80年代 飯田線 クモエ21 009 その2

飯田線特集パート1第19弾です。車両のご紹介は今回が最後です。

e0264203_1145548.jpg

(クモエ21 009 1980年夏 伊那松島機関区にて)

第15弾で、オリジナルの運転台側をご覧頂きましたが、今回は増設した特徴ある運転台側をご覧頂きます。
と言っても、いろいろな方が撮影してHPやらブログやらでご紹介されてますので、今更感がありますが…。

撮影した頃は、増設した側の正面はぶどう2号一色塗りになってますが、かつては尾灯からサボ受けの周辺に黄色く三角形の警戒色が塗られてました。

線路側にも機材搬出入出来るよう、荷役扉が設けられているのが特徴です。扉は横スライドでは無くて、手前に開くようです。扉の左端3箇所に蝶番が付いてます。

左側に留置されている車にはクモハ54 125と見えてます。


飯田線特集パート1の残りは、伊那松島機関区の遠景と伊那松島駅構内のスナップをご覧頂く予定です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-03-31 11:38 | 80年代 飯田線 | Comments(0)