80年代 オハ35 1040

約2ヶ月間、客車のご紹介から遠ざかってました。久々に大阪駅の旧型客車です。

e0264203_22514557.jpg

(オハ35 1040 1981年春 大阪駅にて)

この車は福知山区所属(福フチ)です。鋼板屋根絞妻の戦後生まれの車でTR34を履いています。
乗降扉は木製ですが、高窓タイプになっていて、側窓と高さ位置がズレていて余り格好の良くないスタイルです。洗面台窓はスジ入りのすりガラスが入っているようです。

鋼板屋根なので継目がありますが、手前3~4本まではそこそこ見えてますが、そこから先は屋根が汚れていて継目かなんなのかサッパリ見えませんね。

小さくて分かり辛いですが、サボは「福知山行」が刺さってます。
撮影した時点で、すでに車歴35年程度が経っていますが、多少のくたびれ感はあるものの、戦後間もない登場にしては外板ベコベコでも無く、割合キレイな姿を留めています。

35系はキノコ折妻キャンバス屋根のオハフ33 388をご紹介済みですので、よろしければこちらもご覧くださいね。

ホーム足元を見ると、既に点字ブロックや整列乗車の白〇が書かれており、駅舎や構内は新しく模様替えしても、乗車に関するルールは昔も今も余り変わりませんね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-03-16 23:38 | 80年代 客車 | Comments(0)