80年代 EF58 156 と EF65 124の並び

明日から出張で、この土日にアップ出来ない可能性が高いので木曜日ながら先取りアップします。
加古川駅です。

e0264203_23531171.jpg

(EF58 156とEF65 124の並び 1980年春 加古川駅にて)

浜松区のEF58 156と岡山区のEF65 124が加古川駅で小停車して並んだ様子です。

加古川線のホームの先にあった北出口(東出口?)の通路から撮影してますが、手前のフェンスが邪魔したダメ画像で恐縮です。
EF58は荷物列車を牽引していたのは明白ですが、EF65は何を牽引していたかは不明です。多分貨物列車だと思うのですが、EF65は当時ありふれた車種でしたのでカメラを向ける機会は少なく、編成全体を撮影してませんでした。

EF58 156は、機械室の真ん中の固定窓が製造当初よりHゴム支持された最後期の車です。この頃の車両を見慣れた年代は、Hゴムは白(灰)が普通で、現在の黒色は何だか浮いた感じがして未だに違和感があります。

こうやって並んで見ると、旧型に区分されるEF58と新型のEF65では足回りの形状が全然違うことに驚かされます。

駅の向こうの背景には、地元企業の多木化学の看板が見えたり、旧社紋のジャスコの看板が見えてます。当時は未だ加古川そごう(現在のヤマトヤシキ)も無かったので、高い建物は無く空は広いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-05-31 00:17 | 80年代 EF58 | Comments(0)