80年代 飯田線 クモハ51 029

飯田線特集パート1第9弾です。

e0264203_2016451.jpg

(クモハ51 029 1980年夏 伊那松島機関区にて)

あっさりと入構許可が出て機関区へ入らせてもらいましたが、その時に区内洗車線に居たクモハ51 029です。
ド正面からの撮影で、撮影記録も残していないので、車番が不明でしたが、いろいろな方のHPを見て1車1車確認したところクモハ51 029と判明した次第です。

車番特定のポイントは、次の通りです。
 ・運転席側のHゴムは窓桟位置(凹んだ)にある。大半の車はボディとツラいちにHゴム処理されてる
 ・列車番号表示幕が2ケタの幅狭タイプ
 ・貫通路上の妻面に何か埋めた蓋がある(ホロ掛けの撤去跡か?)
 ・運転席上にガラリが無い、ガラリ撤去して埋めた蓋も無い

やはり、旧型国電は個体差があって、丹念に調べてゆけば何がしかの手掛かりがあるものですね。車番特定作業は、追跡をしているようで中々楽しい作業でした。

洗車台は、アングルを組み合わせた非常に簡素な作りで、踏み板は足場木材のようなもので組んでいるようです。階段のステップは、コンクリートか石膏ボードのようなもので出来ているように見えます。排水が出るので、洗車台のところだけ線路の左右にコンクリートで傾斜がつけられてます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2013-01-20 20:42 | 80年代 飯田線 | Comments(0)