近寄せない風格がありました。
車内も、リクライニングシートに白いシートがかけられて、一般席との格差がありました。

昇降ドアは開いていて客扱い中ですが、デッキの内面はクリーム色ですね。第5弾でもご覧頂いたキハ28やキハ58のデッキ内面は黄緑色でしたので、一般車と差別化されていたのでしょうか?それとも、運転台側のデッキは、運転台の延長的な扱いで、運転台内面と同じ黄緑色になっていたのでしょうか?

貫通扉もすりガラスが採用され、隣りの車両から容易にキロの中が見えないようになっていたようです。この辺は、今の新幹線なんかにも継承されてますね。

車内の状況は覗い知れないのですが、恐らくグリーン車は空席だらけでガラガラだったのでしょうね。
関西では同じ列車で同じ時間に着くのに、高い金払ってグリーン車にわざわざ乗る価値を見出せないような風潮があって、京阪神の東海道筋の快速に連結されていたグリーン車も、昭和55年には廃止されてしましました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-06-23 11:18 | 80年代 気動車 | Comments(0)