80年代 飯田線 クモハ61 003 その2

飯田線特集パート1第18弾です。

e0264203_18151556.jpg

(クモハ61 003 1980年夏 伊那松島機関区にて)

第4弾でお届けしたクモハ61 003をサイドから狙った画像です。

伊那松島機関区は非常に狭い区でして、なかなかキレイな形式写真を撮るのが難しく、仕方が無いので3編成が映り込むようにしてみました。

こちらから見ると、運転台側面窓下のベンチレータの形状が良く分かりますよね。伊那松島区に居たクモハ61の3両のうち、運転台側面窓下のベンチレータが残っていたのはこの003だけで、PS11パンタと相まって原形の面影を残した車でした。

外板はあちこち補修したと見えて、パッチ当て的に塗装の色合いが変わっている箇所があちこちにあります。
こうやって見ると、屋根はかなり茶系を帯びた色調です。この色調を模型で表現するのはとても難しそうです。

手前右側は、以前ご紹介したクハユニ56 002です。
左側は半流線型であることは分かりますが、記録が無いので車番は不明です。が、向きからして恐らくはクハ68と思われます。この車の特徴は、シルにリベットが無いことと、シルの真下につかみがあること。この条件でいろいろな方のHPやらで調べてみると、クハ68 408しか該当しないようです。果たして、アタリかなぁ??

飯田線特集パート1も、残り3枚となりました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-03-24 19:00 | 80年代 飯田線 | Comments(0)