80年代 阪急940

阪急の西宮車庫です。

e0264203_9194756.jpg

(阪急940 1981年頃 阪急西宮車庫にて(許可を得て構内で撮影))

友達と二人で西宮車庫へ行き、事務所で見学を申し出て、許可を得て職員同伴のうえ構内見学させてもらった時の写真です。突然の訪問でしたが、中学生相手に職員の方から非常に丁寧な対応をして頂いて良い思い出が残ってます。(味をしめて、後日もう1回訪問してます)

阪急940は、当時甲陽線の中間車に起用され、850-940-800の3両編成に組み込まれてました。もう片割れの編成は851-941-801でした。

阪急940ですが、文献によると、元々は先頭車だったのが編成長大化に伴い完全中間車改造されたそうで、更には台車の振替も行っているようです。
屋根の固定はリベットで張られているようですね。車体はマルーンで塗られてますが、窓枠は木枠っぽく仕上げられ茶色です。
乗降扉横にはサボ受けが取り付けられてますね。かつては特急とか急行とかのサボが刺さっていたのでしょう。
連結面には、4枚板のアンチクライマーがついてます。ちょっと小さくて見辛いですが、向こう側に800の連結面が見えてますが、こちらのアンチクライマーは3枚板です。

左隣は850ですが、ウインドシルの幅が940より幅広です。800系と900系は混成で編成されることが多かったですが、ウインドシルの幅で遠くからも識別が容易でした。

こうして見ると、阪急の2扉車のまとまったスタイルと重厚感ある足廻りで、いつ見ても惚れ惚れします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
[PR]

by takurika54 | 2012-11-03 09:49 | 80年代 阪急電鉄 | Comments(0)