80年代 クモヤ91 002 その2

丁度1年前にご紹介したクモヤ91 002の別画像です。

e0264203_122892.jpg

(クモヤ91 002 1981年春 大阪駅にて)

クモヤ91 002は、モハ72を両運転台に改造して交流区間でも制御車として使用出来るようにした車で、北陸本線に入線する交直流優等列車が多く居た向日町運転所に4輌全車所属してました。

1年前にご覧頂いた画像と逆サイドから撮影してますが、こちらも3段窓が残っており、プレス扉は4枚とも横桟入りで、非常に魅力的な姿を留めてました。他のクモヤ91は、乗降扉が埋められてたり、プレス扉にガラリが追設されてたりと、姿を崩している車がありましたが、002はタネ車の形状を比較的留めてたようです。

隣りにスカイブルーの103系各停が停車中ですが、グロベンの形状はちょっと違いますね。103系と比べると、一回り小振りで、上部は内側への折りが無いです。板厚も何だか薄そうです。タネ車のグロベンから何故このような形状のものに載せ替えたのでしょうね?

クモヤ91 002はJRに継承され、1999年に廃車となったようですが、戦後の混乱時期に誕生した車が平成の世まで生き残ったとは強運の持ち主だったのですね。
廃車されずに今でも残っていて、試運転や回送運用があったら、アッと言う間に情報が流れて、あちこちで人だかりが出来ていたでしょうね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-05-25 01:28 | 80年代 旧型国電 | Comments(0)